リフォームの流れ

リフォームの基本的な流れやリフォームを成功へと導くアドバイスをご紹介します。

STEP1 リフォームの目的を明確に

STEP1 リフォームの目的を明確に

どの部分をどんなふうに変えたいのか、リフォームの目的をはっきりさせておくことが重要です。
まずは予算を抜きにして、家族全員でイメージを出し合い、希望や不満な点をピックアップして優先順位をつけましょう。

イメージ固めのご参考に…

家のカラーやデザインをシミュレーション

Q&Aからヒントを得る「イメージづくり編」

STEP2 情報収集し具体化しよう

STEP2 情報収集し具体化しよう

WEBサイトや雑誌やカタログから、どんなリフォーム例があるか、またはどんな機器やデザインがあるのかなど情報を集めます。
ショールームへ行くのもおすすめ。実物を見てみたり、機能を体験することができ、相談にのってもらうこともできます。

情報収集のご参考に…

実際のリフォーム事例から情報を得たい

ショールームで実際に商品を見たい

カタログを見て検討したい

Q&Aからヒントを得る「ショールーム活用編」

STEP3 施工店に相談

STEP3 施工店に相談

依頼する会社は、専門業者、近隣の工務店、住宅設備会社など。「一度声をかけると断れなくなるのでは」と不安になりがちですが、現場調査から概算の見積を取るまでは無料のお店がほとんど。気軽に相談してみましょう。

施工店選びのご参考に…

リフォームについてじっくり話し合いたい

リノベーションをしたい

Q&Aからヒントを得る「施工店の見つけ方編」

STEP4 プランを検討

STEP4 プランを検討

事前に家に来てもらい、家の現状を把握してもらったうえで、伝えた要望をもとに、大まかなプランと見積を出してもらいます。プランの内容が、打合わせどおりになっているか、追加や無駄の部分はないか、十分に検討しましょう。不満があれば、この段階で修正してもらうことが大切。わからないことは遠慮せずに納得いくまで説明してもらいましょう。また商品は、ショールームで実際の使い勝手や色などを確認したうえで決定するのがおすすめです。

提案されたプランを検討する際のご参考に…

ショールームで実際に商品や雰囲気を確かめたい

カタログを見て検討したい

Q&Aからヒントを得る「プランニング編」

STEP5 発注・工事・引き渡し

STEP5 発注・工事・引き渡し

工事中は依頼先に任せきりにせず、できるだけ自分でも予定どおりに進んでいるか、指定した材料や機器が使われているかなどの確認を。

引き渡しの際にはプラン・見積書どおりに仕上がっているか担当者立会いのもと確認し、不具合があれば代金を支払う前に直してもらいます。設備機器関係は、保証書や取扱説明書の有無を必ず確認しましょう。「長期使用製品安全点検・表示制度」対象機器は安全のための登録制度がありますので安心のために必ず登録を。

引渡しの後、不具合な点が見つかったり、設備が故障してしまったら、すぐに依頼先の担当者に連絡を取りましょう。また故障はなくても定期的なメンテナンスは必要。日頃のお手入れで大切な住まいをずっと可愛がってください。

Q&Aからヒントを得る「工事〜引き渡し編」

    ※当サイトに掲載されている商品情報は、実際の価格・色・形状・機能等と異なる場合がございます。
    ※商品の改定により掲載情報は、最新もしくは正確でない場合がございます。ご購入の際には、カタログ・ショールーム等でご確認いただきますようお願い致します。