INAX

住宅外壁タイル スペシャルサイト

キズや強い日差しにも強く、キレイがつづく素材。

汚れにくい 色あせしにくい キズがつきにくい

タイル外壁なら、永く、
住まいを守り続ける。

焼きものの持つ"強さ"と、美しさを損なわない"汚れにくさ"が特長のタイル外壁。住宅外壁の仕上げ用素材として頼もしい強さを持った"タイル外壁"が、紫外線や凍結などの厳しい自然環境から住まいを守ります。
また、その強さから、メンテナンスが軽減できるのも魅力です。

【汚れにくい 】 ナノレベルの親水性で、
キレイがつづく

せっかくこだわって選ぶ外壁だから、いつまでもキレイがつづいてほしいもの。
INAXの外壁タイルには、空気中の水分や雨水など、自然の力を上手に使って、きれいな外壁を持続させる防汚技術があります。

親水性による汚れにくさの
メカニズム

空気中の水分子を吸着することで、常にタイル表面に水膜が形成されたような状態となり親水性能を発揮します。
水膜による親水性能で汚れを付きにくくし、また雨水によって汚れを流れ落ちやすくすることで、汚れにくさを保ちます。

親水性による汚れにくさのメカニズム

雨にあたるところであれば、
季節・昼夜を問わず、
親水性を発揮します。

季節を問わず効果を発揮!

季節を問わず効果を発揮!

日陰面や夜間でも効果を発揮!

日陰面や夜間でも効果を発揮!

汚れにくさを示す独自の基準
「ナノ親水」

「ナノ親水」は、当社独自の防汚性能測定検査による汚れにくさを示す基準です。擬似汚れ物質を外壁材にふりかけた後散水し、その前後で汚れの付着が目立ちにくいかを確認。そこで汚れにくいと判断されたものを「ナノ親水」のタイルとしています。
様々な原料と釉薬の組み合わせで機能が発揮できるよう、INAX独自のノウハウを蓄積し、「ナノ親水」のタイル商品のバリエーションを増やしています。

汚れにくさを示す独自の基準「ナノ親水」
汚れにくさを示す独自の基準「ナノ親水」

【汚れにくい 】
長く住むとわかるライフサイクルコストの違い

「ナノ親水」タイルの注意事項

※親水性のあるタイルでも、汚れの種類を問わず、多量に供給される部位・環境下では汚れを生じる場合があります。
詳しくは、WEBカタログをご確認ください。