コラム

【あか抜けコーデ】カーテンであか抜けた部屋に!カーテンの素材、色、柄の選び方ガイド

【あか抜けコーデ】カーテンであか抜けた部屋に!カーテンの素材、色、柄の選び方ガイド
荒井詩万
荒井詩万
インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター。「CHIC INTERIOR PLANNING」代表。戸建住宅やマンションのインテリアコーディネート・リフォームなどを数多く手がけるほか、大妻女子大学非常勤講師や町田ひろ子アカデミー講師、TV出演など幅広く活躍。著書に『今あるもので「あか抜けた」部屋になる。』(サンクチュアリ出版)がある。

・Blog:インテリアコーディネーター荒井詩万のブログ

皆さんはカーテンをどのように選んでいますか? カーテンは部屋の中で大きな面積を占めるので「どんなカーテンにしようかな?」と悩みますよね。

そこで今回はカーテン選びのポイントについて、インテリアコーディネーター荒井詩万がお答えします!

カーテンと窓はジャストサイズが鉄則!

ご自宅のカーテンの幅と丈は、窓のサイズにぴったり合っていますか?短かったり、長すぎたり、幅が合っていなかったりするカーテンを使っている人って実は多いのです。

「サイズが合わないけど、前に使っていたものでいいか」「測るのが面倒だし、とりあえずこれでいいか」と、そのまま何年も経っていませんか?

どんなにセンスよく小物を飾っていても、カーテンのサイズが合っていないだけで、一気に部屋が残念な印象になってしまいます。

例えば、ファッションで考えてみましょう。

サイズが小さくて、胸元がはじけそうなシャツを着ていたらどうでしょう?それが高級ブランドの服だとしても、全然おしゃれに見えませんよね。一方、ファストファッションでもジャストサイズの服を着ていると、すっきり着こなしている印象になります。

カーテンも同じです。必ずサイズを測って、窓にぴったり合ったカーテンを取り付けてください。

リビングのカーテンは、シンプルなデザインが◎

家族やお客さんが集まる場所、特にリビングダイニングは広く明るく見せたいですよね。

そのためには白やベージュ系で、柄は無地やシンプルなカーテンにするとさらっと部屋に溶け込み、部屋を広く明るく見せる効果があります。

どんなインテリアにもマッチするのも、淡い色の良いところです。カーテンを部屋に馴染ませたい場合はシンプルなものを選びましょう。

個性を演出するなら“柄入りカーテン”を!

個性的な空間にしたいなら大胆な色使いや柄ものが良いでしょう。

個性的なデザインのカーテンは、寝室や子供部屋などのプライベート空間におすすめです。リビングダイニングとは違う雰囲気を楽しめます。また、小さい窓ならまるで壁に絵画がかかっているように見せられます。

「色つきや柄ものを選ぶのが難しい!」という人も多いですよね。カーテン選びのポイントは、部屋にあるものと共通の色が入ったカーテンにすること。

例えば、ベッドカバーやラグ、小物などに赤“が入っていたら、柄に赤”が入ったカーテンを選びます。赤以外の色が入っていたとしても、共通の色が入っていれば派手な色でも浮きません。

寒い季節は、カーテンで防寒対策を

しんしんと冷える冬。いくら暖房で室内を温めても、その熱の半分は窓から流出するそうです。

窓にぴったりなサイズでカーテンをつけることで、外の冷気が入り込むのを防ぐ効果があります。カーテンにより、窓ガラスとカーテンの間に空気の層ができ、それが断熱材の役割を果たしてくれます。

厚地カーテンにする、ヒダをたっぷりとる、さらには裏地をつけることで、より断熱性や保温性が高まります。お気に入りのカーテンに後から取り付けできる裏地もあるので、ぜひ取り入れてみてください。

カーテンはデザイン性だけでなく機能性もあるアイテム。ぜひ、上手に取り入れてあか抜けた部屋にアップデートしましょう!

 

▼今回ご紹介したポイントをもっと詳しくご覧になりたい方はこちら

『今あるもので「あか抜けた」部屋になる。』(サンクチュアリ出版 )

今回紹介したポイントを、さらに活用するコツやその他のあか抜けテクをご紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

ブランク お部屋事例集 スタイル手帖 あの人の暮らし バッグ トピックス ランプシェード ランプシェード カート コラム カート 矢印 > 矢印 > 矢印上 下矢印 × プラス facebook facebook WEAR_ロゴ