キッチン | ステンレスシンクに白い汚れがつく

解決方法

  1. ステンレスシンクの白い汚れやシミは、一般的に「水垢」や「金属石鹸」と呼ばれるものです。
    「水垢」とは、水道水に含まれるケイ酸が、湿潤と乾燥を繰り返すうちにシンクなどに次第に体積してできたものです。また「金属石鹸」とは、水に含まれているマグネシュウム、カルシウム、鉄等のミネラル成分が石鹸分(脂肪酸)と反応して表面に固着したものです。
    日々の汚れが知らず知らずのうちに積み重なってできる汚れで、目立つ状態になったときには、なかなか落ちない汚れになってしまっています。この固着物をそのままにしているとステンレスの表面を徐々に侵食し腐食(錆び)の原因となります。
    (キッチン・バス工業会HPより)
  2. 「水垢」や「金属石鹸」を防ぐには シンクの使用後、よく洗い乾いた布で水分を十分に拭き取ってください。
  3. 汚れやシミがついた場合、スポンジにクリームクレンザーをつけて、ステンレスの研磨目にそって軽くこすります。その後、水で洗剤をよく洗い流してください。
    濡れたままにしておくと、表面のくもりの原因になることがあります。最後に乾いた布などで水分を拭き取っておくと効果的です。
    メラミンスポンジをご使用いただくと、ステンレスをいためることなく、きれいに清掃できます。
  4. ※研磨すると表面には研磨面が残ります。
  5. 詳しくは、お使いの商品の取扱説明書をご確認ください。
    また、上記で解決しない場合は点検・修理が必要です。
    修理の申し込み修理の申し込み
解決方法

ご注意

  • 修理や調整にあたっては手順を間違えないようご注意ください。また途中で修理や調整がむずかしくなったり無理が生じた場合には、すぐに作業を中断してお客さま相談センターにご連絡ください。
  • 修理や調整にともなう事故や破損につきましては、当社は一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
  • ここでご紹介しているメンテナンス方法は、代表的な機種であり、すべての商品あるいは機種を網羅しているわけではありません。詳しくは商品の取扱説明書をご覧いただくか、お客さま相談センターにご相談ください。