浄水シャワーで髪とお肌にやさしさを
髪や美容のプロフェッショナルインタビューへ 髪や美容のプロフェッショナルインタビューへ

毎日浴びるシャワーだから、
水にこだわりたい。
LIXILの浄水シャワー水栓は
髪やお肌に”うるつや浄水”。

お肌に優しい浄水シャワー

髪やお肌にうれしい
脱塩素のやさしいシャワーです。

水道水に含まれる塩素が、タンパク質からなる髪やお肌にダメージを与えることがあります。髪は自己再生力がなく、一度傷ついたらそのままの状態が続くことになります。

塩素の髪へのダメージ

塩素を含んだ水道水を使い続けると、
キューティクルが崩れて髪のダメージの原因になります。

髪のキューティクルが正常な状態
髪のキューティクルが正常な状態
髪のキューティクルが変化した状態
髪のキューティクルが変化した状態

塩素の肌へのダメージ

バリア機能が正常な皮膚
バリア機能が正常な皮膚
バリア機能が低下した皮膚
バリア機能が低下した皮膚

参考:(一社)浄水器協会HP

日本アトピー協会推薦品
ボタンで切替

お掃除の際は、ボタンで切替
無駄な浄水使用を防ぎます。

リクシルの浄水シャワーは、浄水/水道水の切替ボタンを搭載。毎日の入浴・髪や身体を洗うときは浄水に、お風呂を掃除するときは水道水に切替えることで、カートリッジを無駄なく使え、節約できます。

浄水使用例 浄水使用例
浄水シャワー

お好きなシャワーヘッドで
浄水シャワーをご使用できます。

従来の浄水シャワーは、浄水カートリッジをシャワーヘッド部に内蔵していました。そのため、シャワーヘッドは重くなり、見た目も無骨、ミストシャワーなどの機能も搭載できず、お客さまのご要望にお応えすることが出来ませんでした。リクシルの浄水シャワーは、浄水カートリッジをスライドバー下部に格納。シャワーヘッドはお好きなものを選べるようになりました。

商品例 商品例

リクシルの浄水カートリッジは
交換がとっても簡単!
数分で交換することができます。

浄水カートリッジ交換の説明1「はずして」
はずして

ロック解除ボタンを押しながら、カートリッジケースを時計回りに回して外し、古い浄水カートリッジを取りだします。

浄水カートリッジ交換の説明2 「入れて」
入れて

新しい浄水カートリッジを差し込みます。

浄水カートリッジ交換の説明1「回して通水」
回して通水

カートリッジケースを挿しこみ反時計回りに回して取付ければ、完了!浄水を約1分間通水してからお使いください。

カートリッジ交換方法

カートリッジ交換方法動画

交換時期の目安

ご家族人数によって、交換時期の目安・年間使用本数が変わります。以下をご参考の上、最適な交換時期をご確認ください。

浄水カート
リッジ
ご家族人数 シャワー
ご使用時間
の目安※
交換時期の
目安
浄水カートリッジ
使用本数/年
JF-B10
タイプ
4人 32分/日 1.5ヵ月 8本
3人 24分/日 2ヵ月 6本
2人 16分/日 3ヵ月 4本
1人 8分/日 6ヵ月 2本

※1人1日8分使用として

交換時期をお知らせする
便利な携帯アプリ!

浄水カートリッジには、カレンダーなどでご活用できるような交換時期シールを同梱しておりますが、LIXILではご利用のお客様向けに、浄水カートリッジの交換時期を通知できる携帯アプリを準備しています。

交換時期をお知らせする便利な携帯アプリ! 交換時期をお知らせする便利な携帯アプリ!

アプリはApp Store、Google Play で「ウォーターフィルター」または「Water Filter」と検索してください。

SPECIAL INTERVIEW

髪や美容のプロフェッショナルも、水へのこだわりをお持ちです。

全国のリクシルのショールームで
実際にご覧いただけます。

リクシルのショールームは、買う予定がなくても、プランが未定でも、
お子さま連れでも見学可能です。
納得行くまで何度でも、自由に見学してください。

お近くのショールームを探す

リクシルの浴室用浄水シャワーが
搭載された
システムバスルームはこちら。

システムバスルーム システムバスルーム

もっとお風呂が好きになる。
人がお風呂に求める”心地いい”という瞬間のために進化したバスルーム, Arise。
きっとあなたのバスタイムも、単なる習慣から特別な時間へと変わっていきます。

Arise商品詳細

水をきわめる。X-Water

リクシルの浄水シャワーはX-Waterプロジェクトとして
毎日体に触れるナチュラルな水を高レベルの安心安全でつくっています。

飲む。浴びる。洗う。 飲む。浴びる。洗う。

飲む。浴びる。洗う。
水は毎日の暮らしに欠かせないもの。
だから、水のクオリティを高めれば、
生活のクオリティも高まるはず。
水を極める。水を究める。
X-Waterと名づけたプロジェクトで、
LIXILは付加価値の高い水を提供し、
水の可能性を追求してゆきます。

水がおいしければ、みんなおいしい 水がおいしければ、みんなおいしい