便器のお手入れ・お掃除方法

便器に関する、日常のお手入れ・お掃除方法を詳しくご紹介。

お手入れの前にご注意事項に目をお通しください。

毎日便器をいつも清潔にしておくには?

一般便器

用意するもの

  • ゴム手袋

    ゴム手袋

  • トイレブラシ / スポンジ

    トイレブラシ / スポンジ

  • トイレ用中性洗剤

    トイレ用中性洗剤

  • ぞうきん

    ぞうきん

お手入れ方法

1外側は、水ぶきします。

シャワートイレ・暖房便座の場合は、水ぶきの前に電源を切る、またはコンセントを抜きます。

2内側は、トイレ用中性洗剤をかけて、しばらく放置します。
3トイレブラシやスポンジで汚れをこすり落としてから、水で流します。

便座の下も、忘れずに水ぶきしましょう。

便器のお掃除がラクになる「プロガード加工」

今お使いの便器に、水アカ汚れを寄せつけない「プロガード加工」ができます。

  • ※アクアセラミックの追加加工はできません。
リフレッシュプロガード

洗面器や排水口まわりの水アカ汚れは、けっこう気になるもの。プロガードは、そんな水アカ汚れをつきにくくする、LIXILが開発した独自のクリーニング方法と加工です。

プロガード加工を依頼する

アクアセラミック、プロガード仕様の便器

用意するもの

  • おそうじクリーナー

  • トイレ用中性洗剤

    トイレ用中性洗剤

  • トイレおそうじブラシ /
    市販のやわらかいブラシ

お手入れ方法

1外側は、水ぶきします。

シャワートイレ・暖房便座の場合は、水ぶきの前に電源を切る、またはコンセントを抜きます。

2内側は、水を流しながら「トイレおそうじブラシ」または市販のやわらかいブラシでやさしくこすります。

洗剤をお使いになる場合は「おそうじクリーナー」「トイレ用中性洗剤」をご利用ください。

次の洗剤・道具は使用しないでください

  • 強いアルカリ性の洗剤または漂白剤
  • 研磨材入りの洗剤
  • フッ素系洗剤(フッ化水素、フッ化アンモニウムを含む)
  • 撥水作用などがある洗剤や表面コート剤※
  • 金属製や研磨材入りのブラシなど表面を傷つける掃除道具
  • ※成分が陶器表面を覆ってしまい、防汚効果が十分発揮できなくなります。使用してしまった場合は食器用中性洗剤やメラミンスポンジで除去することで効果を復元できます。
プロガードを長持ちさせるクリーナー

アクアセラミックにもご使用いただけます。

プロガードにおすすめ おそうじクリーナー

便器の表面を傷めないマイルドな洗剤。

製品詳細と購入

詰替用〔2本入り〕

便器の表面を傷めないマイルドな洗剤。環境に優しい詰替用。

製品詳細と購入

週1回便器のふちの裏側の汚れを落とすには?

用意するもの

  • ゴム手袋

  • 歯ブラシ

  • トイレ用中性洗剤

  • クリームクレンザー

お手入れ方法

1歯ブラシに、トイレ用中性洗剤またはクリームクレンザーを付けます。

アクアセラミック・プロガード仕様の便器には次の洗剤・道具は使用しないでください。

  • 強いアルカリ性の洗剤または漂白剤
  • 研磨材入りの洗剤
  • フッ素系洗剤(フッ化水素、フッ化アンモニウムを含む)
  • 撥水作用などがある洗剤や表面コート剤※
  • 金属製や研磨材入りのブラシなど表面を傷つける掃除道具
  • ※成分が陶器表面を覆ってしまい、防汚効果が十分発揮できなくなります。使用してしまった場合は食器用中性洗剤やメラミンスポンジで除去することで効果を復元できます。

2便器のふちの裏側(リム部分)に、歯ブラシを突っ込むようにしてこすります。

3汚れが落ちたら、こすりながら水を流し、すすぎます。

毎日便器外側・本体下部のお手入れ

用意するもの

  • トイレ用おそうじティッシュ

  • 綿棒

お手入れ方法

1トイレ用おそうじティッシュで上から下へ向けて全体をふきます。

2便器本体と床との間は綿棒でこすって汚れを取ります。仕上げにトイレ用おそうじティッシュでふきます。

便器と床との間は、尿だれによる汚れのたまりやすい場所。ニオイの原因になるためしっかりとお手入れしましょう。