お客さまの声ー私たちが理想に思うトイレ空間:宮城県 Mさま邸

お客さまの声

宮城県 Mさま邸

宮城県 Mさま邸

設計・施工:株式会社タカヤさま
仙台の南に位置する大河原町は、東北本線で仙台駅から半時間ほど、地の利も良い、緑豊かな町。なによりここは、日本のさくら名所百選の「一目千本桜」で名高い地として知られています。大正〜昭和初期に植えられた千本あまりの桜が、雪の蔵王連山を背景に白石川沿いに咲き誇る春は、まさに風光明媚。夢のような光景が広がります。

Mさまのお住まいは、その桜並木沿いに建つ邸宅。
リビングルームから穏やかな川の流れと桜が見渡せ、四季折々の風情を間近に感じられるお住まいです。
大都市・仙台のベッドタウンでありながら、自然豊かな町の、とりわけ魅力的な立地で暮らすMさまご夫妻に、居住空間への想い、家のリフォームの経緯を聞きました。

暮らしのコンセプトは、リビングに家族が集うこと

広々とした玄関ホールからリビングルームに入ると、まず目を奪われるのが、赤い色が印象的な外国製の薪ストーブのある一角でした(写真1)。薪ストーブは輻射熱でとても暖かく、冬には大活躍します。近隣には樹木も豊富で、伐採された桜の古木もあり、薪の入手に苦労しない環境の家庭には、最適な暖房でした。

リビングには家族5人で座れる大きなソファがあり、冬には燃える薪ストーブの前にみなが集い、ごろごろして寛ぐ、それが家族の絆となり、暮らしの喜びでもあるといいます(写真2)。
2階へ上がる階段もリビング内にあり、子供さんはみな居間を通って上階の自室へ。居間が家族の接点になっています。

暮らしのコンセプトは、リビングに家族が集うこと

ライフスタイルの変化に合わせてリフォームを

Mさまご夫妻が現在のお住まいに越されたのは、20年ほど前。建ってから4〜5年の、中古住宅といっても築浅の物件であったこの家に、近隣から引っ越されました。敷地も家屋もゆったりとし、設計も内装も個性的な造りの家に、そのまま改装することなくお住まいでした。赤い薪ストーブも、当初からこの家に設置されていたものでした。
やがて子供さんも大学生、高校生と大きくなり、家族のライフスタイルの変化に合わせ、リフォームを検討されるようになりました。

キッチンからリビングへの流れをスムーズに

リフォーム実施の直接のきっかけは、キッチンに元からあった食洗器が故障したことでした。古いため修理の見込みがなく、それを機にキッチン全体をフルリフォーム。L字カウンターを取り払い、キッチンとダイニング、リビングがスムーズにつながる動線を作りました。
「以前はカウンターが張り出していて、料理をキッチンからダイニングテーブルに運ぶのも大変でしたが、今はとても楽になりました」、と奥さま。

新設したキッチンユニットの壁面は、紺碧の海のようなニュアンスのある深い青。インパクトのあるこの青色の印象を和らげるために、キッチン壁面の収納棚には自然で優しいイメージのパイン材のユニットを選び、調和を図っています。このコーディネートは奥様によるもの(写真3)。
ご主人は、「インテリアに関しては、すべて妻と娘にまかせています」といいます。

キッチンをはじめ邸宅内の各所は、奥さまの手による美しい布で飾られています。ソーイングがご趣味の奥さまの専用の「物づくりの部屋」がリビングの隣にあり、家族がくつろぐ様子に接しながら、家を飾って楽しむ布類がここで創作されています(写真4)。

キッチンからリビングへの流れをスムーズに

入る度に感動するトイレ空間へ

入る度に感動するトイレ空間へ

キッチンのリフォームに際し、各地のショールームを巡っている時に出会ったのが、リクシルのフロート トイレでした。
「仙台のショールームでフロート トイレを見て、一目ぼれしました。デザインも良く、なにより床から浮いているという造形が斬新でした」とご主人。

即決したものの、フロート トイレの設置にあたり、もともとのトイレ空間が広い、という問題がありました。
そのため、背面側の壁両脇に化粧壁を増設し、横幅をフロート トイレの背面パネルのサイズに合わせて施工する、という方法で、「広さの問題」を解決しました。
顧客の要望に応えて可能な限り実現に努める、長いお付き合いのあったリフォーム業者さんのアドバイスと工夫によるものでした(写真5)。

入る度に感動するトイレ空間へ

また、化粧壁と背面パネルの面に段差をつけることで、フロート トイレのデザインの一環である、背面からの間接照明の光がきれいに広がる工夫もしています。

ご主人は、「この照明はとてもきれいですね。トイレの鉢内の青い照明も、どこか幻想的で、日常にいながら別次元へと想いを馳せられる心地がします」といいます(写真6)。

窓のある背面壁をラベンダー色のアクセントウォールにすることで、空間全体が引き締まり、端正な印象に。
手洗器のキャビネットは白のシンプルなものを選び、ミラーや一輪の花を引き立てています。

奥さまは、「リフォーム後はお掃除が本当に楽になりました。トイレが床から浮いているので、モップでさっと拭けば床全体がきれいになり、苦労しません。とても画期的ですね」といいます(写真7)。

床も照明も、トータルで好みの空間に

床も照明も、トータルで好みの空間に

フロート トイレのある空間をより魅力的にしているのは、ヘリンボーン柄の床と、天井に取り付けたマリンライトの柔らかな光。ここは家の中では唯一LED電球にせず、レトロな電球の明かりの色を楽しんでいます。

奥さまは、「キッチンの改装と同時期にリビングの床も張り替えました。その時、ヘリンボーンのフローリングにしたかったのですが、広い面積だと手間がかかるということで断念していました。面積の小さなトイレの床で実現して、嬉しいですね」。(写真8)

ご主人は、「トイレの扉を開ける瞬間、毎回、おおっ!と感動します」と、ご夫妻ともこのリフォームに深く満足なご様子でした。

リフォームがもたらす、暮らしへの愛着

この邸宅はどこも広々としていますが、特にバスルームは、桜並木が見渡せ、大きな窓からゆったりお花見ができるほど広大です(写真9)。隣接する洗面所も広く、次は、この広さを有効に使ってのバスルーム回りのリフォームを考えています。

ご主人は、「リフォームをすると、家が快適で使い心地がよくなるだけでなく、生活そのものに愛着が湧きますね。家族の暮らし方や嗜好を理解し、親身になってくれるリフォーム業者さんとの出会いも大切だと感じています」。年齢や生活の変化に合わせてカスタマイズできる、リフォームの価値を実感されていました。

お仕事で多忙なご主人ですが、趣味の釣りにも熱心で、山形県酒田の海まで行って、鱚(キス)を釣ってくることも。それを奥さまが上手にさばいて料理をします。新鮮な鱚は身が厚く、ふっくらしていて味が濃く、それはもう絶品だといいます。
リビングには、ご主人が知人からもらい受け、大きく育った宮城県の天然記念物「鉄魚」が泳ぐ水槽があり、目を楽しませています。
美麗な柱時計をはじめ、奥さまが好きなビートルズのレコード(写真10)、推しのサッカーチームのグッズ、カラフルなクッションなども飾られ、居間にはご家族それぞれの感性と、暮らしのゆとりが表現されていました。

約8qにわたって川沿いに続く、大河原町の桜並木。満開期には多くの人で賑わい、遊覧船も浮かびますが、普段はいたって落ち着いた、静かな場所。
花の季節が終われば、桜の大木に青葉が茂って緑陰をつくり、白石川が涼風を運びます。
その美しい風景と一体になった、愛するもので満たされている邸宅でした。

リフォームがもたらす、暮らしへの愛着

機能のお気に入りポイント

  • 足もとすっきりデザイン足もとすっきりデザイン
    足元すっきりデザインのフロート トイレならお掃除道具がパネルまで届くので床の掃除がラクラクです。
  • 鉢内除菌鉢内除菌
    プラズマクラスターイオンが水のかからない便座裏や便器内のすみずみまで行き渡り、浮遊カビ菌や付着菌を除菌します。また、においの元となる「におい原因菌」を除菌することでにおいの発生をおさえます。

Mさまが選ばれた商品をもっと詳しく