レンジフードって交換する必要あるの?意外と知らない形式と費用

レンジフードって交換する必要あるの?意外と知らない形式と費用

最近レンジフードの効きが悪いと感じていませんか?もしかしたら交換時期を迎えているかもしれません!今回はあまり知られていないレンジフードの基礎知識や設置パターン、気になる交換工事についてご紹介します!

1. レンジフードを交換するために知っておきたい基礎知識

レンジフードはコンロ上にあるファンとカバーが一体型になった設備です。フードと呼ばれる、カバー部分がコンロを覆うことで、調理中に発生した、煙や臭い、油分を排気します。

中には、空気を入れ替える給気機能を搭載したモデルもあるので、調理を快適なものにしてくれる存在です。

レンジフードの形式について

レンジフードは簡単にファンとフードがセットになったものですが、作りやパーツによって種類がさまざまです。パーツごとの違いについてご紹介します。

ファンの種類

レンジフードに用いられるファンは主に3つです。

【プロペラファン】
換気扇と聞いてまず思い浮かぶ、羽のようなプロペラが特徴のファンです。換気量が高く、直接外へ排気をするタイプなので、戸建住宅で広く採用されています。外の風を受けやすく、止まってしまうこともありますが、比較的安価で、取り外しが簡単な点があります。
【シロッコファン】
プロペラファンとは違い筒のような形状で、ダクトを使って排気をおこないます。換気量はプロペラファンには及びませんが、空気を押し出す力が強いので、外の風に影響されにくいです。外に直接排気する必要がないので、高層マンションなど集合住宅に適しています。
【ターボファン】
形状はシロッコファンに近いですが、機能的に先に説明した2つの特徴を備えています。3つの中で、1番効率の良いファンと言われていますが、最近ではあまり用いられなくなりました。ダクトファンや薄型のレンジフードでは度々見かける仕様です。

フードの形状

キッチンの形式が多様化していることもあって、フードの種類もたくさんありますが、基本となる形状は3つです。

【ブーツ型】

広く普及しスタンダード型とも呼ばれる形です。掃除がしにくい欠点がありますが、煙を集めやすく、あらゆるキッチンに取り付けられる形状です。

【スリム型】

インテリア性の高いデザインで、人気を集めています。シンプルな形は油汚れがつきにくく、掃除が簡単です。

【フラット型】

他の2種類に比べあまり見かけないタイプですが、薄型なので天井高が低い場合に取り付けられます。

レンジフードはファンやフードにより、性能や掃除のしやすさが大幅に変わるので、重視したいポイントを意識しながらチェックしてみましょう。

その他交換についての知っておきたい知識

レンジフード設置義務

レンジフードのデメリットは掃除がやや面倒なこと。キッチンに窓があり、十分に換気ができる環境なら、取り付けたくないと思う方もいらっしゃるのではないでしょか?

しかし、ガスコンロなど火を扱う調理器具をキッチンに取り付けた際は換気設備を設けることが法で定められています。

IHの場合、火を扱うわけではありませんが臭いも気になりますし、衛生的でもないので取り付けましょう。上昇しない煙を吸い込む機能が搭載されたIH専用レンジフードもあるので、ビルトインコンロを交換する際などに合わせて確認をしてみてください。

コンロとの連動機能

コンロの種類によっては、点火に合わせて自動でレンジフードの運転をおこなうモデルがあります。ほとんどの場合、コンロに搭載された機能ですので、希望される場合はコンロを交換する際に確認しましょう。

レンジフードの交換の目安

使用する頻度や状況によっても異なりますが、レンジフードはだいたい8年~10年が交換の目安となっています。こまめに掃除をしていても、モーターの劣化は避けられません。

多くの場合、徐々に換気力が低下していき、異常音が聞こえるようになってから、最終的には止まってしまいます。時期が近付いてきて少しでも異変を感じたら、交換を検討しましょう。

2. フードを選ぶときにおさえる2つのポイント

レンジフードの交換には、ご自身の生活スタイルと共に、法律やキッチンの状況に合わせて取り付けられるタイプが異なります。交換を意識し始めたら下記項目をチェックしてみてください。

キッチンのレイアウト

レンジフードはキッチンのレイアウトによって、取り付け方が変わります。それぞれの特徴をご説明します。

壁付型レンジフード

  • 壁付型レンジフードのおすすめポイント
  • ・工事時間が短い
  • ・費用がおさえられる
  • ・騒音があまり気にならない

クローズドキッチンや壁付きのキッチンに用いられるレンジフードです。壁と天井、どちらにも接しており、比較的簡単に取り付けができるので工事時間が短いです。簡単に取り付けられ、必要なパーツも少ないので、費用も安くおさえられます。

また、クローズドキッチンや壁付きのキッチンに用いられる構造上、共用のスペースへの音はそこまで気になりません。デザイン性については、レンジフード単体で考えるとあまり高くありません。ただ、戸棚などと一体になっているので、目立ちにくさに長けていています。壁付き型のレンジフードでおしゃれに仕上げたい場合はスリム型がおすすめです。

横壁付型レンジフード

  • 横壁付型レンジフードのおすすめポイント
  • ・レンジフードが目立ちやすい
  • ・高いデザイン性にレンジフードを採用することでおしゃれな印象に

アイランド型の対面キッチンに用いられるレンジフードです。壁付型レンジフードと比べると、壁に接する面が一箇所しかなく、取り付けに時間がかかる場合があります。そのため、工事時間と費用が若干増します。

対面キッチン全般に言えることですが、オープンになりレンジフードの操作音は気になる場合があります。その分レンジフードが目立つこともあり、特徴的なレンジフードを取り付けることで、おしゃれな印象になります。

天吊型レンジフード

  • 天吊型レンジフードのおすすめポイント
  • ・レンジフードがより目立ちやすい
  • ・洗練された印象になる
  • ・高性能モデルが多い

壁に面していない、アイランド型キッチンに用いられるレンジフードです。天井1点でレンジフードを吊るすので、工事時間がかかります。工事時間がかかるのと同時に天吊型は広範囲の換気をおこなうため、高機能モデルが多く3タイプの中で最も高額なスタイルです。

騒音面については横壁付型と同様に、気にされる方がいらっしゃいます。少しでも音をおさえたい場合は静音モデルを検討しましょう。デザイン性はレンジフードのインパクトがより強くなるので洗練された雰囲気になります。

サイズ

レンジフードは横幅と高さにサイズがあります。設置する箇所の状況に合わせて調節します。

レンジフードの横幅

レンジフードの横幅は国内ですと以下の3パターンが共通規格として設けられています。

  • ・60㎝
  • ・75㎝
  • ・90㎝

消防法で、設置しているコンロ以上の横幅のレンジフードを取り付けることが定められています。75㎝幅のコンロは75㎝か90㎝のレンジフードが取り付けられますが、大きめのサイズを取り付けるのが一般的です。

レンジフードの高さ

高さにも法令上の規定があり、コンロからレンジフードのまでの距離が80㎝以上、100㎝以内に設置しなくてはなりません。距離が近すぎる場合はフラット型のレンジフードを設置すると良いでしょう。

逆に天井高がある場合は専用の延長横幕板で長さを出すことも可能です。身長に合わせて選択するのがポイントです。

3. そろそろ?と思ったときが交換時期

レンジフードは他の設備に比べ、故障や不備を見落としやすい製品です。戸建住宅の場合も盲点だったと振り返る方が少なくありません。あまり意識することがないものの、「そろそろかな?」と感じたら、お早めに交換を検討してみてください。

リクシルではリフォームに不慣れな方でも手軽に始められる、リクシルPATTOリフォームをご用意しています。リフォームに興味があるけど費用が心配、そもそも交換の必要があるのかまですぐに解決致します。

スリム型のレンジフードでおしゃれなキッチンに

レンジフードの場合は約8万円 ~12万円(*参考価格)の費用で、
交換工事は最短2時間*で対応可能です。

WEBでカンタン問い合わせ
いつでもお問い合わせください!

※こちらの価格は、2016年11月時点において、全国の“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップの中から無作為に抽出したショップに対する実勢価格の調査をもとに、調査結果の価格データの上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。(消費税別)住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。商品仕様により価格が異なる場合があります。詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。
※現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので、目安とお考えください。

[PATTOリクシル]と[リクシルPATTOリフォーム]は株式会社LIXILが提供するリフォームサービスの名称です。