キッチン | お知らせサイン

気になる症状

お知らせサイン

解決方法

考えられる原因 解決方法
[温度センサー付きバーナー]
天ぷら油過熱防止機能
(天ぷら油が加熱によって発火する前に自動的にガスを止めます)
操作ボタンを消火状態にし、油の温度が適温になるまでそのままお待ちください。
※鍋や調理によっては途中で消火する場合があります。このようなとき、揚げ物以外の調理の場合は、強火力バーナーまたは小バーナーをお使いください。
焦げ付き消火機能部
(煮物等の調理中に鍋底が焦げ付き始めたら、自動的にガスを止めます)
操作ボタンを消火状態にします。再点火の時は更に焦げ付きやすくなりますので、様子を見ながら調理してください。
※鍋や調理によっては途中で消火する場合があります。このようなときは、強火力バーナーまたは小バーナーをお使いください。

気になる症状

お知らせサイン

解決方法

考えられる原因 解決方法
[グリル]
消し忘れタイマー作動
(万一の消し忘れのために、点火後、約22分程度すると自動的にガスを止めます)
[温度センサー付きバーナー]
操作ボタンを消化状態にします。連続して使うときは、一旦消火して、グリル水入れ皿に水を追加し、しばらく待ってから再点火してください。
消し忘れタイマー作動
(万一の消し忘れのために、点火後、約120分程度すると自動的にガスを止めます)
操作ボタンを消火状態にします。

気になる症状

お知らせサイン

解決方法

考えられる原因 解決方法
電池の消耗 温度センサー付きバーナーまたは、グリル使用時にお知らせサインが点灯したときは電池が消耗していますので、新しい乾電池(単1形1.5V2個)と交換してください。そのままにしておくとパチパチと放電しても温度センサー付きバーナーとグリルは使えなくなります。

解決方法
詳しくは、お使いの商品の取扱説明書をご確認ください。
また、上記で解決しない場合は点検・修理が必要です。
修理の申し込み修理の申し込み

ご注意

  • 修理や調整にあたっては手順を間違えないようご注意ください。また途中で修理や調整がむずかしくなったり無理が生じた場合には、すぐに作業を中断してお客さま相談センターにご連絡ください。
  • 修理や調整にともなう事故や破損につきましては、当社は一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
  • ここでご紹介しているメンテナンス方法は、代表的な機種であり、すべての商品あるいは機種を網羅しているわけではありません。詳しくは商品の取扱説明書をご覧いただくか、お客さま相談センターにご相談ください。