TOSTEM MAGAZINE

menu
KNOWLEDGEKNOWLEDGE

KNOWLEDGE寒い家は万病のもと!
健康的な室内温度とは?

毎年冬になると、どうも体調を崩しがち…。その原因は、家の寒さもかもしれません。最近の研究によると、住まいの断熱性を高めると、健康改善にも効果があるということが明らかになっています。今回は、家族の健康的な暮らしを支える「断熱」の健康効果についてご紹介します。

「暖かい家」への住み替えで健康が改善

こちらは転居前と転居後で、健康状態がどのように変化したかについての調査データです。断熱性の高い家に住み替えた人の方が「健康を害するさまざまな症状が出なくなった」という割合が多いことがわかりました。

「暖かい家」への住み替えで健康が改善「暖かい家」への住み替えで健康が改善

健康改善のためには「家の断熱」が最も効果的

さらに、飲酒・運動・喫煙・断熱の4つの要因で、どれが健康改善への貢献度が高いのかを調査したところでは、どの症状においても、「断熱」が最も健康改善に貢献するという結果となりました。

健康改善のためには「家の断熱」が最も効果的健康改善のためには「家の断熱」が最も効果的

冬は「室温18℃以上」を目安に

イギリスの住宅に関する指針によると、「18℃未満」は健康リスクが高まるとされています。家族の健康を守るためには、温度計をチェックしながら「室温18 ℃以上」を目安に、上手に暖房器具を活用して室内を暖かく保つようにしましょう。

冬は「室温18℃以上」を目安に冬は「室温18℃以上」を目安に

暖房しても部屋が寒いなら「窓」をチェック

エアコンの設定温度は「18℃以上」になっているのに、温度計の室内温度がそれより下回っている場合、家の断熱性に問題があるかもしれません。とくに「窓」からは暖かい空気が逃げていってしまうため、断熱性を高めることが大切。厚手のカーテンや窓に断熱シートを貼るのも一つの方法ですが、それでも寒さが解消されない場合は、内窓の設置や高断熱窓への交換を検討してみてください。

暖房しても部屋が寒いなら「窓」をチェック