浴室・洗面空間の快適さと健康の関係

浴室・洗面空間の温度などの環境を快適にすると?

住まいの空気や温度といった環境は、家族の身体にどのような影響を与えるのでしょうか。
浴室・洗面空間で見ていきましょう。

温度

浴室・洗面空間と他の部屋との温度差
温度差による急激な血圧変動

暖かいリビングや自室を出て、寒い洗面室で服を脱ぎ、冷えた浴室へ・・・。冬は、暖房の効いた部屋と、浴室・洗面空間の温度差が大きくなります。特に、浴室に窓のあるお宅は、熱が外へ逃げやすいので、温度が下がりやすいのです。

部屋間の温度差による急激な血圧変動は、心筋梗塞や脳卒中などを起こす、ヒートショックにつながる危険性も。

冬の寒い脱衣所は血管が縮んで血圧上昇。寒い浴室内は血圧がさらに上昇。熱めの湯に浸かって温まると血管が広がり血圧低下。

【ヒートショックが原因の1つである入浴中に亡くなられる人 年間約1.9万人】※1

ヒートショックが原因の1つである入浴中に亡くなられる人年間約1.9万人。交通事故死亡者数は年間約4400人。入浴中死亡者推定数は、交通事故死亡者数の約4倍。
  • ※1平成29年(2017年)1月25日 消費者庁ニュースリリース「冬季に多発する高齢者の入浴中の事故にご注意ください!」
  • ※2警察庁「平成25年中の交通事故死者数について」※入浴中の死亡者数の出典と同年度の交通事故死者数を使用(令和元年(2019年)年間交通事故死亡者数は3,215人)

断熱で温度差を軽減!

浴室・洗面空間を断熱することで、温度差を小さくできます。

他の空間の