エルスターS:最新テクノロジー

TOSTEM
従来の樹脂窓を進化させ、断熱性能がさらに向上。

最新テクノロジーの3つのポイント

※縦すべり出し窓での比較。

※縦すべり出し窓での比較。

フレームをスリム化し ガラス面積最大化

窓の断熱性能を高めるためには、熱を通しやすいフレームを小さくし、熱を通しにくいガラス面を大きくする必要があります。エルスターSは、熱を通しやすいフレームの露出を抑え、ガラス面積を拡大。採光性・意匠性を高めながら、断熱性能向上を実現しています。

※縦すべり出し窓での比較。画像はイメージです。

※縦すべり出し窓での比較。画像はイメージです。

多層ホロー構造で断熱性を高め フレーム高性能化

フレームの見込を拡大し中空層を増やす多層ホロー構造で、熱の伝わりを抑制し断熱性能を向上。さらに、数多くの中空層を持つこの構造は、断熱性能を向上させるだけでなく、フレームの強度アップにもつながっています。

※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

高断熱を追求し ガラス高性能化

片側のガラスに特殊金属膜(Low-E)をコーティングし、最適に設計された厚さの中空層には熱伝導率が低いアルゴンガスを封入。高性能化したガラスと樹脂スペーサーにより優れた断熱性能・防露性能を発揮します。