“日本の窓を、変える。”LIXILの窓

レガリス
高性能樹脂窓 エルスターX
高性能ハイブリッド窓 サーモスX
高性能樹脂窓 エルスターS
施工事例 | 建築会社様の声

建築会社様のこだわりの施工事例をご紹介。
様々な地域でエルスターX、サーモスXが採用されています。

東京の「高性能な家」で、居心地の良い暮らしを追求 開放感と断熱性を両立した内外一体空間 高性能窓×自然素材で健やかな暮らしを実現
「札幌トップランナー」レベルの超高断熱住宅 気候も暮らしも考え抜いた地域密着の家づくり ひたむきに日本一の家づくりを目指して
高性能ハイブリッド窓の併用でさらなる進化を遂げる《箱の家》
低炭素社会の実現のために。
エネルギーのムダ使いを減らし、低炭素社会を実現するための取り組みが、いま世界的に求められています。日本では、住宅の断熱性能の底上げを目指して、昨年「省エネルギー基準」が大幅改正されたほか、来年にはエネルギー消費の効率化を目的とした「トップランナー制度」に「窓(サッシ・ガラス)」が追加されるなど、施策の強化が相次いで行われました。この改正基準は、2020年までにすべての新築住宅に義務化が予定されているだけでなく、この基準より高レベルの省エネルギー性能を目標とした「低炭素建築物等の認定基準」や「ネット・ゼロ・エネルギーハウス」などの基準が次々に制定。窓をはじめとした住宅の断熱性アップによる、いち早い対応が重要とされています。
<住宅の省エネルギー基準の改正>
日本の気候・風土にあわせて 進化した多彩な「窓」。
日本家屋の窓は、欧米諸国と比べて種類が多彩なことが特長です。それは、日本が北から南まで2,000kmもの長い形をしていることや、四季の変化が明瞭であること、そして、古くから農耕が発達し、「自然と共生」してきたことが大きく影響しています。その昔、日本では柱と柱の間の戸を「間戸(まど)」と呼んでいました。そして、夏は高温多湿、冬は寒さの厳しい気候の中で、風や光を上手に採り入れ、外側の自然と、内側の暮らしが心地よくつながるために、大きな開口の窓や、掃出し窓、引戸などの多彩な窓が住まいに用いられてきたのです。
<日本の窓構造別比率>
すべてのグレードで 最高性能を目指すLIXIL。

窓フレームのスリム化により、ガラス面積を最大化し、断熱性とデザイン性を向上。
「サーモスU」で培った、この新技術を、すべての窓へ展開していきます。

LIXIL では日本の多様な環境に対応できるよう、窓のラインアップを幅広く拡充してきました。2010 年に、スタンダードグレードの断熱性能を格段に向上させた「サーモス」シリーズを発売し、日本のスタンダードな窓の高性能化を促進。この「サーモス」を進化させ、2014年度冬に2つの高性能窓を発売しました。この次世代の高性能樹脂窓と高性能ハイブリッド窓は、2030年までに国が目指す「ネット・ゼロ・エネルギーハウス」を見据え、北海道などの寒冷地でも充分に使用できる高性能グレードの窓を増やすことで、日本の住宅の断熱化に大きく貢献できると考えています。
LIXILは窓のリーディングカンパニーとして、高性能窓のさらなる普及を図ることで、日本の住宅の断熱化を促進し、豊かで快適な住生活の未来に貢献いたします。
断熱性能 エルスターX エルスターS シンフォニーウッディ・シンフォニーマイルド マイスターII デュオPG サーモスU S サーモスU H サーモスX
エルスターX

エルスターX

世界トップクラスの断熱性能を実現した樹脂窓。
トリプルガラス標準仕様

サーモスX

サーモスX

圧倒的な美しさを備えたハイブリッド窓。
樹脂窓同等の断熱性能を実現

エルスターS

エルスターS 新発売

複層ガラス仕様のスタンダード樹脂窓。
エルスターXと併用可能

レガリス

レガリス 新発売

世界最高峰の断熱性能を実現。
世界初、高性能5層ガラス採用

LIXIL「窓」開発者×建築家・難波和彦氏 「窓」の性能を引き出し快適な住まいをつくるには。
おすすめ情報
高断熱玄関ドア商品 グランデル “高断熱”を、住まいの価値へ