浴室のお手入れ・お掃除のコツ

浴室に関する、汚れの種類とお手入れ方法をご紹介します。

お手入れの前にご注意事項に目をお通しください。

汚れの種類により適した洗剤や道具が異なります。
放っておくと取れなくなる汚れもあるのでご注意ください。

もらいさび

汚れの特徴

赤茶色の汚れで、ザラザラした汚れです。

汚れの原因

ヘアピン、カミソリ等鉄製品や水道水に含まれる微量の鉄粉、外部から入った鉄粉等のサビが付いた汚れです。

お手入れ方法

浴室用クリームクレンザーで表面にキズをつけないように、やさしくこすり落とします。(注1)

銅石けん

汚れの特徴

青緑色の汚れで、青緑色の粘りのある汚れです。

汚れの原因

銅管から溶出した銅イオンと石けん成分や皮脂がむすびついてできた、とけない汚れです。

お手入れ方法

浴室用中性洗剤をかけ、2〜3分おいてスポンジでこすり、洗剤を洗い流します。

【ポイント】

浴室用中性洗剤で落ちなかった汚れに、浴室用クリームクレンザーを使います。(注1)

  • ※キレイ鏡を除く

水アカ・湯アカ

汚れの特徴

白色、褐色の汚れで、表面が白っぽく、ざらついている汚れです。

汚れの原因

「水アカ」は、水道水に含まれるケイ酸がたまった汚れです。

  • ※水に溶けないため、放っておくとガンコな汚れになります。 「湯アカ」は皮脂、石けんカス、ホコリ等が結びついた汚れです。

お手入れ方法

浴室用中性洗剤をかけ、2〜3分おいてスポンジでこすり、洗剤を洗い流します。

【ポイント】

浴室用中性洗剤で落ちなかった汚れに、浴室用クリームクレンザーを使います。(注1)

  • ※キレイ鏡を除く

金属石けん(カルシウム石けん、マグネシウム石けん等)

汚れの特徴

白色、灰色の汚れで、ざらついた汚れや、固い汚れです。

汚れの原因

水道水に含まれるカルシウムやマグネシウム等の金属イオンと石けん成分や皮脂が結びついてできた溶けない汚れです。(注2)

お手入れ方法

浴室用中性洗剤をかけ、2〜3分おいてスポンジでこすり、洗剤を洗い流します。

【ポイント】

浴室用中性洗剤で落ちなかった汚れに、浴室用クリームクレンザーを使います。(注1)

  • ※キレイ鏡を除く

カビ

汚れの特徴

黒、紫、ピンク色の汚れで、条件がそろえば浴室のあらゆる場所に生える黒や紫、ピンクの汚れです。

汚れの原因

「温度」(20〜30℃)、「湿度」(70%以上)、「養分」(石けんやかすや皮脂、ホコリ等)がそろうとふえやすくなる 微生物の一種です。

お手入れ方法

カビ取り剤をかけ、しばらくしてから水でよく洗い流します。(注3)

  • ※キレイ鏡にカビ取り剤が付かないように注意し、付いてしまった場合はすぐに洗い流します。

ピンクヌメリ

汚れの特徴

ピンク色のヌメリ汚れです。

汚れの原因

皮脂等を養分にして酵母がふえてできた汚れです。

  • ※放っておくと色素が沈着して取れなくなります。

お手入れ方法

浴室用中性洗剤をかけ、2〜3分おいてスポンジでこすり、洗剤を洗い流します。

【ポイント】

浴室用中性洗剤で落ちなかった汚れは、カビ取り剤を使います。

  • ※キレイ鏡を除く(注3)

ヌメリ

汚れの特徴

排水溝口周辺にできるヌルヌルした汚れです。

汚れの原因

水がたまっている排水口等に細菌がつき、汚れを栄養にふえるときヌメリと匂いが発生します。

お手入れ方法

浴室用中性洗剤をかけ、2〜3分おいてスポンジでこすり、洗剤を洗い流します。

【ポイント】

浴室用中性洗剤で落ちなかった汚れは、カビ取り剤を使います。

  • ※キレイ鏡を除く(注3)

注意する点

(注1)浴室用クリームクレンザーを使う場合は、表面にキズを付けたり、こすりすぎてツヤがなくならないようにご注意ください。

【ポイント】

浴室用クリームクレンザーを使う時は強くこすらず、汚れ部分を4〜5回磨いては水をかけます。これを繰り返して少しずつ汚れ を落とします。

  • ※キレイ鏡の場合は、クリームクレンザーは使わないでください。

(注2)銅イオンは新築当初等、銅管が新しい時に溶け出しやすく、通常は数ヶ月程度でおさまります。(水質によっては長引くこともあります。)

(注3)カビ取り剤をかけて放置したり、洗剤が残ると、変色や変質、サビ、ゴムの劣化の原因となります。

【ポイント】

カビ取り剤はお掃除後、浴室が乾燥している状態で使うと効果的です。