浴室の「あたたかさ」を守る、保温性能

浴槽はもちろん、天井、壁、床と空間まるごとあたたかさを守ります。ぬくもりが続くバスルームだから、家族みんなが心地よい入浴を楽しめます。

天井・壁・床まるごと保温

浴室全体あたたか

浴室保温のイメージ図

光熱費のムダを省いてエコロジー

バスルームの天井・壁・床に保温材をプラス。断熱性能を高めることで光熱費を削減できます。

浴室内死亡事故と気温の関係図

冬場に増える浴室での事故は、温度差によるヒートショックが原因!

ヒートショックとは、暖かい部屋と寒い部屋との温度差で、血圧が乱高下、心筋梗塞や脳卒中を起こす危険のこと。交通事故死者数の約4倍※1の死因ともなっています。ヒートショックを防ぐには、リビングなど暖かい居室と浴室など寒い水まわりの温度差を緩やかにすることが大切です。

  • ※1:2017 年度ヒートショックに関連した入浴中急死に至った人数推計約19000 人と、2013 年度の交通事故による死亡者数約4400 人の比。 ※2:2017 年1 月25 日消費者庁ニュースリリース「冬季に多発する高齢者の入浴中の事故にご注意ください!」 ※3:厚生労働省「熱中症の死亡数−平成25 年までの動向−」 ※4:総括・分担研究報告、警察庁「平成25 年度の交通事故死亡者数について」

この機能が搭載された商品

サーモバスS

お湯が冷めにくく、最後のひとりまであたたかい

入浴イメージ

ダブル保温構造でお湯が冷めにくい

サーモバスSの構造イメージ図

浴槽とフタを“ダブル保温”して、湯温の低下を軽減。お風呂のお湯を長持ちさせる「サーモバスS」なら、入浴時間の異なるご家族でも快適に入浴できます。

浴槽内の温度変化図

【測定条件】

  • ●周辺環境:10℃±2℃
  • ●測定浴槽:サーモバスS(保温組フタ・浴槽保温材付)、在来浴槽※1(アライズ・スパージュ比較品:浴槽パンなし・浴槽保温材なし・巻フタ)、※2(リノビオ比較品:浴槽パンあり・浴槽保温材なし・巻フタ)
  • ●測定箇所:浴槽深さの約70%の湯量で、湯面から100mm、底面から100mmおよびその中間の3ヵ所の平均値。
  • ※1 湯温変化はJIS高断熱浴槽基準の設定条件で測定した試験値であり、保証値ではありません。
  • ※2 給湯器が追いだき配管の凍結を防ぐため浴槽のお湯を循環した場合は、表示値よりも湯温が低下します。

この機能が搭載された商品

施工事例