コラム

【家づくりのアレコレ】穴を開けずに壁を飾ろう!「アクセントボード」の素敵な活用例

【家づくりのアレコレ】穴を開けずに壁を飾ろう!「アクセントボード」の素敵な活用例
藤澤玲子
藤澤玲子
LIXILインテリア事業部

福岡県出身。株式会社LIXILインテリア事業部所属。インテリアコーディネーター、住まい方アドバイザーの資格を持ち、インダストリアルデザインの家具と相性の良い建材シリーズ「ラシッサD ヴィンティア」の開発にも携わる。

壁を活用したインテリアを楽しみたい



今年も早いものでもう年末。寒さも一気に厳しくなりましたね。 この冬休みは、お家でゆっくり過ごす時間が多くなりそうです。

私はおうち時間が増えてから、部屋にアートを飾って楽しむようになりました。
「アート」と聞くと難しいイメージをされる方もいるかもしれませんが、1枚飾るだけでも部屋の雰囲気が変わるのでおすすめです。

ただ、壁に穴を開けるのがイヤという方は多いはず。新築のときだとなおさらですよね。
そんなとき、LIXILの「アクセントボード」というアイテムが役に立つので、ご紹介させてください。

壁に穴を開けずにアートを自由に楽しむ方法

アクセントボード」はマグネット対応になっているボードのこと。飾りたいものの後ろに磁石を付けて、好きな場所に貼り付けることが可能です。

カラーは全5色。お部屋の壁の色に合わせたり、あえて違う色でアクセントを作ってみてもお洒落に楽しめます。壁に穴を開けることなく自由に位置も変えられるため、季節や気分に合わせて飾るものを変えることができます。

Room Clipで見つけた、アクセントボード活用事例

インテリア投稿サイト「Room Clip」をのぞいてみると、アクセントボードを活用した素敵なお部屋がたくさんありました。その中からいくつかご紹介します。

●comiriさんRoom No. 290885


白壁にホワイトのアクセントボードを重ね、お部屋の雰囲気にぴったりのナチュラルなアイテムが飾られています。定期的に飾る雑貨を変えて季節感を出しながら楽しんでいただいているようですね。

●DenchanさんRoom No. 3939273


先ほどと同じホワイトのアクセントボード。水玉のポップな壁紙に設置することで、同じホワイトでも印象が変わって見えますね。

壁に直接飾るよりも、アクセントボードが1枚加わることで、飾るアイテムがより引き立てられているように感じます。


●mugijunさんRoom No. 1645588


空間のアクセントとして左上にボトルグリーンのアクセントボードが設置されています。ボトルグリーンが背景に加わることで、ラタンのアイテムたちの繊細さがより際立って見えますね。

他にもブラックやグレー、ネイビーなど空間のアクセントとなるカラーも取り揃えています。

●tttbbbさんRoom No. 739349


こちらはグレーのアクセントボードを玄関に。鍵や小物をかけるフックを付ければ実用性も抜群です。クリスマスのディスプレイも可愛らしいですね。


●kiyoさんRoom No. 909484


アクセントボードは子ども部屋にもおすすめです。こちらはドアを挟んで、横長にアレンジ。

お子さんの手の届く高さにフックを設置してバックや小物をかけたり、作品や手紙を飾っても良いですね。お子さんの成長に合わせて、フックを取り付ける位置が変えられるのもポイントです。

壁を無駄なく、オシャレに飾って楽しむ



インテリアとしてアートを飾ったり、ワークデスクの前に設置して書類を整理したり。「アクセントボード」の使い方は自由自在。

また、設置したい場所に合わせたサイズにカットして、取り付けできることもうれしいポイントです。壁を自由に飾ることができたら、インテリアの幅がぐんと広がりますよ。

インテリアをもっと自由に。
ぜひあなたらしいインテリア、楽しんでくださいね。

この記事に
登場する製品は
こちら

製品は
こちら

ブランク お部屋事例集 スタイル手帖 あの人の暮らし バッグ トピックス ランプシェード ランプシェード カート コラム カート 矢印 > 矢印 > 矢印上 下矢印 × プラス facebook facebook WEAR_ロゴ