キナリモダン

【マンションリノベ事例】柔らかな木目とスタイリッシュなブラックを心地よくミックスした家

【マンションリノベ事例】柔らかな木目とスタイリッシュなブラックを心地よくミックスした家
Living Deli編集室
Living Deli編集室
LIXILリビング事業部

ドアや床、収納を開発しているLIXILリビング事業部のメンバーがお送りします。商品紹介ページには掲載していないコーディネートや組み合わせ方のコツなど、思いを込めてご紹介していきます。

プロユーザー様の個性が光る キナリモダンを使ったマンションリノベ

全国6拠点のプロユーザー様とLIXIL製品のコラボでつくりあげたマンションリノベーションの事例をLiving Deli編集室よりご紹介します。

今回ご紹介するのは、キナリモダンの優しさを活かしながらスタイリッシュにまとめたモダンなインテリア。断熱にもこだわったリノベーション事例です。

その他5拠点を含むリノベーションコラボ企画のまとめはこちらをご参照ください

マンションリノベの魅力!自由度の高い間取りの大改造

築年数:36年(2022年8月時点)、専有面積:75.6㎡、構造:SRC造

まずリノベーション前後の間取りを比較してみます。
一度全て撤去した“スケルトン”状態にしてから作り上げたフルリノベーションなので、元の部屋がほとんど残っていませんね。

リノベーションで行った主な間取り変更は以下の通り。
・独立していたキッチンを対面型のレイアウトにしてLDKを一体に
・【リビングダイニング+和室+キッチン+洋室】から【LDK+洋室3部屋】として再配分
・LDK、各洋室それぞれに収納を確保
・内窓や吹き付け断熱を施して断熱性能を向上

利便性が良くマンションが多く立ち並ぶエリアにあるこちらの物件。ファミリー層からも人気が高いため3~4人家族が住むことを想定して間取りが見直されました。
結果的に2LDKから3LDKへと変更になっています。

清潔感あふれるナチュラルモダンなLDK空間

床材は「ラシッサ Dフロア」直貼り防音床のチェスナットF(LIXIL製品)

間取りだけでなく色遣いも大きく変化。
明るい色味の木目調をベースにしたことで、現代的で清潔感のある印象になりました。

床材にはチェスナットFをセレクト。甘みのあるグレイッシュトーンと立体感のある木目が「ナチュラル」と「モダン」を調和させます。

今回使用したのは「ラシッサ Dフロア」シリーズの中でも遮音等級(※1)に対応した「直貼り防音床」というタイプ。マンションの管理規定に床の遮音等級が定められていたため、規定に沿ってセレクトしました。
「直貼り防音床」は、実は普通のラシッサ Dフロアに比べて木目の幅が少し狭いのですが、スタイリッシュさがプラスされて今回のインテリアとは好相性です。

※1)遮音等級…下階への音の伝わりにくさを表す数値

格子デザインの引違い戸は「ラシッサD キナリモダン」のコウノキ(LIXIL製品)

LDKの入口は引違いタイプの引戸を採用しました。
ふわっと光を通すアクリルパネルを使ったデザインは、この明るいリビングの光を廊下まで届けてくれるので、廊下が暗くなりがちなマンションには特におすすめのアイテムです。

ラシッサD キナリモダン」の建具。木目調の引戸はコウノキ、真ん中のクローゼット折れ戸はソフトグレー(全てLIXIL製品)

チェスナットFとの組み合わせたリビングの建具は全て「キナリモダン」のもの。
リビング収納となるクローゼット折れ戸の扉は、アクセントになるよう他と色を変えてソフトグレーをチョイスしました。

キッチンは「ノクト」扉カラー:コウノキ(LIXIL製品)

キッチンは、片側を壁に付けた対面レイアウト“ペニンシュラ型”で配置。
ここに立つと視界を遮るものが何もなく、明るいリビング全体を見渡せてとても気分が良いです。

ワークトップが薄いキッチン「ノクト」は家具のような佇まい。
インテリアの一部になるように、カラーは引戸と同色の「コウノキ」にしました。

キッチン収納は「カノール」扉カラー:ホワイトスタッコ、棚カラー:ライトグレイン、フレームカラー:シャインニッケル(LIXIL製品)

キッチン収納は「カノール」を使用して、魅せる収納を採用。

格子デザインの引戸と「カノール」が隣り合うレイアウトなので、縦ラインが複数並んでごちゃっとした印象にならないように、フレームの色は壁に馴染む色を選びました。

対面キッチンのリビング側は、なんと全面収納。

家族みんなが過ごすLDKは何かと物が集まりやすい場所。
これだけあれば、生活感が出やすい細々としたものは、まとめてこの中に収納できそうですね。

間接照明と家具でモダンな空気感を高める

リビングは折り下げ天井に間接照明も仕込まれており、おしゃれに演出されています。

実は、この折り下げ天井の中にはレンジフードのダクトが通っているんです。
構造上どうしてもダクトが室内を這う納まりでしたがデザイン性で見事にカバーされ、空間をモダンに印象付けるポイントにもなっています。

ランダムな楕円テーブルや、ダイニングの2種類のチェアが空間にリズム感を与えます

家具選びにもこだわりが。

部屋全体が明るく柔らかなナチュラルテイストで構成されているので、家具には木目は取りいれず素材感を抑えたシンプルなものをセレクトしています。
カラーはモノトーンで揃えて、締め色となるブラックは重くなりすぎないようにバランスを考えながらコーディネート。
家具の脚は細いもので統一して、抜け感のあるすっきり軽やかな雰囲気を演出しました。

断熱にもこだわって。長く健康に住める家に

左:カーテンのタッセルはナチュラルカラーをセレクト。右:内窓は「インプラス」のホワイト(LIXIL製品)

今回のリノベーションでは断熱性能も重視。
省エネや冷暖房費の節約だけでなく、住む人の健康にもかかわる大事な要素です。

すべての窓に内窓「インプラス」を取り付けました。
インプラスは断熱だけでなく、結露防止、遮音効果などメリットがたくさん。

その他、外壁や最上階ということで天井にも吹付断熱を施してあるので、古いマンションとは思えない快適な暮らしが叶います。

家族それぞれにプライベート空間を。リノベで増やした3つの洋室

寝室の入口の引戸は「ラシッサD キナリモダン」のコウノキ(LIXIL製品)

続いて、リノベーションで増やした3つの洋室についてご紹介してきます。

リビングに面したこちらは寝室(洋室3)。
角部屋で窓が2面にあるので、たっぷりと朝日を取り込める気持ちのいいお部屋です。

照明はひと癖あるものをセレクト。少し辛口なデザインが優しくまとまった空間のアクセントになっています。
チェスナットFやコウノキはゴールドとも相性抜群ですね。

ラグは「ユニットラグ」ソフティラインのアイボリー(川島織物セルコン)

リビングに面したもう一つのお部屋は子供部屋をイメージ(洋室2)。
コンパクトながら必要な設備が揃っています。

デスク兼収納に使用したのは「ヴィータス パネル」(LIXIL製品)

デスクと収納を効率的に1か所に設置するのに使用したのは「ヴィータス パネル」。
使い方や置くものに合わせて棚板やポール、フック、デスクカウンターに引き出しなど豊富なパーツを自由に設置・追加できる製品です。
子供の成長に伴いデスクが不要になった場合には収納に変えることもできるので、長期的にも使いやすい仕様のお部屋ですね。

ヴィータス パネルの背面はさりげなくアクセントクロスが施されています。

収納棚は「枕棚」、畳は「アクセント畳」のダーク(全てLIXIL製品)

こちらは廊下からアクセスする洋室1。

この部屋も一部折り下げ天井になっておりダウンライトが仕込まれています。
LDKと同様に、こちらもガス給湯器のダクトがすっきりと納まるように設計。
ちょうど良いサイズのデスクを下に置けば、ゆるくゾーニングされて集中力が高まるブースのような雰囲気を醸し出します。

また、オープン収納の棚は梁の高さに合わせて施工することで、梁の存在感を軽減させました。

心やすらぐ玄関・廊下

ドアや引戸は全て「ラシッサD キナリモダン」のコウノキ。マグネットボードは「アクセントボード」のソフトモーブ(全てLIXIL製品)

廊下は木目の表情を感じることができるシンプルな構成。
格子デザインの引戸が際立ちます。

リビングから届く「おかえり!」の声と柔らかな光が、気持ちを一気にほぐしてくれます。

収納扉は「ラシッサS」クローゼット開き戸のプレシャスホワイト、収納棚は「すっきり棚」のプレシャスホワイト(全てLIXIL製品)

玄関の収納は、土間のように床を収納の中まで繋げました。
汚れたものや傘なども収納しやすいのが嬉しい仕様です。

玄関ドアはホワイトのシートを貼ってインテリアに合わせました。
把手やロックはそのまま使用していますが、元々ゴールドだったので偶然にも空間にマッチ。

気分が上がる!お気に入りの水回り空間

引戸は「ラシッサD キナリモダン」のコウノキ、洗面ボウルは「角型洗面器」、タイルは「内装壁タイル」スモーキートーンⅡ(全てLIXIL製品)

洗面室は「キナリモダンに合うように」と考えられた、こだわりのコーディネート。

やさしいグリーンのタイルと細く綺麗に入った白い目地、金物類にはゴールドカラーが使われており、ときめき要素が満載。
ここで過ごす身支度の時間が毎日楽しみになりそうです。

トイレは「プレアスLS」、収納は「ヴィータス」のクリエペール、ユニットバスは「リノビオV」(全てLIXIL製品)

その他水回りも、ナチュラルな木の温もりを感じる色合い。
トイレのペーパーホルダーはゴールドを用いて、家全体の統一感を図っています。

この物件を手掛けたプロユーザー様のご紹介

■会社名
株式会社エコラ

■ご担当者様
インテリアコーディネート・設計:八木橋 由衣さん
施工管理:佐藤 陽さん

■会社情報
ホームページ:https://ecola.co.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/ecola_renovation/
Twitter:https://twitter.com/ECOLA_sendai

左から 八木橋さん、佐藤さん

「変わるをつくる」をコンセプトに掲げるエコラ。
生まれ育った東北を大切に考えながら、建築の世界においてはゼロからつくり出すよりも制約が多く難しいとも言えるリノベーションを通して、建物の歴史、土地の物語、まだまだ使えるものの価値を活かしながら、無くしてはならないものを未来へ残し新しい価値を創造しています。

エコラが行うリノベーションでは、この物件以外でも断熱を施すことが多いそう。
古い物件に住むにあたり断熱性能は気になる点の1つではないでしょうか。暮らしの根幹にかかわる部分を大事にする姿勢を感じると、住まいづくりをお任せすること自体への安心感もより増すように思います。地元東北思いなところも親しみが湧きますね。


お近くの方もそうでない方も、気になる方はぜひお問合せください

・撮影:はま田あつ美

\この施工例のルームツアー動画です/

※掲載商品は実施工例のため、販売終了商品も掲載されている場合がございます

 

レシピのPDFをダウンロード

この記事に
登場する製品は
こちら

製品は
こちら

インテリアに迷ったら

ブランク お部屋事例集 インテリアレシピ スタイル手帖 あの人の暮らし バッグ トピックス ランプシェード ランプシェード カート コラム カート 矢印 > 矢印 > 矢印上 下矢印 × プラス facebook facebook WEAR_ロゴ