あの人の暮らし

INTERVIEW

子供に“楽しむ大人”の背中を見て欲しい!(子育て住空間コンサルタント:今西千登瀬さん)

子供に“楽しむ大人”の背中を見て欲しい!(子育て住空間コンサルタント:今西千登瀬さん)
今西千登瀬
今西千登瀬
子育て住空間コンサルタント

東京都出身。東京ファンライフ不動産代表。大学時代に空間デザインを学び、大手建材メーカーで住まいのコンサルタントを経験。宅地建物取引士やインテリアコーディネーターなど住生活に関する4つの資格を取得し、快適な住まいの提案をしている。

・Blog:プチプラ大好き❤適当母ちゃんのインスタママライフ

“私らしい暮らし“を実践するゲストを迎えてのインタビュー企画「あの人の暮らし」。今回は東京ファンライフ不動産代表の今西千登瀬さんにお話を伺いました。

不動産会社の代表を務める一方で、読者モデルとして様々な雑誌などのメディアでも活躍している今西さん。ママとして、女性として、イキイキ&キラキラと輝いている彼女はどんな“暮らし”をしているのでしょうか?

今西千登瀬さんのお仕事

―今西さんは現在、どんなお仕事をされていますか?

今西さん:「東京ファンライフ不動産の代表として、お客様の住まいに関する相談を受けたり、不動産の売買も行います。また、読者モデルとして様々な媒体に出させてもらったり、ママ目線のコラムやブログを書いたり……。その時にやりたいと思ったことをやっていたら、いろんな仕事をするようになっていました(笑)」

―今のお仕事を始めたきっかけは?

今西さん:「実家が工務店を営んでいたので、小さい頃から“住まい”は身近な存在でした。大学時代は工業デザイン学科で空間デザインを学んだのですが、芸能関係にも興味があって。入社試験は50社くらい、色々なジャンルの企業を受けましたね。それで最終的に入社したのが大手建材メーカーで、そこでコンサルタントをしていました」


ただ、途中体調を崩してしまい、会社を辞めることにしたという今西さん。そこからは「やりたいことをとことんやる人生にしよう!」と決意し、お子さんが生まれてからは新たに読者モデルに挑戦。様々な商品のモニターをしたり、雑誌の中で商品のオススメポイントを紹介しているのだとか。

今西さん:「新たなお仕事を始めたものの、やっぱり “住まい”に関する仕事はまた再開したいと思っていたので、2015年に『東京ファンライフ不動産』を設立しました。現在は子供が安全で楽しく暮らせる住まいを提案する“子育て住空間コンサルタント”として、ママ目線のご提案を続けています」

インテリアコーディネーターの資格も持つ今西さん。ママだからこその視点で、住まいづくりのヒントを教えてくれます。

多岐に渡る今西さんのお仕事、それは「やりたいことをやる人生」というモットーがあるからなんですね。

今西さん:
「会社員時代に体調を崩したのには、ストレスも影響していたんだと思います。仕事をしていると辛くて仕方ない場面ってありますよね。そんな時は“今西千登瀬”という人間をひとつの物語として捉え、俯瞰(ふかん)して見るようにしています。そうすると、冷静に状況を見つめることができ、自然と落ち着けるようになるんですよ。これは、自ら意識的に行うようにしたストレス対処法です」

この方法を取り入れてから辛いことがあっても、「物語のターニングポイント!」と思え、乗り切ることができるようになったそうです。

―素敵なストレス対処法ですね。では仕事でのやりがいはどんな瞬間に感じますか?

今西さん:「やはり『ありがとう』という言葉ですね。これは私の信念にも繋がっている大切な言葉です」

今西さんの仕事道具【キャラクターの手帳】


スヌーピーのかわいい手帳を愛用している今西さん。仕事のことはもちろん、生活の中で気になったことも手帳にどんどんメモするのだそう。

今西さん:「かわいいキャラクターの手帳はテンションがアップします。仕事中でもふと目に入ると癒されますよね。今はスヌーピーですけど、その時かわいいと思った手帳を買うようにしています」

自分時間のつくり方


― 様々なシーンで活躍されている今西さんですが、自分時間はありますか?

今西さん:「仕事をしている時間が“自分”になれる時間なんです。子供と一緒にいると“ママ”になっちゃう。というのもあるけど、やっぱり仕事が楽しいんですよね。だから仕事の時間が自分のための時間ですね」

―リフレッシュはどうしていますか?

今西さん:「できるだけ1日8000歩は歩くようにしています。仕事の合間にとにかく歩く! あと、時間がちょっと空いたらインスタグラムで近くの素敵なカフェを探して入るようにしています。いわゆる“映える”空間に行くことで、気分をアップさせています」

―もし1日お休みが取れたら何をしますか?

今西さん:「去年の誕生日、まさにそんな時間を過ごすことができて、一人でスパに行ってきました! お風呂や岩盤浴に入って、マッサージして、ゴロゴロしながら本を読んで…。最高の1日だったのでまたやってみたいですね。それから、ひとり海外旅行にもチャレンジしてみたい。今は難しいですけど、子供がもう少し成長したら、弾丸でひとり旅に出かけてみようかな」

今西さんのハマりごと

―今西さんが好きで続けていることはありますか?

今西さん:「本が好きなのでよく読みます。自分自身を高めてくれる自己啓発系が好きですね。最近は『仕事と人生がもっと輝く ココ・シャネルの言葉(髙野てるみ著/イースト・プレス)』を読んでいます。決して幸せな人生ではなかったけれど、ファッション界に革命を起こした人です。中学生の頃にシャネルの存在を知って以来ずっと憧れのブランドだったので、この本を読んで、その魅力の理由を知ることができました」

読書のお供はシンガポールの高級紅茶『TWG』。カップの中から香りがふわっと広がるのだとか。

今西さん:「読書をするとき、またちょっとネガティブな気持ちになったときは紅茶を飲むようにしています。仕事中はコーヒー派なんですが、紅茶は非日常感を味わうことができるんですよね。豊かな香りが、心をリフレッシュさせてくれます」

“自分らしい暮らし”のために。心がけていること

―自分らしい毎日を送るために心がけていることは?

今西さん:「自分を“アゲる”ことは大切にしています。読書もそうですし、隙間時間に素敵な空間に行ったり。気持ちを高めることを常に意識しています。あとは、他人を羨ましがらないこと。隣の芝生が青く見えると、どうしてもネガティブな気持ちになってしまうので」

―そのために最近辞めたことはありますか?

今西さん:「人のSNSをチェックするのを辞めました。仕事上アウトプットは必要なので投稿はしますが、ほかの方のSNSを見ることはほとんどありません。SNSとのよい距離感を保つようにしています。また、自分を責めることも辞めました。心身ともに健康でいるためには、自分を許してあげることも大切ですよね」

―自分らしくいるためのヒントを教えてください!

今西さん:「自分の心がふわっと軽くなる、そしてワクワクすることをするようにしています。読者モデルを始めたのは子供に人生を楽しんでいる私の姿を見て欲しい、という思いがあったから。これからも『楽しそう!』と思ったことにはどんどん挑戦していきたいですね」


終始楽しそうにお話ししてくれた今西さん。「好きなことしかしてないから、遊びも仕事もつながっているんです」という、今西さんの言葉が素敵でした。

・Photo by:岸孝平
・Writing by:小野喜子

SHARE

今西千登瀬さんのスタイル手帖を見る

お部屋づくりに役立つ。素敵なインテリアのコーディネートレシピ集

今西千登瀬さんの他の記事を見る

合わせて読みたい、関連記事

ブランク お部屋事例集 スタイル手帖 あの人の暮らし バッグ トピックス ランプシェード カート 矢印 > 矢印 > facebook facebook WEAR_ロゴ