台風の前にご注意いただきたいこと

<台風が来る前に>

天気予報などで大規模台風の進路予測が立てられている際は、早めに各自治体の避難場所に避難しましょう。台風への備えについては、日本気象協会のページでもご確認いただけます。
尚、台風の強風による停電には停電のページ、大雨による浸水には 浸水のページをご覧ください。

ご自宅の窓ガラスには、必ず鍵(クレセント)をかけておきます。クレセントをかけることで、気密性と剛性が上がり、風でのガタツキを抑えます。
強風により飛ばされてきたもので怪我や窓ガラスを割ってしまうことがありますので、台風がくる前には家の周りやベランダを片付け、風でとばされるものがない様にしておきます。
窓ガラスが破損・飛散することがありますので、シャッターや雨戸は閉めておきましょう。雨戸がない部屋の場合は、なるべく窓からは離れましょう。応急処置として部屋側からガラスに飛散防止フィルムや養生テープを貼ることも有効です。カーテンも閉めておきます。

<台風が過ぎた後に>

割れた窓ガラス・玄関や勝手口のガラスは非常に危険ですので、撤去作業をされる場合は必ず履物を履きます。尚、ガラスの入替えは、近所の工務店やガラス屋さんにご依頼ください。
強風によって大破・中破したカーポートやテラスは、崩れる危険がありますので、自分で修理せず、お買い求めになられたお店に修理を依頼してください。