TOSTEM MAGAZINE

menu
KNOWLEDGE KNOWLEDGE

KNOWLEDGE おうちの中も油断大敵!
ペットの熱中症対策

全身を毛皮で覆われているワンちゃんやネコちゃんは、実は夏の暑さが大の苦手です。人が平気と感じる暑さであっても、ペットが熱中症を発症して病院に運びこまれるケースも少なくないようです。今回は、大切な家族であるペットが健康に夏を過ごせるよう、ペットの熱中症対策についてご紹介します。

暑い時期はペットも熱中症に要注意

人と同じように、ペットも暑い季節は熱中症にかかるリスクが高まります。特にワンちゃんやネコちゃんは人と違って汗をかいて体温調節できないため、熱が体内にこもりやすく、人が感じている以上に、暑さが負担になるのです。

暑い時期はペットも熱中症に要注意 暑い時期はペットも熱中症に要注意

熱中症は室内で発症するケースも

熱中症というと、屋外で発症するイメージがありますが、実は、人もペットも室内で発症するケースが少なくありません。お留守番中はもちろん、一緒に過ごしている時も要注意。ワンちゃんやネコちゃんは暑いと感じていても自分でエアコンを設定したり、カーテンを閉めることができないため、飼い主さんが気にかけてあげることが必要です。

熱中症は室内で発症するケースも 熱中症は室内で発症するケースも

ペットを室内熱中症から守るために

大切な家族の一員であるワンちゃん・ネコちゃんを室内熱中症から守るためには、水分補給への配慮とともに、室内温度の管理が大切となります。エアコンをつけていても、強烈な日差しが入る部屋は室内温度がぐんぐん上昇するため、しっかり日差し対策を行うことも重要です。

ペットを室内熱中症から守るために ペットを室内熱中症から守るために

日差しは窓の外側で遮るのがおすすめ

カーテンなど窓の内側で日差しをカットしても、室内まで熱が入ってきてそのままこもってしまいます。夏の日差し対策は、外付日よけなどを使って「窓の外側」でカットするのがおすすめです。

日差しは窓の外側で遮るのがおすすめ 日差しは窓の外側で遮るのがおすすめ

※一般複層ガラスの窓にスタイルシェードを使用した場合の性能です。
関連JISなどに基づき計測および算出した値であり、保証値ではありません。

窓ガラス 窓ガラス