TOSTEM MAGAZINE

menu
knowledgeknowledge

KNOWLEDGE夏のおうち時間は要注意!
「室内熱中症」を防ぐ5つの習慣

熱中症というと、屋外で発症するイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、実は、その約4割は住居で発生しています。夏のおうち時間が増えるほど「室内熱中症」のリスクも高まってしまう…。今回は「室内熱中症」への対策をご紹介しますので、在宅ワーク時や家族がお部屋で過ごす際にぜひ参考にしてください。

1室温28℃以下をキープ

エアコンの設定温度が28℃でも、実際の室温が設定通りにならない場合があります。こまめに温度計を確認して、エアコンの設定温度を上手に調整していく習慣を。

室温28℃–以下をキープ

2湿度は40〜60%を目安に

室温28℃であっても、湿度が71%以上になると熱中症の厳重警戒レベルに。湿度計もチェックして、湿度は40〜60%を目安に調整するようにしましょう。

湿度は40〜60%を目安に

3日差しは窓の外側で遮る

カーテンで日差しをカットしても室内まで熱が入ってきてしまうため、外付日よけなどを使って「窓の外側」でカットするのがポイントです。

日差しは窓の外側で遮る

4部屋の空気を循環させる

冷房時に扇風機やサーキュレーターを併用すれば、効率的に部屋を涼しくすることができます。エアコンの直風が苦手な方は、隣の部屋からエアコンの風を送る方法もあります。

部屋の空気を循環させる

5水分をこまめに補給

室内にいると、のどの渇きを感じにくいことがあります。のどが乾いていなくても、こまめに水分をとるようにしましょう。汗をかいたときは、適度な塩分補給もお忘れなく!

水分をこまめ補給

室内熱中症は、体温調節機能が十分に発達していない小さな子どもや、温度に対する感覚が弱くなる高齢の方がかかりやすいため、とくに注意が必要です。同居中のご家族はもちろん、離れて暮らすご両親など、周囲の人にも室内熱中症にならないための対策を伝えてあげてください。