玄関ドア | 自然に網入りガラスにヒビが入った

考えられる原因

ガラスの熱割れ現象

解決方法

ガラスの熱割れの場合、そのままにしていてもヒビが成長するだけですので、交換での対応になります。(免責事項・保証対象外)
お買い求めの工務店様にご依頼をお願いいたします。


【熱割れ現象について】
窓にはめ込まれたガラスが太陽光があたることにより、その熱でわれることがあります。これを「熱割れ」と呼んでいます。窓ガラスに直射光を受けると、照射された部分は吸熱のため高温となり膨張します。一方、周辺のサッシにのみ込まれた部分や、影の部分はあまり温度上昇せず、低温のままとなります。この低温部は高温部の熱膨張を拘束し、結果としてガラス周辺部に引張応力が発生します。この熱応力は被照射部周辺部との温度差、すなわち板内温度差に比例し、ガラスのエッジ強度をこえる引張応力が発生すると熱割れとなります。
この現象はガラスの特性として不可抗力的に発生します。
この現象はガラス種を問わず発生はしますが、網入りガラスのエッジ強度が通常ガラスに比べ1/2になりますので、網入りガラスに多く発生します。

解決方法

[防止策]
・室内側に熱だまりができガラスが高温となるような部位をつくらないでください。
・冷暖房の吹き出し空気や熱を直接ガラスに当てたり、強い照明をあてないでください。
・ガラス面に紙やフィルムを貼ったり、ペンキをぬったりしないでください。その部分の日射吸収率が極端に大きくなります。
・室内側にカーテンやブラインド、その他の遮蔽物を密着させないでください。
・網入りガラスは、金属網がガラスに封入されているため、許容応力が一般のガラスの半分程度になるため熱割れがより起こりやすくなります。交換されるガラスは、防火制限等がない場合は、合わせガラス等(飛散防止が目的の場合)のものに交換することをお勧めします。

解決方法

ご注意

  • 修理や調整にあたっては手順を間違えないようご注意ください。また途中で修理や調整がむずかしくなったり無理が生じた場合には、すぐに作業を中断してお客さま相談センターにご連絡ください。
  • 修理や調整にともなう事故や破損につきましては、当社は一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
  • ここでご紹介しているメンテナンス方法は、代表的な機種であり、すべての商品あるいは機種を網羅しているわけではありません。詳しくは商品の取扱説明書をご覧いただくか、お客さま相談センターにご相談ください。