スタイル手帖

クリエ

オフの時間を五感で楽しむ。そよ風が抜けるような空間づくり

オフの時間を五感で楽しむ。そよ風が抜けるような空間づくり
Atsuko
Atsuko
グラフィックデザイナー

個人デザイン事務所『kalon design』代表。大手雑貨メーカーでデザイナーとして活躍後、2016年に『kalon design』を設立。グラフィックデザイン業務の他、ウェディングペーパーアイテムや真鍮表札の受注販売を行う。ナチュラルで心地いいご自宅のインテリアやライフスタイルを紹介したinstagramも人気。

「kalon design」HP

素敵なインテリアで暮らすゲストに“私らしいスタイル”をコーディネートしてもらう「スタイル手帖」。今回のゲストは個人デザイン事務所『kalon design』代表のAtsukoさんです。

グラフィックデザイナーとして、ウェディングのペーパーアイテムや真鍮表札など幅広く手がけているAtsukoさん。

ナチュラルなのにスタイリッシュなデザインで注目されています。また、ほっこりと心地よい空気感のある自宅を紹介したinstagramも話題。がんばり過ぎないのに素敵な毎日を送る秘密を丁寧に紹介しています。

そんなAtsukoさんにはLIXILの選べる室内ドアから「ラシッサS」を中心としたコーディネートを考えていただきました。

\ 「スタイル手帖」とは? /
組み合わせて楽しめるLIXILの建材と人気家具店とのコラボレーションで彩る“私らしい”コーディネートレシピ集です。

※コーディネートはゲストのご自宅のインテリアではありません

 

そよ風を感じられるアイテム選び

選べるドアは「ラシッサSのクリエモカ。デザインは、通風タイプ。床材は「ラシッサDフロアのナチュラルクレイ調をセレクト。(全てLIXIL製品) 

Atsukoさんがコーディネートしてくれたお部屋のコンセプトは「そよ風が抜けるように軽やかで、安心感のある空間」。そこには、“家はくつろぐ場所”というAtsukoさんのこだわりがありました。

Atsukoさん:「今回は、仕事を頑張っているカップルを想定してコーディネートしました。仕事が忙しいからこそ、家ではゆったりとリラックスする。そんなオンとオフがしっかりセパレートしていて、家での時間や趣味の時間も楽しんでいる人が暮らしているイメージです」

コーディネートしていただいたお部屋はウッディーなアイテムが多く、そこにいるだけでとってもリラックスできる雰囲気。

Atsukoさん:「壁や床は明るめの色なので、ドアはポイントになるように濃い目の色を選びました。開閉式のルーバータイプで、まさにそよ風が抜ける設計。お部屋にいながら、心地よい空気の流れを楽しむことができます」

Atsukoさんが選んだ床はちょっと珍しい「ラシッサDフロアのナチュラルクレイ調。コテ塗りを表現したクレイ柄が印象的な床材です。

Atsukoさん:「全体のコーディネートはこの床から決めていきました。床は面積が広い分インテリアの良し悪しを左右します。『ナチュラルクレイ調』は都会的な印象ながら、柔らかい色合いなので優しい静けさを感じられる床材です。モノトーンだとクールな印象になりますが、グレーなのでナチュラルで落ち着いた空間に仕上がります」

“重&軽”をバランスよく取り入れて。リラックス空間の黄金比

多様なジャンルをミックスし、ギャップやユーモアのある空間を生み出す「CRASH GATE」の家具を中心に、人気のインテリアブランドの家具でコーディネートしました。

ヌガーソファ3P(nora.)はナチュラルなファブリック製のソファ。ゆったりとした座り心地が魅力です。

Atsukoさん:「ソファはリビングの中心になるので、安定感のあるデザインにしました。どっしりと重厚感があるので、疲れて帰ってきてそのままダイブしてもゆったりと包み込んでくれそう(笑)。おうちはホッとする場所。ソファでは思い切りゴロゴロして欲しいです。ネイビーカラーでシンプルなデザインなので、明るい色のクッションでアクセントを加えています」

奥行きのあるソファは大人が寝転んでも十分な広さ。このままのんびりとお昼寝できそうです。その脇に置いてあるのはガラスの天板が美しいサイドテーブル。

テーブルは「デジャブサイドテーブル」(CRASH GATE)をチョイス。ラタンを使いラグジュアリーさとナチュラルな雰囲気を併せ持つデジャブシリーズ。職人がひとつひとつ手で編む、贅沢な作りが特長です。

Atsukoさん:「ガラスの天板のサイドテーブルは、『光が反射したら綺麗だろうな』と一目惚れ。反射すると同時に光を通すので、空間に“抜け”が生まれます。テーマの『そよ風が抜けるように軽やかで、安心感のある空間』を意識してセレクトしました。また、床に座った時にはちょうどいい高さなんです。ソファだけでなく、床でゴロゴロしたい時にもぴったりですよ(笑)」

リゾートホテルにも似合いそうな「フィンテレビボード 1500」(CRASH GATE)。黒いアイアンの脚が空間を引き締めてくれます。

壁に沿って配置したのは「フィンテレビボード」。TVボードの扉にはラタンが施されていて、サイドテーブルの素材とリンクしています。

杉古材を再利用した「サンプランター」(CRASH GATE)。無機質なプランターをナチュラルにカバーしてくれます。

どっしりとした樹木のようなプランターカバーにグリーンを入れることで、ここにも安心感が生まれました。

Atsukoさん:「家具は重厚感と軽やかさのバランスを重視しました。ソファなどの大きな家具はしっかりとした作りのアイテムで安心感を出し、一方サイドテーブルやテレビボードはラタンを使用した爽やかな雰囲気のものを選ぶと“重&軽”がちょうど良いバランスになります」

生活感もインテリアになる。小物使いのテクニック

家具だけでなく、小さめの家具や小物使いが素敵なAtsukoさんのコーディネート。ドアのそばにあるベンチもかわいらしいです。

「エラベンチ」(nora.)はシンプルモダンなお部屋にも北欧風のお部屋にもマッチ。

Atsukoさん:「ここはソファ、床に続く3番目の“くつろぎスペース”です。このお部屋では“リラックスする場所を選ぶ”ことも楽しんで欲しいので、住む人がくつろげる場所を複数用意しました。お休みの日はここで読書を楽しんでもいいですし、平日は仕事用バッグを一時的に置いておくにもぴったりです」

そのベンチの上部は、アートフレームでデコレーション。お部屋が一気に華やぎます。

Atsukoさん:「飾るアートはイラストでも写真でもOK。お好みのテイストを選べば自然とインテリアに溶け込みます。フレームを飾るポイントは、違う場所でも額の高さを統一すること。目線の高さが同じになるのできれいにまとまります。また、大きな作品を一枚飾るとすっきりとした印象になりますよ」

そしてお部屋のなかでポイントになっているのがラダーハンガー。オークの無垢材で作られたシンプルなハンガーです。

「スークラダーハンガー」(NOWHERE LIKE HOME)は手軽に飾る収納を楽しめる名アイテム。

Atsukoさん:「ラダーハンガーは、帽子やストールなどをパッと掛けておくのに便利。あえて無造作に生活感を出すことで、気取らない雰囲気を演出できます」

きっちりと整然とした空間よりも、ちょっと生活感があると、なんだかホッとしますね。小物使いに、Atsukoさんのテクニックが光っています。

会話も弾む、安心感のあるダイニングスペース

「バウムダイニングテーブル」(nora.)。テーブルを囲む全員の顔が見えるのも円形テーブルのメリットです。

ダイニングスペースで目を惹くのが円形テーブル。

Atsukoさん:「このテーブルは円の中心から放射線状に脚が広がっているので、足元がすっきり。圧迫感がなく、そよ風が通り抜けていくようなデザインです。ピカピカしすぎない、ちょっと使い込んだような質感も気に入っています」

ダイニングチェアは、「クロスバックチェア」(CRASH GATE)。ヨーロッパのカフェなどで使われるヴィンテージチェアをモチーフにし、背もたれ部分にスチールを施した個性的なデザインが特長です。

Atsukoさん:「このチェアは、木製部分が細めに作られているだけでなく、背もたれ部分にスチールがクロスされていて、とても“抜け感”があります。座面はラタンで、サイドテーブルやテレビボードとリンクさせました。しかも座り心地もいいんですよ。シンプルなデザインながらもナチュラルな空気感があり、どんなインテリアでも相性が良さそうです」

個性的な要素が施された木製家具で、ほっこりと心地よいお部屋にコーディネートされています。

リラックスタイムを五感で楽しむインテリア

「そよ風が抜けるように軽やかで、安心感のある空間」をテーマにしたAtsukoさんのコーディネート。

視線に入るグリーンが心を落ち着かせ、そよ風が木々を揺らす音を奏で、肌をふわっとくすぐり、花々の香りを運んでくる。Atsukoさんのインテリアには五感で楽しむ工夫がたくさんありました。

インテリアにも“抜け感”を意識すると、リラックスできる心地よい空間づくりができます。Atsukoさんのコーディネートテクニック、ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

・Photo by:山田健司
・Writing by:小野喜子

この記事に
登場する製品は
こちら

製品は
こちら

ブランク お部屋事例集 スタイル手帖 あの人の暮らし バッグ トピックス ランプシェード ランプシェード カート コラム カート 矢印 > 矢印 > 矢印上 下矢印 × プラス facebook facebook WEAR_ロゴ