スタイル手帖

キナリモダン

【KINARI MODERN 02】私の時間、ふたりの時間に、心地よいくつろぎ空間

【KINARI MODERN 02】私の時間、ふたりの時間に、心地よいくつろぎ空間
Living Deli編集室
Living Deli編集室
LIXILインテリア事業部

ドアや床、収納を開発しているLIXILインテリア事業部のメンバーがお送りします。商品紹介ページには掲載していないコーディネートや組み合わせ方のコツなど、思いを込めてご紹介していきます。

LIXILのデザインスタイルに新スタイル「KINARI MODERN(キナリモダン)」が登場。

2022年4月に誕生したばかりの新商品「ラシッサD キナリモダン」でつくるコーディネートをLiving Deli編集室よりお届けします。

組み合わせた家具や小物についての詳細はコラムをご覧ください。


【関連記事】
【2022年4月新商品】キナリモダンでつくる“心地よいくつろぎ空間”に合わせる家具・小物カタログ

日本の文化や価値観を原点にした新レーベル「キナリモダン」

LIXILラシッサD「キナリモダン」

好きなのは、素顔の時間に気持ちよく使えるもの、こだわりが込められたもの。
作り手の思いに共感したものを、長く使い続けたい。

感性を大切にした暮らしは心地よく、何よりも”私らしい”時間ですよね。

素のままの表情を活かすピュアな美しさ=「生成り(きなり)」、
現代の暮らしに似合う新スタイル=「モダン」が、「KINARI MODERN(キナリモダン)」の名前の由来。

今回はそんな思いから生まれた「ラシッサD キナリモダン」を使って、木の自然な濃淡に単色を組み合わせた心地よいくつろぎ空間「KINARI MODERN 02」のコーディネートをご紹介します。

ゆったりとほぐれた心でうちとけ合って過ごす「こころとく」空間

LIXILラシッサD「キナリモダン」

「KINARI MODERN 02」は、木の持つ自然な濃淡をイメージした床材や、縦を基調としたシンプルなデザインの建具や格子をベースにしたコーディネート。

余白部分に取り入れたなじみよい単色アイテムと木目が互いを引き立て合う、モダンな印象の空間です。

「ラシッサ Dフロア」ワイドローズチェリーF
床材は「ラシッサ Dフロア」ワイドローズチェリーF(LIXIL製品)

シンプルなグレーの扉や、幅広でコントラストのある木目の床材で構成した空間は、ゆったりと落ち着く雰囲気。

格子に合わせて引戸も縦のラインを意識してコーディネートすれば、清潔感のあるすっきりとした印象に仕上がります。

そこに高さを抑えた丸みのあるデザインの家具を組み合わせてソフトな要素を加えれば、ぬくもり漂うお部屋に。

シンプルだからこそ、一つひとつの素材が活きています。

キナリモダンの新色。 ほんのりモダンに仕上がるやさしい単色の室内ドア

引戸は「ラシッサD キナリモダン」の新色「ソフトグレー」
引戸は「ラシッサD キナリモダン」の新色「ソフトグレー」。引手部品がつかず、縦に通った溝部分を引手として使う新デザイン。すっきりした見た目が魅力(LIXIL製品)

今回の空間のポイントとなる単色の室内ドアたち。
この単色は日本になじみのあるものをベースにして生まれた色なんです。

引戸に使用した新色「ソフトグレー」は「絹鼠(きぬねず)」という着物などに使われる上品で落ち着きのある灰色をイメージしたもの。木目との相性もよい色です。

ドアは「ラシッサD キナリモダン」の新色「ソフトモーブ」
ドアは「ラシッサD キナリモダン」の新色「ソフトモーブ」。金物は馴染みのよいシャインニッケル。スリットガラスから光が透ける姿が印象的(LIXIL製品)

新色「ソフトモーブ」は、江戸時代に梅を染料にして染め上げていた「梅鼠(うめねず)」という色をもとにしたほんのり赤みのある優しいグレー。

ほのかな色合いが空間の優しいアクセントになります。

仕事もプライベートも好きなものに囲まれたゆったりとした空間で

新商品「インテリア格子」の「コウノキ」ワークスペースとリビングを仕切るアイテムは新商品「インテリア格子」の「コウノキ」(LIXIL製品)

家族がそれぞれの時間を過ごすとき、お互いの充実した時間をさりげなくつないでくれるのが新商品「インテリア格子」。

空間に壁を作るのではなく、ゆるやかに仕切るように、リビングの一角にワークスペースを設けました。

インテリア格子の色は「コウノキ」。「コウノキ」は桂(カツラ)の別名で、日本ではなじみ深い樹種です。

それぞれが好きなことをしながらも格子越しに気配を感じることができると、集中できるだけでなく安心感もありますね。

 デスクカウンターとキャビネットは「ヴィータス」のプレシャスホワイト
デスクカウンターとキャビネットは「ヴィータス」のプレシャスホワイト。壁のタイルは「エコカラットプラス」和細工の薄墨。和紙の素朴でやわらかな質感と木目を組み合わせてアレンジしたデザイン(全てLIXIL製品)


ワークスペースの広いデスクカウンターは収納シリーズ「ヴィータス」のもの。
ホワイトのカウンターのラインがアクセントになっています。棚には、ふと見上げたときに気分がよくなるような小物を並べてお気に入りのスペースに。

雰囲気を変えるために壁にはタイルを施しました。
こうすることでオンオフの気分も切り替えやすくなります。

「アクセント畳」のグレージュ
リビングに敷いたのは「アクセント畳」のグレージュ。簡単に運べて置ける便利なアイテムです(LIXIL製品)

リビングはあたたかい日差しが差し込んでいて、自分磨きの時間も充実するスペース。

自由に配置できる「アクセント畳」を使ってヨガタイムなんていかがでしょうか。裏面は滑り止め加工が施されているので、ずれる心配もなく安心です。

やっぱり落ち着く畳の手触り。
すーっと深呼吸すれば、心も身体もほぐれてリフレッシュできそうです。

私だけの時間を過ごす場所には、こだわりを活かして

「インテリア格子」の「コウノキ」。床材は「ラシッサ Dフロア」
間仕切り壁に設けたのは「インテリア格子」の「コウノキ」。床材は「ラシッサ Dフロア」の「チェスナットF」(全てLIXIL製品)

落ち着いた色味で統一した寝室。インテリア格子の向こうにはデスクがもう一つあります。

私だけの時間を過ごせる場所も、ときには必要。
テレワークの普及で、寝室やリビングに集中できるワークスペースを設けたという方も多いはずです。

コーディネートは、上品で落ち着きのある薄いグレーと、やさしいニュアンスのあるグリーンの壁紙を組み合わせました。棚や引戸枠のホワイトは引き締め役として、同時にさわやかさもプラスします。

やわらかな表情の木目は空間全体を調和する役目も。

引戸は「ラシッサD キナリモダン」の「ソフトグレー」
引戸は「ラシッサD キナリモダン」の「ソフトグレー」(LIXIL製品)

朝目覚めたとき、きれいな色の壁紙が映えるこの景色が目に入ると、清々しい気持ちで1日がスタートできそうですね。

デスクは「シートカウンター」の新色「コウノキ」
デスクは「シートカウンター」の新色「コウノキ」。インテリア格子もコウノキで合わせてコーディネート。クローゼットは「ラシッサD キナリモダン」の「ソフトグレー」(全てLIXIL製品)

インテリア格子を間仕切り壁の一部として使用し、壁に向かうようにデスクを設けました。
こうして仕切ることで、ベッドルームからデスク周りへ自然に気分も切り替わります。

デスクに使用したのは「シートカウンター」。
コウノキの繊細な木目とやわらかな色合いは、お部屋に穏やかな印象を与えてくれます。

「アクセントボード」の新色ソフトモーブデスク横には「アクセントボード」の新色ソフトモーブ(LIXIL製品)。

このデスクで何をしよう。自分専用の場所って、なんだかわくわくしますよね。

使い慣れたステーショナリーで友人にあてて手紙を書いてみたり、もちろん仕事も集中できます。メイク道具を置いたら自分磨きがはかどりそう。

デスク横に設置した「アクセントボード」はマグネットがくっつくアイテム。写真や小物を飾れば、お気に入りのスペースに仕上がっていきます。

マグネットなので、気分が変わるたび気軽にレイアウトをチェンジできるのも嬉しいポイント。ここはお気に入りだけに囲まれる場所。

自分の感性を大切にした暮らしをおくる人へ

LIXILラシッサD「キナリモダン」

「ラシッサD キナリモダン」の単色アイテムがポイントになった、心地よいくつろぎ空間「KINARI MODERN 02」のコーディネート。

それぞれの時間を大切に、ゆったりとほぐれた心でなごやかにうちとけ合って過ごす「こころとく」空間、いかがでしたか?

新しい時代の中で私が“私らしく”暮らし続けられる住まいのかたちとは、どのようなものでしょうか。

一度見つめなおしてみると、大切にしたいものの輪郭が見えてくるかもしれません。
自分の感性を大切に、すてきな暮らしを見つけてくださいね。


* * *
ラシッサD キナリモダンの商品ページはこちら

この記事に
登場する製品は
こちら

製品は
こちら

ブランク お部屋事例集 スタイル手帖 あの人の暮らし バッグ トピックス ランプシェード ランプシェード カート コラム カート 矢印 > 矢印 > 矢印上 下矢印 × プラス facebook facebook WEAR_ロゴ