世界の環境を改善しよう!みんなにトイレをプロジェクト

一体型シャワートイレを1台購入すると「SATO」を1台寄付します

3人に1人が安全で衛生的なトイレを使えません

1億人の衛生環境を2020年までに改善します

Overview

一体型シャワートイレ1台をご購入すると、
アジアやアフリカの国々へ
簡易式トイレ「SATO」が
1台寄付され
衛生環境が改善されます。

国産初のシャワートイレを作り、日本のトイレ空間を快適にしてきたリクシル。
次は世界のトイレ環境の改善に向けて新たな貢献を行っていきます。

一体型シャワートイレ1台ご購入すると…

対象商品
シャワートイレ一体型便器
期間
2017年4月 - 9月
アジアやアフリカでSATOを1台寄付

About "SATO"

LIXILが開発した
簡易式トイレ「SATO」

世界のいろいろな途上地域では、屋外や汲み取り式トイレなどで排泄をするため、悪臭や伝染病の危険にさらされている人びとが大勢います。こうした状況を変えようとリクシルが開発したのが、簡易式トイレ「SATO (Safe Toilet)」。安くてシンプル、そして長期的にはその地域や国の発展につながる解決策なのです。

SATOの最初のモデルはビル&メリンダ・ゲイツ財団からの援助を受けて開発され、2013年に初めてバングラデシュで発売されました。設置は簡単で、洗浄に必要な水もごくわずかで済みます。子どもでも安全に使用でき、表面が滑らかで簡単に洗浄できるのが特長です。

Sanitary environment

世界の衛生環境の今...

安全で衛生的なトイレを利用できない人びと 24億人、そのうち屋外で排泄している人びと9億5千万人。下痢性疾患で命を落とす5歳未満の子ども 1日800人。衛生的なトイレの不備による2015年の経済的損失 推定約22兆円。

そしてまた、
学校にトイレがないことで、
主に女児や女性が教育の機会を失い、
貧困の連鎖が起きています。
犯罪に遭遇する危険も少なくありません。

Action

LIXILができること

豊かで快適な住生活の
未来に貢献したい。
私たちは2020年までに、1億人の衛生環境を
改善する

という目標を掲げています。

私たちは水まわり製品を提供するリーディングカンパニーとして、この社会課題の解決に、正面から取り組んでいます。
継続的に改善を進め、社会を変革していくためには、安全で衛生的なトイレがないことがもたらす負の影響について、人びとが自ら学び、意識を変え、その地域のビジネスとして定着させていかなければなりません。現地の人びとが「SATO」を製造、販売、施工し、メンテナンスまでを行うこと、そして、その事業エリアを拡大させていくことが重要です。LIXILは新たなビジネスモデルを提示し、その事業拡大をリードし、支援していきます。
現在LIXILは、新興国向けの簡易式トイレ「SATO(Safe Toilet=安全なトイレ)」や「マイクロフラッシュトイレシステム」「グリーントイレシステム」「ポータブルトイレシステム」といった新しいソリューションの導入を、JICA(国際協力機構)、国際的なNGO、さらには世界の政府機関や主要企業などと協力し推進しています。

  • JICA|WaterAid
14か国で500万人の暮らしを変えた"SATO"

Interview

「子どもたちは今より健康に」

これからの生活が良くなるということが分かって、今日はとても嬉しい。食べ物にハエがたかることもなくなるでしょうし、私の子どもたちも私も、今より健康でいられるでしょう。

ウガンダ ワキソ ナマゲラ村
フレッド・セカメイト(SATOの新規利用者)

「人びとの命を救える、という実感」

SATO を使った方々から寄せられる、「生活が大きく変わった」という喜びの声。リクシルの技術力、ネットワークを生かしながらSATOを世界中に広めることが、人びとの健康を保ち、その命を救うことに直結します。これが、私が衛生問題に取り組む大きな原動力となっています。

LIXIL 「SATO」事業開発総括責任者
ジム・マクヘイル

「現地のニーズに応える工夫」

「水をなるべく使わない」「設置が簡単にできる」「トイレを使ったことがない人でもシンプルで使いやすい」「低コスト」など、SATO の開発には多くの制約がありました。それらすべてに応えるため、現地に長期間滞在し、様々な方々の話を反映させながら、何度もプロトタイプを作り直して生まれたのがSATO です。

LIXIL 「SATO」開発責任者
石山大吾

Appendix

「Time for Global Actions LIXIL編」(2分)

世界の3人に1人が直面する衛生問題は、政府、NGO、企業がパートナーシップを組んで取り組まなくてはいけない大きな課題です。LIXILはこれらのパートナーとともにSATOの普及を通じて衛生問題の改善を推進しています。
この動画は、ウガンダでの取組みについて紹介しています。

LIXILグループ「コーポレート・レスポンシビリティ戦略」

事業展開地域への関連性や緊急性が高く、また私たちの専門性を活かして課題解決に貢献できる3つの分野に焦点をあて、取り組みを進めています。

グローバルな衛生課題の解決、水の保全と環境保護、多様性の尊重

「SATO」の仕組み

Close
PageTop