COORDINATE / KINARI MODERN 01

Living

室内引戸

ラシッサ 上吊方式引違い戸2枚建 LZE

床材

ラシッサ Dフロア

造作材

幅木ファミリー

造作材

アクセントボード(マグネット対応)

階段

ラシッサ D階段 踏板・蹴込板

タイル

エコカラットプラス

アクセント畳

造作材

インテリア格子

ファブリック

ユニットラグシリーズ ソフティライン

手すり

壁付け手すり 手すりスクエアタイプ

テーブルウェア

小さな竹のフォーク拭漆(黒漆)

テーブルウェア

竹のスプーン拭き漆(生漆)

テーブルウェア

ろくろ挽きの木皿 栃の木

テーブルウェア

楢の木のプレート(大)

テーブルウェア

シャトルリネン25HD キッチンクロス(ホワイト)

ダイニングテーブル

【イストク】
HARP テーブル W1600

ダイニングチェア

【イストク】
GAZELLE チェア

Dining

ファブリック

ハニカムスクリーン ツインタイプ

室内引戸

ラシッサ 上吊方式 引込み戸標準タイプLAA
引手

床材

ラシッサ Dフロア

室内引戸

ラシッサ 上吊方式 片引戸標準タイプ LBA
ノンケーシング枠

造作材

幅木ファミリー

クローゼット

ラシッサ クローゼットドア 両開き戸 LAD

ダイニングチェア

【イストク】
GAZELLE チェア

ダイニングベンチ

【イストク】
HARP ベンチ W1600

シェルフ

【大雪木工】
MOON

シェルフ

【イストク】
POODLE Shelf-Low

キャンドルライト

【LE KLINT】
キャンドルライト

Workspace

造作材

シートカウンター

造作材

幅木ファミリー

アクセント畳

床材

ラシッサ Dフロア

造作材

インテリア格子

籐の弦つき急須 焼締め

Entrance

アクセント畳

床材・床造作材

ラシッサ Dフロア

造作材

インテリア格子

造作材

幅木ファミリー

室内引戸

ラシッサ 上吊方式 引違い戸2枚建 LZE

床材・床造作材

ラシッサ Dフロア

外装床タイル

アルティスタ

玄関収納

ローカウンター型プッシュタイプ・フロート納まり

収納

ヴィータス 一枚棚

洗面

どこでも手洗

インテリア

【DI CLASSE】
LED solar stone S

インテリア

【TEORI】
ZERO ミラーM

建具をコウノキ、床をクルミと異なる樹種を
組み合わせることで、互いを引き立て合い、
のびやかな空間を演出します。

壁面には磁石がくっつくアクセントボード(マグネット対応)を。
アクセントウォールとしてだけでなく、機能性も抜群。
自由な使い方をお楽しみいただけます。

ソファ前に置いたユニットラグは、1枚が
500㎜×500㎜のサイズ。枚数を組み合わせて好きな
広さで設置が可能。カラーバリエーションが豊富で
高機能の優れもの。

リビングの引戸には、引手がない手掛けタイプを。
金属部分が目立たず、あたたかみのあるデザインです。
どの高さからでも開閉できるのも嬉しいポイント 。

便

リビングに収納スペースを設けてあげるとキレイが
維持しやすい。クローゼットの扉は、把手のないシンプルな
機能的ですっきりとしたデザインの収納です。

家具は、天然木の素材感を感じられる、丸みを帯びた
フォルムを特徴としたものを取り入れて。白木調の
優しい木目は空間を明るく演出してくれる効果も。

調

壁面には格子をイメージしたデザインのエコカラット
プラス
陶連子を。インテリア格子とともに縦を基調と
したデザインで
コーディネート。

使

日本家屋で伝統的に用いられてきた格子はリビングを
ゾーニング
するアイテムにぴったり。リビングを広く見せた
まま
ワークスペースの仕切りや目隠しとしてお使いいただけます。

使

シートカウンターは低めに設置して文机風に。
長さも調整できるので自分好みのワークスペースに。

光を多く取り込むことができる格子デザインの
引戸で、
玄関スペースも明るく開放的な空間に。

土間風のスペースに畳を敷いて、ちょっとしたおもてなし
空間に。立ち寄った方や帰宅時に便利な手洗い場も設けて。

把手のないシンプルな収納で玄関まわりはすっきりと。
カウンターにはお気に入りの小物を飾ってお客様をお迎え。

コーディネートレシピ

ご覧いただいた各空間のレシピを
ダウンロードいただけます。
ショールームスタッフや
施工業者様にご提示いただくと、
商品選びをスムーズに行うことができます。

レシピダウンロード

KINARI MODERN 02。私の時間、ふたりの時間に、心地よいくつろぎ空間。

KINARI MODERN TOPへ