Q13 「見積書」はどう見ていけばいいの?

A 工事項目、仕様(材料名)、数量、単価、金額欄でそれぞれの内容がわかります
下の例はキッチンのリフォーム工事です。まず工事の名称を見ていきます。ここでは「床合板張り」から見てみましょう。まずキッチンの下地として合板を張ることがわかります。その金額は1セット分4500円です。次に壁・天井にクロスを張りますが、そのグレードは標準的なもので、1m²当たり1800円(別途施工費を記載していない場合は施工費込み)で、面積は24m²あり、合計43,200円となります。さらに仕上げは、クッションフロア張りということがわかります。9m²に張り、単価3,500円で31,500円ということがわかります。

 なお、これらの金額が税込みなのかどうかを確認しておきましょう。税込みでない場合はトータルな金額に消費税を加えなければなりません。

●キッチン工事の見積り例
工事名称 仕様 数量 呼称 単価 金額 備考
既存キッチン解体   1 セット 45,000 45,000  
上記発生材処分   1 セット 35,000 35,000  
給排水切り回し   1 30,000 30,000  
電気配線   1 45,000 45,000  
下地補修   1 30,000 30,000  
新規システムキッチン サンウエーブ**(商品) 1 セット 1,500,000 1,500,000  
組み立て施工費   1 45,000 45,000  
(中略)
床合板張り 厚さ12m²の合板 9 4,500 40,500  
壁・天井クロス張り 標準グレード 24 1,800 43,200  
床クッションフロア張り   9 3,500 31,500  
電気配線移設 コンセント移設 1 40,000 40,000  
(中略)

※あくまで一例です。実際の工事金額は使用設備・材料、工事内容などによって違ってきます。