ウッドデッキは人工木(樹脂+木粉)がおすすめ?価格や特長を天然木と比較します

ウッドデッキは人工木(樹脂+木粉)がおすすめ?価格や特長を天然木と比較します

ウッドデッキを設置する際、天然木と人工木(樹脂+木粉)どちらを選ぶか迷いませんか?ナチュラルな風合いを楽しむために天然木を選択する人も少なくありませんが、屋外環境で使用するウッドデッキは劣化や腐食に強い人工木(樹脂+木粉)がおすすめです。ここでは、人工木(樹脂+木粉)のウッドデッキの特長やデメリット対策を天然木との比較しながらご紹介していきます。

1. 人工木(樹脂+木粉)のウッドデッキとは

人工木(樹脂+木粉)とは

人工木(樹脂+木粉)とは、リサイクル材の樹脂や木粉などを加工した工業製品で、樹脂木、再生木などと呼ばれることもあります。基本的な製造法は、廃材などを粉砕した後ポリエチレン樹脂と一緒にコンパウンド成型されて完成です。メーカーによっては仕上げの段階で木目を強調する研磨や熱処理で自然な木の風合いを表現する工夫も加えられています。現在ウッドデッキの素材の多くは人工木(樹脂+木粉)が使用されています。

人工木(樹脂+木粉)の特長

人工木(樹脂+木粉)は樹脂との加工により、害虫などによる腐食、変色や変形が抑えられ、メンテナンスが簡単です。その上、色あせやそりにも強く、屋外で使用するウッドデッキには最適な素材として広く利用されています。

メリットの多さから人工木(樹脂+木粉)のウッドデッキが主流傾向にある

近年では人工木(樹脂+木粉)のウッドデッキが圧倒的な人気を占めています。これは天然木に負けない自然の風合いを実現したデザインと豊富なカラーが出回っていることが大きな理由と言えます。
設置後のメンテナンスが簡単で扱いやすいだけでなく、豊富な品ぞろえからお家の雰囲気に合わせた製品を選ぶことが可能です。加工性も高く施工時間が短いことや、エコロジーに配慮した環境商品であることも近年の時代背景にマッチしていると言えるでしょう。

2. 天然木との違い・比較

  人工木(樹脂+木粉) 天然木(ソフトウッド)
メンテナンス ほぼ不要 経年・乾燥で生じる
割れ・ささくれ ほぼ起こらない 必要
色あせ 起こりにくい
(経年による多少の色あせは発生)
起こる

メンテナンス

人工木(樹脂+木粉)は経年による劣化が少なく、最低限のメンテナンスで腐食することがなく、シロアリによる食害の心配がありません。一方で天然木は、木材によっては汚れや湿気などから木材の劣化を防ぐために、定期的な防腐や防虫処理、塗料塗布などが必要になります。

割れ・ささくれ

人工木(樹脂+木粉)の場合、乾燥による割れやささくれの心配はほぼありません。一方で天然木の場合、経年による乾燥からささくれが起こります。夏の日射しによる乾燥で、割れやヒビが生じることがあるので、メンテナンスが必要です。

色あせ

人工木(樹脂+木粉)の場合、環境による色あせはほとんど起こりません。(経年による多少の色あせは発生します)一方天然木の場合、メンテナンスを疎かにしていると早くに白銀化を起こし、腐食につながる可能性もあります。塗料塗布でこまめな手入れが必要です。

3. 人工木(樹脂+木粉)のウッドデッキのデメリットと対策

夏は表面が高温になることも

素材から起こるデメリットとして床面温度の上昇があります。人工木(樹脂+木粉)の性質上、直射日光などのあたる夏場は特に表面温度が上昇します。オーニングや日よけなどで影をつくったり、サンダルやスリッパを履いたりして対策を行いましょう。

4. リクシルPATTOリフォームのおすすめ人工木(樹脂+木粉)のウッドデッキを紹介

ステージ 木彫もくちょう

ステージ 木彫もくちょうは、自然の木の風合いを最大に生かした木目が美しい商品です。住まいに合わせたコーディネートがしやすいようにカラーも4色の取り揃えがあります。特許技術が施されたデッキ表面は繊細な木質のニュアンスを忠実に表現。100%リサイクル樹脂材使用で環境にも優しいデッキ素材です。土汚れなどは水で流すだけで落とすことができ、傷がついてもサンドペーパーで簡単に補修可能。木粉が配合されたマテリアルは時間の経過とともに自然に馴染む穏やかな色の変化も魅力の一つです。

リクシルPATTOリフォームで詳しくみる

ステージ

樹脂に天然木粉を混ぜ合わせた人工木(樹脂+木粉)で、太陽光を反射する特殊な顔料によってコーティングされ、夏でも高温になりすぎず快適に過ごすことができます。カラーバリエーションは全部で5色。LIXIL共通の木目色調はアプローチやバルコニー、玄関などと合わせることができ、エクステリア全体の統一感を実現。人工木(樹脂+木粉)の特長である耐久性に優れたウッドデッキは加工性も高く敷地に合わせたカスタム感覚の施工を可能にします。

リクシルPATTOリフォームで詳しくみる

レストステージ ベランダ仕様

レストステージ ベランダ仕様は戸建て、マンション*、新築からリフォームまで幅広く対応できます。ベランダの傾斜に沿って高さ調節金具が上下し、室内との段差のないフラットな床面を構築。リビングや寝室あらゆるお部屋の空間が開放的になるリフォームを実現できます。ベランダとの微妙な隙間も幅調節材などの設置によりフレキシブルに対応することができます。
*11階以上のバルコニーには使用できません。

リクシルPATTOリフォームで詳しくみる

5. 人工木(樹脂+木粉)のウッドデッキが気になったらお気軽にリクシルPATTOリフォームへ!

いろんな「お悩み」「困った」をパッと解決! リクシルPATTOリフォーム 簡単リフォームで毎日をもっと快適に。

ウッドデッキの人工木(樹脂+木粉)素材の特長についてご紹介しました。最近のリフォームの傾向では耐久性とメンテナンスフリーの観点から人工木(樹脂+木粉)のデッキが注目されています。

リクシルPATTOリフォームのウッドデッキは、木目の美しさや風合いは限りなく自然に近く、毎日の生活にナチュラルな揺らぎとゆとりを与えてくれます。リビングからつながるデッキやベランダからの解放空間など住まいのポテンシャルを最大に引き出すリフォームを体験することができます。ウッドデッキの設置をお考えならこの機会にぜひリクシルPATTOリフォームにご相談ください。

リクシルPATTOリフォームでは、人工木(樹脂+木粉)のウッドデッキのリフォームは以下の費用で工事できます。

ステージ 木彫もくちょう
… 約26~30万円(*参考価格)
ステージ
… 約23~28万円(*参考価格)
レストステージ ベランダ仕様
… 約18~20万円(*参考価格)

*価格は間口1.5間(2726mm)×出幅(916mm)の場合です。ベランダ仕様は2間(3455mm)×出幅(1500mm)の場合。

工事は最短1日*~で対応可能です。少しでも興味があればまずはお気軽にご相談ください。ご要望に合わせたご案内をさせていただきます。
*現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので、目安とお考えください。

まずはお気軽にご相談ください

0120-810-864 メールフォームでのお問い合わせはこちら

※こちらの価格は、2018年10月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

[PATTOリクシル]と[リクシルPATTOリフォーム]は株式会社LIXILが提供するリフォームサービスの名称です。