スーパーウォール:全棟高気密住宅

スーパーウォール住宅は、全棟高気密住宅

スーパーウォールでは、高気密住宅の目安となるC値2.0を超える、C値1.0を基準とし、全棟において高気密住宅を目指しています。そして、住宅の構造体と開口部(サッシ・ドア)の工事が完了した段階で、一邸一邸、気密測定を実施し、性能値を確認。お客様にも性能報告書にてご確認いただいております。

スーパーウォール住宅は、全棟高気密住宅

見えない隙間、家の気密性が暮らし心地の差となって表れる

住まいには見えない隙間がさまざまな箇所に存在しています。隙間が多いと、いくら暖房や冷房を行っても漏れてしまい、快適な室内環境を保つことができません。したがって、暮らし心地を高めるためには、住まいの気密性は重要なポイントになります。気密性能はC値(相当隙間面積)として数値化されており、数値が小さいほど隙間が少なく、気密性にすぐれていることを示します。スーパーウォールの家では、C値1.0を基準とし、一邸一邸、気密測定を行い、性能報告書にてご確認いただいております。

気密性比較

気密性比較

実住宅の数値は、気密測定によって確認することができます。
記載の数値は、床面積を132m2として計算