イラスト
SDGsとトイレ
SDGs and toilets
イラスト

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)は、
2030年までの達成を目指す世界共通の目標です。
LIXILは、さまざまな取り組みを通じて
SDGsの達成に貢献します。

LIXILがSDGsに貢献できること

LIXILは、SDGsの達成にどのように貢献できるのか。LIXILのコーポレート・レスポンシビリティへの考え方と、3つの優先取り組み分野を通じたSDGsへの貢献についてご紹介します。

コーポレート・
レスポンシビリティ戦略

LIXIL Purpose(存在意義)を支えるコーポレート・レスポンシビリティ戦略は、世界的な社会課題のうち、緊急性が高く、LIXILの専門性を活かし、事業活動を通じて貢献できるものを3つの優先取り組み分野として定めています。倫理的な事業活動へのコミットメントがCR戦略の基盤となっています。

SDGsから考えるパブリックトイレ

パブリックトイレの課題は、「6.安全な水とトイレを世界中に」だけでなく、一見無関係と思われるSDGsともどこかでつながっています。
例えば世界では、安全で清潔なトイレがないことで、生存権が脅かされたり、学校に通えず教育の機会を奪われたりする人たちがいます。国内でも、トイレへのアクセスが保障されないことで外出をあきらめる人や、学校や職場で利用したいトイレが利用できず生きづらさを抱える人もいます。SDGsを達成することは、これらの課題を解決することにもつながります。

SDGsとトイレに関する
課題解決に向けた、LIXILの
取り組み例

LIXILは、パブリックトイレに関するさまざまな取り組みを通して、SDGsの達成に向けて貢献します。

グローバルな衛生課題の解決

SATOソーシャルビジネス

世界の衛生問題の解決に向けて決意を新たに
発展途上国向け簡易式トイレシステム「SATO」
 

平等な教育機会の確保

NEXT DOOR Project

途上国の女子児童の生理問題の
解決に向けたプロジェクト
※社員の自主的な取り組みです。

アクセシビリティの保障

モバイルトイレ

トヨタ自動車(株)との共同開発
外出の可能性を広げる移動型バリアフリートイレ

LIXIL PARK

公正な社会の実現へ、トイレから変えていく
誰もが利用可能なこれからのパブリックトイレ

多様性の尊重

オフィストイレのオールジェンダー
利用に関する研究会

性自認に関わらず、誰もが利用しやすい
オフィストイレのあり方を探究

オルタナティブ・トイレ

「自分にあった個室をお選びください」
をコンセプトにした、新しいトイレの提案

職場環境改善

withCUBE

清潔なトイレのレンタル・リースで
物流センター・工場にもっといいトイレを

災害への備え

レジリエンストイレ

たとえ災害が起こったとしても
無理なく安心して使える災害配慮トイレ