Q&A

次世代住宅ポイント制度について、よくある質問をまとめました。

ポイントの申請について

Qポイント申請は、だれが行うのですか?
A原則、対象住宅の所有者が申請をすることとなっていますが、建築請負事業者や分譲事業者が代理で行うことも可能です。
Qポイントを申請する時期はいつのタイミングですか?
Aポイント発行の申請は工事完了後に行います。ただし、「注文住宅の新築」、「新築分譲住宅の購入」および「1千万円以上(税込)のリフォーム工事」については工事完了前であっても、申請に必要な書類が整えばポイント発行申請は可能です。
Q期間中、何回もリフォームを行って、複数回申請することは可能ですか?
Aリフォーム工事については複数回の申請は可能です。ただし、対象建物についての累計ポイントが上限ポイントに達するまでとなります。
Qポイント交換申請は複数回に分けて申請できますか?
A申請期間内であれば可能です。
Q夫婦がそれぞれ半分ずつ所有する住宅の場合、ポイントはどちらが申請できるのですか?
Aお二人とも常時居住されるのであれば、どちらでも申請は可能です。(どちらかお一人に決めていただく必要があります。)

他の制度との併用について

Q住宅ローン減税と併用はできますか?
A併用できます。住宅ローン減税、すまい給付金(所得制限あり)、住宅取得に伴う贈与税非課税枠は併用可能です。ただし、住宅ローン減税とその他3つの制度を併用する場合は、交付額や受贈額を住宅の取得価額等から差し引く必要がある場合があります。

回答が見つからなかった場合にはこちらもご確認ください。

国土交通省「制度概要」新しいウィンドウで開く

LIXIL次世代住宅ポイント制度専用コールセンター

次世代住宅ポイント制度及び対象製品に関する問い合わせ窓口です。

フリーダイアル0120-688-528

受付時間
平日・土日・祝日 9:00〜17:00(夏季休業日・年末年始を除く)

次世代住宅ポイント制度の最新情報は下記にてご確認ください