玄関ドア | 把手(ハンドル)がぐらつく

解決方法

把手がぐらつくときは、多くの場合固定ねじを絞めることで解決します。

●バーハンドルの場合

解決方法
内側台座カバーで 固定ねじが見えなくなっていますので、カバーを外してねじを締めつけます。
  1. 戸先とは別の方向(吊元側)から 台座カバーのツメにマイナスドライバーを差し込んで広げます (製品がキズつかない様に、マイナスドライバーには薄い布を巻いていただくことをお勧めします)。
  2. そのまま矢印の方向にスライドさせてください。
  3. 室内台座カバーが外れると固定ねじが見えるので、プラスドライバーで締め付けてください。

●グリップハンドルの場合

解決方法
解決方法
  1. サイドの金具のビスを外します。
  2. ハンドルを引き上げて外します。
  3. ドア本体に取り付けてあるある金具のビスを締め付けます。
  4. ハンドルを押し下げて固定します。
  5. サイドのビスを締め付けてください。

●レバーハンドルの場合

解決方法
解決方法
  1. レバーハンドルサイドの締め付けねじを外し、レバーハンドルを外します。
  2. 台座カバーを引き抜きます。
  3. 固定ねじを2本締め付けます。

●スクエアハンドルの場合

解決方法
解決方法
  1. 把手セットの固定ねじを4本外します。
  2. 把手セットを外します。
  3. 取付ステーの固定ねじを締め付けます。

●ムーンハンドルの場合

解決方法
解決方法
  1. ねじカバーを外し把手セットの固定ねじを4本外します。
  2. 把手セットを外します。
  3. 取付ステーの固定ねじを4本締め付けます。

●アーチハンドルの場合

解決方法
解決方法
  1. 台座キャップに細いピンを入れてキャップを押し出します。
  2. 固定ねじを4本締め付けます。

ご注意

  • 修理や調整にあたっては手順を間違えないようご注意ください。また途中で修理や調整がむずかしくなったり無理が生じた場合には、すぐに作業を中断してお客さま相談センターにご連絡ください。
  • 修理や調整にともなう事故や破損につきましては、当社は一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
  • ここでご紹介しているメンテナンス方法は、代表的な機種であり、すべての商品あるいは機種を網羅しているわけではありません。詳しくは商品の取扱説明書をご覧いただくか、お客さま相談センターにご相談ください。