〜夏の日差しを気にせず思いっきり遊べる〜 ガーデンスペースをすこぶる快適に!

ウッドデッキと一緒に考えたいセットリフォーム

お気に入りの商品と過ごす、新しいくらし。
それは、お部屋全体を快適にすることで、もっと素敵な毎日に変わります。
例えば、ウッドデッキ。夏の暑い日差しを遮れば、ウッドデッキはもちろん、家の中まで快適に。
セットリフォームは、そんな空間全体の快適を実現する提案です。

ガーデンスペース

ガーデンスペースを快適にするセットリフォーム

ウッドデッキをリフォームするなら!日射熱をさえぎる!
日差しによるウッドデッキ上の温度上昇を軽減する「テラスSC」

多少の日差しも気にならない!

休日の家族の団らんや子供・ペットの遊び場など、暮らしに広がりと心地よさを与えてくれるウッドデッキスペース。一方で、夏の強い日差しが直接差し込む時間は、暑くてウッドデッキに出られないなどという声も多いですね。
そこで、ウッドデッキを設置する場合は、「日よけ」も設置するのがおすすめ。

ウッドデッキとテラスSC

テラスSC だから、すこぶる快適に!

ウッドデッキの表面温度上昇を防ぐ

「テラスSC」は、屋根部のすべてが4センチ厚のアルミ製なので、直射日光をカットしながらもすっきりとしたデザインです。
また試験では、テラス下のウッドデッキ(人工木デッキ)の表面温度は、屋根なしの場合と比べて最大約28℃抑制されることがわかっています。

人工木デッキ表面温度比較

屋根なし、ポリカーボネート屋根あり、アルミ屋根ありの3条件で、時間経過による人工木デッキの表面温度変化を計測した結果。開始時は約23℃。屋根なし、ポリカーボネート屋根ありは30分時点で50℃を超えてその後横ばいで推移するのに対し、アルミ屋根では30分時点でも30℃以下で、その後横ばいで推移した。180分時点での屋根なしとアルミ屋根ありの温度差は約28℃だった。
  • 赤外線ランプ照射による社内試験結果。実際の使用条件では、効果が異なる場合があります。
室内への熱の侵入も防ぐ

日よけは、ウッドデッキ上だけでなく室内の温度上昇も抑えてくれます。
アルミ屋根材の「テラスSC」を設置すれば、直射日光をカットできるため室内の遮熱対策にもなり、一石二鳥の効果が得られます。

窓外で日差しを遮るものが無いと日光が室内へ侵入するが、アルミ屋根のテラスSCを設置すれば日光を反射して室内への侵入を防ぐ。

ショールームでは実際に、商品をご覧いただけます!

ご相談だけでも構いません。まずはお気軽に、お越しくださいませ。

Coming Soon

Coming Soon

Coming Soon