04
イラスト

これからの
パブリックトイレを考える
パブリックトイレの
新しい提案
オルタナティブ・
トイレ

すべての人への配慮が
行き届いていない?!

例えば、大規模なオフィスでは、年齢、性別、人種、身体状況の異なる人たちが一緒に働き、 それぞれが働くスタイルを選ぶことができるようになってきています。さらに、執務スペースのフリーアドレス化なども進んでいます。
その中でトイレは、仕事中の休憩やリフレッシュのきっかけの場として、個人のウェルネススペースとして、誰もが使う重要な場所となります。
一方で、車椅子ユーザーが、トイレのためにみんなと違う場所まで移動しなければいけなかったり、子連れ出勤の人が子どもと安心して使えるトイレがなかったり、トランスジェンダーの人が使いたいトイレを使えず苦しい思いをしていたり、すべての人への配慮が行き届いていない現状もあります。

イラスト

まだまだ許容されにくい
「男女共用トイレ」

多様性の尊重の観点から、パブリックトイレにおいてもオールジェンダー利用に向けて“男女共用”にしていこうという動きもあります。しかし、オフィスワーカーに「男女共用トイレの利用意向」を尋ねたところ、全体では「使う」が約28%に対し、「使いたくない」が約66%を占める結果に。
また、男性の約44%が許容している一方、女性の約86%は「使いたくない」と回答しており、男女の間に大きな開きが見られました。ショッピングセンターや駅など不特定多数が利用する施設と違い、オフィスや学校は日常的に顔を合わせる人がいるため、特に抵抗を感じる人が多いと考えられます。

オフィスのトイレが男女共用になったらどう思う?

画像:調査データ出典:オフィストイレの意識調査, 2017(LIXIL)
  • 調査データ出典:オフィストイレの意識調査, 2017(LIXIL)

どんな「男女共用トイレ」なら利用する?

将来、公共施設などでも導入が検討されていく可能性がある「男女共用トイレ」。「どんなトイレなら利用するか」をオフィスワーカーの人たちに聞いてみました。

導線の工夫
入り口は同じでも中で分かれている(女性20代)
大便器と小便器が完全に隔離されている(男性50代)
個室の工夫
汚物入れについて工夫がある(女性30代)
洗面台も個室の中にあること(男性50代)
プライバシーの確保
男女のプライバシーが確保できる設計(女性20代)
パーソナルスペースが確保されている(男性40代)
そこで!LIXILからのご提案

自分に合った個室を選べる
「オルタナティブ・トイレ」

このような現状を包摂し、誰もが快適に使えるパブリックトイレの空間アイデアとして考えたのが「オルタナティブ・トイレ」です。オルタナティブ・トイレは、すべてを“男女共用”にするのではなく、状況に応じて“男女共用”と“男女別”、さらには、車椅子ユーザーなどにも配慮した個室を選択できるトイレ空間。性別だけでなく、障害のある人や子連れの人など、誰もが選択肢を持てるように計画されたパブリックトイレの新しい提案です。
  • オルタナティブ(=alternative)とは、「新しい選択肢」の意。
写真:デザインアーキテクト 永山祐子建築設計 x LIXIL
POINT 01
2つの個室群によるコーナー分け
中央の道に面した男女共用トイレに加え、左右の個室群の裏側に男女別トイレを配置することで選択性を高める。
POINT 02
それぞれの個室に機能を与える
必要に応じて選べるように、多機能トイレや着替え台などの機能を持った個室がある。多機能トイレを含め、男女共用トイレには手洗器を設置することで、用足しから手洗いまでを個室内で完結することができる。
POINT 03
コミュニケーションスペースの創出
ソファーを設け、トイレのイメージを変えるような空間に。手洗いはもちろん、トイレに来たついでに会話を楽しむ、個室が空くのを待つ、電話をする、リラックスするなど、トイレに行く行為に「+α」の機会を与えるコミュニケーションスペースを創出。
POINT 04
入室システムの導入
入退室をセンサーで管理し、画面で確認することで待合を減らし、人の動きを円滑にする。