一社)カーテンウォール・防火開口部協会が取得している大臣認定防火設備(通則的 認定)の運用を2019年3月31日をもって終息する旨の通知が発行されました。

ビル防火戸サッシ  大臣認定番号一覧・認定書ダウンロードはこちら

商品ラインアップ

ビルフロントサッシ

商品名
フロンテックMLシリーズ FFG

カーテンウォール

大臣認定防火設備とは

防火設備の規程1

建築基準法 第2条 九の二 ロ

防火設備の規程2

防火設備の連窓

防火戸連結材のイメージ図

防火設備の連窓については、 左のような防火戸連結材を用いて、横(水平) 方向に接続することで、窓数に制限なく連窓 形状に対応できます。
※ 従来の方立は使用できません。
※ 法規的には、防火戸連結材は「壁」扱いとなります。

使用部位

防火設備どうしを接続する時だけでなく、非防火と防火設備を接続する場合も、防火戸連結材を使用しなくてはなりません。

個別認定とは

個別認定について

個別認定の注意点

■製品仕様範囲は認定を取得した仕様の範囲になるので各社異なります。
■認定範囲は通則的大臣認定に比べると限定されるケースがございます。
■ガラスやシーリング材といったサッシ工事外となる仕様についても、認定取得時の仕様に準拠する必要となります。

通則的認定と個別認定仕様の具体例

防火試験とは 〜試験方法と合否判定方法

窓を横方向に連続させる場合(連窓方式)について

防火戸の連結について

連窓方立の対応方法(個別認定仕様特有の運用)

令107条の運用による非耐力壁の考え方