TOSTEM MAGAZINE

menu
KNOWLEDGEKNOWLEDGE

KNOWLEDGE窓割れ防止!台風前に
やっておくべき2つのこと

もはや異常気象が“異常”でなくなりつつある昨今は、想定外の自然災害の脅威に備えることが必要不可欠なのかもしれません。いざ強大な台風がやってきたときに慌てないためには、あらかじめ対策を立てておくことが大切。備えあれば憂いなし!です。

台風時は、「窓」がウイークポイント

台風対策として、注目してほしいポイントが「窓」。最近の窓ガラスは強度が上がっているので、風そのもの(風圧)で割れる心配はほとんどありません。実は、ガラスが割れる原因の多くは、強風で飛ばされた飛来物の衝突によるもの。屋根瓦や植木鉢はもちろん、傘や小石のような軽量のものでも、強風で飛ばされると、窓ガラスを割ってしまうことがあるのです。

台風時は、「窓」がウイークポイント

窓ガラスが割れると室内が危険な状態に

ガラスが割れて室内に破片が飛び散ると、ケガの原因や避難の妨げになって大変危険。さらに、割れた窓から入り込んだ風で、室内がめちゃくちゃになり、ひどい時は、天井や壁を突き破ることもあるのです。このような事態を回避するためには、まず窓が割れないようにしっかり対策すること。それがポイントとなります。

窓ガラスが割れると室内が危険な状態に

台風前の窓対策

1

外にあるものを室内へ

台風が来る前にまずやるべきは、窓ガラスを割る原因を取り除くこと。植木鉢やゴミ箱、サンダル、ガーデングッズや自転車など強風で飛ばされそうなものは家の中へ。ベランダの物干しは外して下に置いておきましょう。ぞうきんやタオルなども雨で濡れるとガラスを割る凶器に変わることもあるので油断は禁物です。庭木やプロパンガスなどの室内に持ち込むのが難しいものはロープなどでしっかり固定しておくと安心です。

外にあるものを室内へ外にあるものを室内へ

2

窓の強化で飛来物に備える

自宅の外のものを片付けても、飛来物はどこから飛んで来るかわかりません。まず、シャッターや雨戸については必ず閉めるようにしてください。シャッター・雨戸がない窓は、カーテンを閉めたり、飛散防止フィルムや段ボールを貼るなどして、割れたガラスが飛び散るのを防ぐようにしましょう。最近は、割れても飛散しにくいガラス(防犯合わせ複層ガラス)や後付けできるシャッターや雨戸もあるので、住まいの安心・安全を高めたい方はぜひご検討ください。

窓の強化で飛来物に備える
  • シャッターや雨戸は必ず閉める
  • シャッターや雨戸がない窓はカーテンを閉めたり、飛散防止フィルムや段ボールを貼る