キッチン | 扉面材がはがれている

考えられる原因

水がついたまま、放置された

解決方法

解決方法
  1. 扉の基材であるパーチチクルボードが水をすってしまい、パーチクルボードが膨張し表面シートが剥がれた状態になる現象です。
    キッチンの扉は機種によって差がありますが、基本的に耐水性を持っています。ただし過度な水がかかる使用環境下では、小口部分から基材へ水が浸入し結果としてパーチクルボードを膨張させてしまいます。
  2. (参考情報)
    これは他社品についても同様で、カウンター部分については常に水に濡れてご使用されることを想定した設計となっていますが、キャビネット部分や扉部分に関しては基本的に家具と同じで、水に触れるのは、一時的なものと想定しており、水が付着した状態で長時間放置すると水を吸い材料自体に異常が発生してしまいます。
  3. 一旦水を吸って膨張した扉は、乾燥すればある程度まで平らな状態に戻りますが、表面シートまでは元の状態にもどりません。
  4. 元通りの状態を希望される場合は、扉自体の交換を行うことになります。
    (機種によっては同色のもののご用意ができない場合もございます。)
  5. ※扉や手がけ部分がぬれたり、飛散水が付いたらすぐに拭き取ってください。また、ぬれたタオルなどはかけないでください。
  6. 詳しくは、お使いの商品の取扱説明書をご確認ください。
    また、上記で解決しない場合は点検・修理が必要です。
    修理の申し込み修理の申し込み

ご注意

  • 修理や調整にあたっては手順を間違えないようご注意ください。また途中で修理や調整がむずかしくなったり無理が生じた場合には、すぐに作業を中断してお客さま相談センターにご連絡ください。
  • 修理や調整にともなう事故や破損につきましては、当社は一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
  • ここでご紹介しているメンテナンス方法は、代表的な機種であり、すべての商品あるいは機種を網羅しているわけではありません。詳しくは商品の取扱説明書をご覧いただくか、お客さま相談センターにご相談ください。