キナリモダン

【マンションリノベ事例】コックピット風の書斎を備えた くつろぎと集中を両立する家

【マンションリノベ事例】コックピット風の書斎を備えた くつろぎと集中を両立する家
Living Deli編集室
Living Deli編集室
LIXILリビング事業部

ドアや床、収納を開発しているLIXILリビング事業部のメンバーがお送りします。商品紹介ページには掲載していないコーディネートや組み合わせ方のコツなど、思いを込めてご紹介していきます。

プロユーザー様の個性が光る キナリモダンを使ったマンションリノベ

全国6拠点のプロユーザー様とLIXIL製品のコラボでつくりあげたマンションリノベーションの事例をLiving Deli編集室よりご紹介します。

今回ご紹介するのは、「くつろぎ」と「集中」どちらも叶える、ゆとりのあるインテリア。
インテリア格子のレイアウトと書斎の間取りがポイントです。

その他5拠点を含むリノベーションコラボ企画のまとめはこちらをご参照ください

キッチンの配置をダイナミックに変更したリノベーション

築年数:32年(2022年7月時点)、専有面積:98.89㎡、構造:RC造

まずはリノベーション前後を比較してご紹介。

こちらの物件があるのは駅にほど近いマンションが立ち並ぶ便利なエリア。近隣には大きな病院がある上、このお部屋はマンションの最上階。
そのためお医者さまが住むことも想像しながら、住む方の生活を考えた間取りになっています。

今回のリノベーションでは1~2人暮らしを想定し、主に以下の間取り変更を行いました。
・ 納戸を解体して洋室と合体し、その中に広い書斎スペースを確保(洋室(大))
・ 和室は洋室使いに変更(洋室(小))
・ 各部屋に1つは収納を設け、収納量もUP

もしもお医者さまが住んだらきっと本が沢山ある、と考えられた間取りですが、誰でも住んでいるうちにモノの量は増えていきます。収納たっぷりはどんな方にも優しいプランですね。

こだわりのアートへ誘う 効果的に格子を配したLDK

こちらのお部屋は、LDK空間へ入るとまずダイニングスペースがあり、その奥がリビングという並びになっています。
大きな窓からは自然光がたっぷりと注がれます。

リビングの壁の一面はフォーカルポイントになるよう、アクセントクロスを背景に大きなアートを飾りました。

しかし部屋へ入るときには、アートよりも先に手前の空間(ダイニング)へ目線が集まってしまいがちです。

インテリア格子」の色はコウノキ。サイズはW12×H24。壁と格子の間は1m確保しています(LIXIL製品)

そこでLDKへ入るドアを開けた前方にインテリア格子を配置。

インテリア格子は、空間をゆるやかに仕切り、角度により目隠しにもなるアイテム。
正面に広がるダイニングへの視線を程よく遮り、自然な流れでリビング空間へと誘います。

格子を抜けた先には、明るいリビング空間と印象的なアートが迎えてくれます。
リビングは余計な家具を置かずシンプルに仕上げることで、ギャラリーのような雰囲気に。

こだわりのコレクションを眺めながらお酒を楽しむ、そんな癒しの時間も過ごせそうです。

床は「ホームベスタ」のアッシュ(川島織物セルコン)クローゼット両開き戸と引戸は「ラシッサD キナリモダン」のソフトグレー(LIXIL製品)

今回使用した床材は、既存床の上から貼って施工するフロアタイル。
床を貼り替えるリノベーションに比べて値段も工期も抑えることができます。
建具を残して床だけ変えるリフォームにもおすすめのアイテムです。
やさしい木目が表現されており、木質床材のようにも見えますね。

LDK空間の建具は全て「ラシッサD キナリモダン」のソフトグレーでコーディネート。
明るく上品なグレーはアッシュカラーの床材とも馴染みが良く、自然光を拡散して空間をより広く見せています。
デザインは把手や引手の部品が付かないものをセレクトしてすっきりと。

キッチンは「シエラS」。扉カラーはスムースホワイト、ワークトップはベーシックホワイト(LIXIL製品)

窓が無いキッチンスペースは、入口にドアを付けずにオープンにすることで圧迫感を軽減。
色は明るくオールホワイトでコーディネートされています。

キッチン背面は吊戸棚が無いので、広々とした印象。
背面のカウンターは作業台としても使用できるため、気の置けない友人を招いた週末には一緒に料理も楽しめそうです。

クロスでテイストを変えた洋室

畳は「アクセント畳」のグレージュ、クローゼット折れ戸は「ラシッサD キナリモダン」のソフトグレー(全てLIXIL製品)

リビング空間から続く洋室(小)は、客間や自分の寝室としても使えるマルチな部屋。
壁紙のグリーンで心安らぐ空間になっています。
ここには壁紙に合わせてグリーン系のポップなアートを。

クローゼットを開けると、中までグリーンの壁紙が施してあります。

ちょっとしたウォークインクローゼットにもなるほど広々とした収納は、もともとキッチンスペース側に向いていた収納を、洋室収納に合体させ使い勝手を向上させました。

左右でハンガーパイプと棚仕様に分けられているのも嬉しいですね。

ロマンを感じるコックピット風の書斎で、家での仕事も快適に

ドア、引戸、クローゼット開き戸は「ラシッサS」のプレシャスホワイト。廊下の電気を消していても、洋室(大)からの光が届きます(全てLIXIL製品)

LDKから出た廊下を進み右手の引戸を開けると書斎付きの洋室(大)へ続きます。

外に通じる窓がなく暗くなりがちな廊下の建具は全て白で統一。
また窓がある洋室(大)からの光を取り込むために、洋室(大)の入口には大きなガラスが入った引戸を選んでいます。

引戸にはエッチングガラスをセレクト。透明ガラスの表面を微細な凹凸でぼかした仕上げで、採光しながらも視線は遮りたい箇所におすすめのガラスです。

洋室(大)へ入ると、空間が二手に。
正面へ進むと囲まれ感のある書斎になっています。

室内窓は「デコマド」のアイアンプラック。デスクは「ヴィータス」のプレシャスホワイト(全てLIXIL製品)

「コックピット風」をコンセプトに考えられたこの場所は、デスクカウンターの前に窓もついており気分が高まる空間。
図面でみるとL字型に壁が立っているのが、なんだかくすぐられます。

カウンターはしっかりと幅があり、書籍を広げたり、ディスプレイを2つ置いたりと、快適に使うことができそうです。

背面の壁には全面に下地が入れてあるため、後から書棚を増やしたくなった場合でも自由が効く嬉しい配慮です。

床材は「ホームベスタ」のノビーオークGG、ラグは汚れた部分だけ洗えるのが便利な「ユニットラグ」ソフティラインのグレー(全て川島織物セルコン)

L字型の壁の外側は、シックな色味でスタイリングされています。

ここにも大きな収納があるので、専門書や趣味のアイテムなどたっぷり納めることができますね。
クローゼットの扉はデコマドと合わせてブラックでコーディネート。

クローゼット折れ戸は「ラシッサD ヴィンティア」のチャコールブラック。(LIXIL製品)

チャコールブラックはほんのりムラがあることで無機質さを抑えたラフな仕上げが特徴。
アクセントクロスは落ち着いたブラウンをセレクトし、木目調のブラインドを合わせました。

ここを寝室にすれば、ほっと緊張もほぐれそうです。

帰宅時の疲れを癒す、優しいカラーの玄関空間

シューズボックスは「玄関収納」のコウノキ、マグネットボードは「アクセントボード」のソフトモーブ(全てLIXIL製品)

玄関空間は自然な木目を感じられる優しいコーディネート。
彩度を抑えた赤みグレーを取り入れることで程よいアクセントになりつつ、あたたかみのある印象に仕上がっています。

アクセントボードはマグネットがくっつく便利なアイテム。
マグネットなので気軽にレイアウトを変えることが可能。鍵をかけるフックを付けたり、季節ごとのアイテムを飾ることもできます。

玄関空間からLDKへ続くドアは「ラシッサD キナリモダン」のソフトグレー(LIXIL製品)

すっきり実用的な水回り空間

トイレは「アメージュZA」。収納は「ヴィータス」のプレシャスホワイト(全てLIXIL製品)

こちらはマンションとしてはかなり広さのあるトイレ空間。

収納棚は「みせる」と「しまう」を併せて設け、実用的に。
少し低めに取り付けられた扉付収納は、トイレに座った状態でも手が届くようにと計算された高さ。
ペーパーなどを背面ではなくサイドに収納できるのは助かる場面も多そうです。

ここにもお気に入りのアートを置いて、落ち着く空間に。

ユニットバスは「リノビオV」。洗面化粧台は「ピアラ」(全てLIXIL製品)

洗面・バスルームはベージュを基調に、やわらかくコーディネートされています。
洗面化粧台には収納がたっぷり備え付けられています。

この物件を手掛けたプロユーザー様のご紹介

■会社名
株式会社創拓

■ご担当者様
施工工程管理:難波 貴子 さん
デザイン・プラン提案: 三宅 厚輝 さん

■会社情報
ホームページ:https://www.soutaku.com/
Instagram:https://www.instagram.com/soutaku_reform/

左:三宅さん、右:難波さん

岡山市を中心に幅広くリフォーム、リノベーションを手掛けている創拓。
地元密着で「地元に必要とされる信頼できるリフォーム店」を目指し活動しています。
これまでの活動が評価され岡山市から優良施工業者として表彰もされた実績も。

創拓には住宅機器メーカーとコラボした「創拓リノベーションスタジオ」もあり、家具までレイアウトされたLDK空間を見ながらリノベーションで叶える暮らしのイメージを膨らませることができるそうです。

その土地に住むのであれば、やはり地元に愛のある方にお願いしたいものですよね。
気になる方はぜひお問合せください。

・撮影:戸坂 良枝

\この施工例のルームツアー動画です/

※掲載商品は実施工例のため、販売終了商品も掲載されている場合がございます

 

レシピのPDFをダウンロード

この記事に
登場する製品は
こちら

製品は
こちら

インテリアに迷ったら

ブランク お部屋事例集 インテリアレシピ スタイル手帖 あの人の暮らし バッグ トピックス ランプシェード ランプシェード カート コラム カート 矢印 > 矢印 > 矢印上 下矢印 × プラス facebook facebook WEAR_ロゴ