窓を内窓・二重窓にリフォーム!
内窓・二重窓の交換費用や基礎知識について

内窓、または二重窓とは、既存の窓の内側にもう1枚、窓を取り付けたもののことです。通常の窓よりも防音性、断熱性が高く、防犯の面でも強くなります。そんな高性能な内窓へのリフォームにかかる費用、内窓についての知識をご紹介いたします。

1. 内窓、二重窓とは?

内窓は二重窓ともいわれる、窓ガラスを2列配置したもののことです。複層ガラスまたはペアガラスとよく間違われますが、複層ガラスは2枚のガラスで構成したもののことで、内窓とは異なります。

内窓、二重窓とは

内窓の例です。現在の窓に追加で設置された窓を内窓(二重窓)と呼びます。

また、内窓は特に寒い地方で採用されている窓で、断熱性に優れています。最近では防音性、結露によるカビの抑制などに優れていることから、全国各地に広まりました。

2. 内窓の持つ4つのメリット、3つのデメリットについて

内窓の持つ4つのメリットと、3つのデメリットについてご紹介いたします。

内窓の4つのメリット

内窓のメリットは次の4つになります。

  • • 断熱性が高い
  • • 防音性が高い
  • • 結露しにくい
  • • 防犯性が高い

これらのメリットは、内窓の構造によって生み出されます。
窓を2枚にすることにより部屋の気密性が高まり、断熱性を高めます。また気密性が上がることから、防音性も同時に高まります。
また窓が2枚になるため、外気によって冷える窓と室内の温かい空気に触れる窓が分かれ、結露を抑制することができます。その結果、防カビ効果が期待できます。
さらに、窓が二重になることで空き巣など犯罪者が侵入しづらくなります。侵入しづらい家は中に入るまでに時間がかかるため、発見や通報されるリスクが高まり、結果、防犯性が高くなるということです。

内窓の3つのデメリット

内窓のデメリットは下記の3つです。

  • • 普通の窓よりも価格が高い
  • • 気軽に換気ができない
  • • 掃除が大変

一番のデメリットは、通常の1枚窓よりも価格がどうしても高くなる点です。内窓の相場や工賃については、次の項目で紹介いたします。
また窓が二重になることから、1枚窓と比較すると窓を開けきるまでに多少時間がかかります。室内の換気をパッと行えないというデメリットになります。
同時に、窓を2枚掃除する必要があるということもデメリットの1つです。特に、外側にテラスなどがない位置の内窓は、安全性を考慮すると掃除が不可能になることもあります。

3. 内窓に使う窓の種類について

内窓に使う窓ガラスの種類についてご紹介いたします。リフォームする際に窓ガラスをキチンと選べば、望んだ効果をより確実に得られます。

遮熱高断熱複層ガラス

室外側のガラスを「遮熱高断熱特殊金属膜」というものでコーティングしたガラスです。この特殊金属膜により、紫外線、日差しをカットし、結露を抑制します。

高断熱複層ガラス

室内側のガラスを特殊金属膜でコーティングしたガラスです。太陽の熱を取り込むことで室内の温度を保ち、暖房効率を上げることができます。

複層(ペア)ガラス

2枚のガラスの間に、中空層を持たせたガラスです。中空層には乾燥空気やアルゴンガスを閉じ込める、または真空状態にすることで、通常のガラスよりも倍の断熱効果を持ちます。

防音合わせガラス

2枚のガラスの間に、吸音効果のある中間膜を挟んだガラスです。音の振動を熱に変えることで遮音する、という仕組みです。

内窓のリフォームでどの窓ガラスが使えるか、他の種類があればどういう効果があるのか、事前に聞いておきましょう。

4. 内窓へのリフォームにかかる費用、工期について

次は内窓へのリフォームにかかる費用や工期についてです。リクシルPATTOリフォームを例にご紹介いたします。

サイズ別費用の違い

引き違い戸でも小窓、中窓、大窓と大きさがあるのが分かると思います。内窓へのリフォームはサイズによって異なります。サイズや費用(商品代+工事費)を表でまとめました。

小窓 中窓 大窓
サイズ
(高さ×幅cm)
60~100×100~150100~140×150~200190~245×200
費用の相場
(*参考価格)
約5~6万円約6~7万円約10~12万円

キッチンやお風呂の小窓は約5~6万円(*参考価格)で済みますが、ベランダや庭に続く大窓となると、小窓のおよそ2倍の費用がかかってきます。さらに住宅の構造や条件により、商品代、工事費が異なるようです。注意しましょう。

※こちらの価格は2016年8月時点関東地域の実勢価格の一例です。詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。(消費税別)
※住宅の構造や条件により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※引違い窓以外の品種も用意しています。詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

また、引き違い窓以外も取り扱っていることもあるため、単に内窓にするだけでなく、部屋のリフォームの一環として考えるのもよいでしょう。どこをリフォームしたいのか、どれほどの予算が必要か、そもそもリフォームは可能かをリフォーム会社としっかり相談しましょう。

5. マンションで内窓のリフォームを行う際の注意点

戸建ての窓であれば、構造上の問題さえクリアしてしまえばリフォームが可能です。しかし、マンションには「共有部」「専有部」という特有の問題があります。

マンション特有の「共有部」「専有部」

戸建と違い、マンションは基本的にご自身の世帯以外の方も住んでいます。そのため、他の方と共有する施設や場所などがあります。駐輪場、廊下、階段やエレベータなどです。そういった共有する部分を「共有部」と呼び、自己判断でリフォームすることはできません。

逆に、自室など他の方と共有していない場所は「専有部」といいます。基本的には自己判断でリフォームが可能ですが、マンションの規約の問題であったり、工事内容によっては左右上下の部屋に迷惑がかかったりするため、注意が必要です。

マンションを内窓にリフォームするにはどうしたらよいか

先ほど説明した通り、共有部は自己判断でリフォームすることはできません。必ず管理組合などに確認を取りましょう。
また専有部であっても、マンションの規約によってはリフォームができないということもあります。規約でリフォームが可能かどうかを確認しましょう。分からなければ一度、マンションの管理組合に相談しましょう。

6. 内窓が気になったらリクシルPATTOリフォームへ

室温の保温だけでなく防音効果が高いということで、北国から全国各地に広まった内窓。その構造から防カビ、防犯効果もありますが、最近では遮熱やUVカット機能を持ったガラスもあり、とにかく多機能、高性能になりました。
リクシルPATTOリフォームなら最短1時間*の工事で、すぐに内窓を設置できます。内窓は寒い地方、寒い季節だけのものと無視せず、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか?

※現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので、目安とお考えください。
※1こちらの価格は、2016年11月時点において、全国の“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップの中から無作為に抽出したショップに対する実勢価格の調査をもとに、調査結果の価格データの上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。
※2こちらの価格は、2017年4月時点において、全国の“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップの中から無作為に抽出したショップに対する実勢価格の調査をもとに、調査結果の価格データの上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積もりになります。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。(消費税別)住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。商品仕様により価格が異なる場合があります。詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。
※3鍋の材質・鍋底の形状・大きさなどにより使えないものもあります。
※4ご使用されている他の電化製品の種類や量により異なります。200Vの電気工事は必要です。

[PATTOリクシル]と[リクシルPATTOリフォーム]は株式会社LIXILが提供するリフォームサービスの名称です。