浸水のときは

【災害発生直後】

各自治体から非難指示がある場合や、過去に近隣河川が決壊するなどの危険な地域、低地帯にお住まいの方は、早めに各自治体で指定された避難場所に逃げてください。(特に高齢者や子どものいる家庭は、早い段階から自主的に避難する様にします)
尚、避難時に確実に歩行できる水位はひざ下までを目安とし、それ以下の段階で避難することが必要です。また、避難時は長靴よりひも付き運動靴を選びましょう。

【床下・床上浸水しているときのご注意】

ご自宅が、床下・床上浸水、もしくは それに近い被害をうけられた場合は、下水側から排水(汚水)が逆流して噴き出てくることがあります。
この様な場合は、辺りの水がひくまでトイレや浴室の排水ができなくなることがあります。(下水道の水位が急上昇することで2階まで逆流することもあります。「ゴポゴポ」といった異音が排水溝から聞こえてきたら、逆流してきている可能性がありますので危険です)。
無理に排水しようとはせず、水がひくまではトイレ、浴室、キッチン、洗面のご使用は避けてください。(災害によって排水管が破損していることもあり得ますので、汚染被害が大きくなります)

【復旧時のご注意】

ご自宅周辺の水がひいたあとの復旧作業では、衛生管理が必要になることがあります。
基本は、泥汚れなどの洗浄と乾燥をさせてから、消毒します(消毒に関する詳しい情報は、各自治体のHPをご覧ください)。
尚、災害によって排水管が破損していることがありますので、排水される場合には漏水がないか少しずつお試しください(汚水が下の階に漏れると、大きな被害になります)。
排水管が壊れてしまったら、業者に修理をご依頼ください。

★ エアーハンマーについて
一旦断水すると給水管内に空気(エアー)がたまり、復帰後の水圧でこのエアーが圧縮された状態で器具へ供給される場合に、衝撃(エアーハンマー)が発生する場合があります。この衝撃により器具が破損することがあります。
給水管にエアー抜きバルブがある場合は、器具使用前にエアー抜きを行ってください。エアー抜きバルブがないような戸建の場合、トイレ使用前にキッチンや洗面所の水栓のバルブをゆっくり開けてエアー抜きを行ってください。

【電気製品についてのご注意】

水に濡れた後の継続使用は、表面の水を拭き取ったり乾燥したりしていても内部の部品が錆びていたり、漏電、発煙、発火の可能性があり危険ですので、ご使用はお控えください。

当社の電気製品(シャワートイレ、IHクッキングヒーター、食洗器、洗面化粧台のミラーキャビネット、等)が水没してしまった場合は、電気製品本体の交換もしくは修理をおすすめ致します。