コラム

デザインと使いやすさを両立!夫婦のこだわりが詰まった洗面所&バスルーム【偏愛記録】

デザインと使いやすさを両立!夫婦のこだわりが詰まった洗面所&バスルーム【偏愛記録】
小林有里
小林有里
モデル・ジュエリーデザイナー

二人の姉妹の母でありながら、抜群のセンスとスタイルでフリーモデルとして活動。私服スタイリングや日々の暮らしを投稿したインスタグラムはフォロワー10万人超えと大人気。2013年にモデル業と並行して自身のジュエリーブランド「LILYS」を立ち上る。オーナー兼デザイナーとしても活躍している。

LILYS HP
・blog:小林有里オフィシャルブログ

こんにちは。最近断捨離にどハマりしている小林有里です。

必要だと思っていたものが、よく考えたら不要なものだった…という心の変化も面白いもので、隙間時間にあちらこちらの収納パトロールに大忙しな日々です。

さて、我が家のあれこれを紹介している連載も早いもので7回目となりました。今回は洗面まわりを掘り下げてご紹介します。

ごくシンプル&ごく普通な感じですが、小林家ならではのこだわりポイントを交えてお届けします。

洗面所は換気ができるルーバー付きのドアに

ルーバー付きドア

廊下からの眺めはこんな感じで3つのドアがあります。左側がトイレ。そして右側の白い扉が洗面所。我が家で唯一のルーバー付きのドアです。

ちなみにこちらはLIXILのショールームで見つけたもの!
我が家のドアは全てLIXIL製品ですが、ドアだけでもとっても種類豊富なので、ある程度お家のテイストを決めてから見に行くとスムーズに進みますよ。

ルーバー付きドア
洗面所の引戸はLIXIL「ラシッサS」通風タイプのクリエアイボリー

洗面所のルーバー付きの引戸。上中下3箇所のルーバーを自由に開け閉めできます。引戸を閉めたまま換気ができるので、水回りの空間に湿気がこもらず便利です。

実はこの引戸、夫のアイデアなんです!

「洗面所といえばコレだよね!」と言われて、その時は「好きなのを選んでいいよ〜」と、そこまで洗面所の扉にこだわりがなかった私も、今ではすっかりお気に入りになりました(笑)

室内ドア

他の部屋のドアは黒ですが、洗面所だけあえて白に。

このセレクトが正解でした! 我が家の廊下には窓がなく、自然光が届きにくい場所ですが、このドアのおかげで爽やかな雰囲気をプラスしてくれています。

限られた面積の洗面所を使いやすくする工夫

グレー壁紙の洗面所

中に入ると洗面はこんな感じです。
写真右上にちらりと写っている、洗濯機上の小さな収納は付けて大正解!これはマストでつけて欲しいという私の強い希望で、職人さんがわざわざ作ってくれたもの。

リノベーション前は洗濯機周りのゴチャつきに悩んでいたのですが、一気に解決!
とってもおすすめです。

グレー壁紙の洗面所

この空間を考える時、思いつきで「洞窟っぽくしようか!」なんて夫婦で話したのを覚えています。さすがに極端な話ですが…(笑)

落ち着いたシックな雰囲気にしようということで、壁と天井を同じ濃いめのグレーの壁紙に決めました。
モノトーンで統一しすぎると男前すぎてしまうので、収納の扉は全て木目にして柔らかさをプラスしたのもポイントです!

木工家具とモノトーンインテリア

モノトーン+木目はリビングも同じ。我が家の一つのテーマみたいなものですね。

温もりを感じる木の風合いは、どの空間にも少しずつ取り入れていきたいな〜と思いながら各部屋のデザインを考えました! これは夫婦共通の意見。子どもたちも温かみを感じてくれているはずです。

黒い床の風呂場

そして洗面所奥にある風呂場。ここにもちょっとしたこだわりポイントがあります。

限られたこの空間に少しでも広がりを持たせるために、洗面所と風呂場の床を黒で統一しました。扉を開けると洗面所と風呂場がひと続きの空間に見えるように思えませんか?

黒い床の風呂場

少しは続いているように見えますよ…ね?

どの部屋にも共通していることなのですが、モノを置かないということも空間を最大限に活かすポイントだと思っています。飾りを置かなくてもサマになるよう、水栓も少しデザインのあるものにして良かったです!

以上、我が家の洗面所の紹介でした。広さを変えることなく少しの工夫と収納をプラスすることで、とてもスッキリとミニマムな暮らしを実現することができました。

これからマンションのリノベーションやリフォームをお考えの皆さまの参考になったら嬉しいです。

【今月「衣」愛用品】紫外線対策アイテム

紫外線対策ファッションアイテム

じわりじわりと太陽のエネルギーを強く感じ始めました。

そう、夏と言えば紫外線の季節。肌の全て隠そうとすると、それなりの格好を覚悟しなければなりませんが、わたしはお洒落を楽しみつつ対策をしています。(来年黒子みたいな格好をしてたらすみません…)

ハット、キャップ、サングラス。毎年大活躍しているものから、今年追加してすでにヘビロテしているものまで。

NOCHINO OPTICALの偏光レンズサングラス

サングラスは太フレームやビッグフェイス、丸やら四角やら様々愛用しておりますが、特に出番が多いのは華奢なフレームの小ぶりレンズ。

中でも、今年出会った「NOCHINO OPTICAL (ノチノオプティカル)」(写真右上)の偏光レンズサングラスは本当に優秀!

小林有里の紫外線対策コーデ

紫外線を感じると色が濃くなりますが、室内や日影では淡いカラーのままなのです。マスクをしていても重たくないので大活躍しています。

marihojaのハット

このハットたちは「marihoja(マリホジャ)」のもの。どちらもドットをあしらったデザインなのですが、甘くなり過ぎずシンプルな服を格上げしてくれるので毎年本当に大活躍です。

小林有里の紫外線対策コーデ

リゾートはもちろん、街歩きにもぴったりなのです。

モノトーンのお洋服を、少し柔らかくしてくれるところもまた好きで、被っていると「どこの?」とよく聞かれるアイテムです。

紫外線対策のキャップ

そしてキャップ。これまで夏はハットばかりだった私ですが、この2つはコンパクトで被りやすくコーデにはまってくれる優れものなのです!

カジュアルな紫外線対策コーデ

カジュアルな週末コーデにも活躍しますし、最近始めたランニングのときも愛用しています。

はたまたモノトーンなジャケットスタイルのときに被っても、ハンサムなコーデになるのでは?..なんて想像を膨らませて楽しんでいます。

夏の強い紫外線は避けたいけど、お洒落も諦めたくないですよね。お気に入りアイテムで今年の夏も楽しみながら対策していきたいと思います。

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

ブランク お部屋事例集 スタイル手帖 あの人の暮らし バッグ トピックス ランプシェード ランプシェード カート コラム カート 矢印 > 矢印 > 矢印上 下矢印 × プラス facebook facebook WEAR_ロゴ