INAX

住宅外壁タイル スペシャルサイト

火色音 火色音 火色音 火色音 火色音

現代の住宅に、高級感と落ち着きを。自然の素材感が魅力の“火色音”。

土の質感を持つレンガ形状のタイルは、高級感と落ち着きを与えてくれる素材として、1980年代以降、学校や市庁舎、美術館、駅舎等の公共建築物などに多く使われてきました。 住宅の外観デザインに“ゆとり”や“豊かさ”を求めて、本物の質感を使いたいと考える方に、今再びこの“土もの”タイルが注目されています。 火色音は、土の温もりやナチュラルな素材感を大切にしながら、現代の住宅と響き合う新時代の“土もの”タイルです。

火色音 特長1 自然で温かみのある、土の素材感と色合い

火色音

[質感・表情]

土や砂を感じさせる質感は自然で温かみがあり、家の周りの植栽などとの相性も抜群。 街や緑に調和し、日本人の完成に寄り添う素材感です。
外壁だけでなく、内壁にも部分的に用いると、土の素材感や手触りがより身近に感じられ、くつろぎの空間を創り出すことができます。

[形状]

昔ながらのレンガ形状(二丁掛)をメインにしたシリーズです。
学校や美術館、駅舎などにも使われてきたレンガ形状は重厚で品格があり、住宅に高級感と落ち着きを与えてくれます。

[色]

いわゆるレンガ色に加えて、現代の住宅によく合う白や黒をラインアップ。
特に黒は3色用意しており、白などの塗材やサイディング・タイルと貼り合わせたときに、壁面のアクセントとして映えるよう、微妙な“色合い”を追求しています。

こだわりのカラーバリエーション

<二丁掛タイプ [ラフ面] >

  • FC-2RG/N1
  • FC-2RG/N2
  • FC-2RG/N3
  • FC-2RG/N4
  • FC-2RG/N5
  • FC-2RG/N6
  • FC-2RG/N7
フラットな面状やボーダー形状もラインアップしています

火色音 特長2 自由に組み合わせて、豊かな表情を創り出す

火色音

火色音は、お互いに相性の良いカラーバリエーションを持ち、また、同色で複数形状を持っているため、火色音の中だけでたくさんの“自然な組み合わせ”ができ、独自性のある豊かな表情を創り上げることができます。 ご自分のこだわりの住宅外観、外構を創りたい方におすすめのタイルです。


ミックス張り案の一例

  • 30ボーダーの色混合
    FC-30B/N4
    FC-30B/N5
    FC-30B/N6
  •  
    FC-30B/N2
    FC-30B/N3
    FC-30B/N7
  • 同色の形状混合
    FC-30B/N3
    FC-2/N3
    FC-2RG/N3
  •  
    FC-2/N4
    FC-2RG/N4

モニターや液晶画面によっては色合いが変わって見えるため、
ご採用を検討いただく際には、必ず現物サンプルで色合いをご確認ください。

火色音のこだわり

火色音のこだわり

火色音は、黒だけでも3色あります。現代の住宅に合う“色合い”を徹底的に追求し、「赤みがかった黒(N2)」「青みが勝った黒(N3)」「焼き物らしい色幅のある黒(N7)」を用意。 1色だけでも、3色を組み合わせても、モダンかつ温かみのある住宅の外観を創り出すことができます。
色の違いは是非サンプルでご確認ください。