MESSAGE2020年に向けた私たちの想い

2020年、東京にオリンピック・パラリンピックがやってきます。
LIXILは、東京2020ゴールドパートナーとして、
お互いを尊重しながら生き生きと暮らすことができる「ユニバーサル社会」の実現に貢献します。

2020年に向けて、いま日本では、年齢、性別、国籍、性的指向、障がいの有無などに関係なく、誰もが個性と能力を発揮し、お互いを尊重しながら生き生きと暮らすことができる「ユニバーサル社会」の実現を目指した取り組みが加速しています。
1964年以降、日本は大きく変わりました。トイレ、お風呂、キッチン、窓などの住宅設備だけでなく、オフィスや公共スペースも様変わりし、日本の生活は便利で快適なものになりました。
LIXILは人びとの暮らしに寄り添い、快適な住生活を実現する製品を提供するために、さまざまな視点からのアイデアを取り入れたユニバーサルデザインのものづくりを進めてきました。

一方、働き方の多様化、国際結婚や訪日外国人の増加、興味・関心の多様化が進み、皆が異なる価値観の中で個性を発揮する時代がやってきました。自分と状況が異なる他者への理解を深めることが必要になったのです。
LIXILは、コーポレート・レスポンシビリティ戦略の1つに「多様性の尊重」を掲げ、長年取り組んできた「モノのユニバーサルデザイン」だけでなく、様々なプログラムを通じ「心のユニバーサルデザイン」を推進しています。

東京2020大会のゴールドパートナーとして、未来に継承できるレガシーづくりにも積極的に関わり、“ひとりにいい、みんなにいい”ユニバーサル社会の実現に向けソフトとハードの両面から貢献し、暮らしの数だけ感動をお届けしていきます。

LIXIL JOC・JPC/東京2020ゴールドパートナー(住宅設備部材&水回り備品)

東京2020オリンピック・パラリンピック
競技大会
ゴールドパートナーについて

ニュースリリース

トップページへ戻る