置き畳とは?置き畳の種類や設置に適した部屋を解説

置き畳とは?置き畳の種類や設置に適した部屋を解説

洋室を和室のような雰囲気にしたいという方には、置き畳がおすすめです。そこで今回は、置き畳を設置する前にどんな置き畳があるのか、種類や設置方法についてご紹介します。置き畳の機能性や利便性を活かして、快適な生活空間にしましょう!

1. 置き畳とは

置き畳とは

置き畳はユニット畳やシステム畳とも呼ばれ、置きたいスペース分だけ置くことができる畳のことです。サイズは半畳タイプのものが主流で、おおよそ82×82㎝くらいです。また、和室の畳と比べて厚みも薄く、おおよそ15㎜ほどです。軽く、小さいので持ち運びしやすく、フローリングのみの住宅でも簡単に設置できることがほとんどです。

2. 置き畳の種類

置き畳は和室の畳に比べ、サイズやデザイン、柄が豊富です。ここでは、まず置き畳の素材に注目して、置き畳の種類をご紹介します。置き畳の素材の種類は、主に次の3つです。

  • ・イ草の畳
  • ・和紙織りの畳
  • ・化学表の畳

イ草の畳

単子葉植物イグサ科の植物である「イ草」を使用した畳です。古くから和室の畳に広く使用されてきた、最も馴染みのある素材といえます。イ草には抗菌作用や空気清浄機能があり、イ草の畳を置くことで室内の湿気を調節し、空気をきれいにしてくれます。畳の値段や品質は、イ草の産地や織り込まれるイ草の本数などによって変わってきます。

和紙織りの畳

イ草の代わりに、畳表に和紙を使用した畳です。イ草の畳のように日焼けせず、また摩擦に強く、耐久性に優れています。撥水加工が施されていることが多く、水をこぼしてもシミや汚れになりにくいという特長もあります。さらに、防ダニ・防カビ性能にも優れているので、衛生的です。

化学表の畳

イ草の代わりに、化学製品で作られた畳表を使用した畳です。一例として、プロピレンを重合させた熱可塑性樹脂を使用した畳などがあります。化学表の畳はダニやカビが発生せず、日焼けや変色に強いため、長期間使用可能なのが特長です。

以上が置き畳の基本的な素材による種類です。さらに置き畳の種類について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

3. 置き畳の設置方法

置き畳の設置方法

置き畳の設置方法はとても簡単で、置きたい場所に置くだけです。部屋の間取りに合わせて置き畳を複数枚組み合わせ、設置していきます。置き畳は半畳が主流なので、置き畳2枚で通常の畳1枚分として計算し、必要な枚数分を置きます。

置き畳は裏面に滑り止め加工がされているため、安定して設置できます。ただし、柔らかい床面や凸凹した床面では設置しにくい場合があります。設置する場所は、なるべく平らで凹凸の少ないところにしましょう。

以上が置き畳の基本的な設置方法です。さらに、リビングなどで置き畳を設置する際の注意点を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

>> リビングの置き畳についてさらに詳しく知りたい方はこちら!<<

4. おすすめの置き畳をご紹介!

リクシルPATTOリフォームでおすすめの置き畳をご紹介します。

おすすめの置き畳をご紹介!

リクシルPATTOリフォームの置き畳は、新素材(樹脂コーティング加工の和紙)を使用した高機能な置き畳です。カビ・ダニの発生を抑え、日焼けや色あせに強いのが特長です。耐久性も高く、お手入れも簡単です。豊富なカラーラインナップを取り揃えているので、理想の置き畳がきっと見つかるでしょう。

リクシルPATTOリフォームの置き畳は施工費込みで以下の価格です。

  • 置き畳 … 約2〜7万円(*参考価格)

※価格は、ユニット畳2枚(820×1640)~6枚(1640×2460)の場合。
※こちらの価格は、2017年12月時点において、全国の“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップの中から無作為に抽出したショップに対する実勢価格の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

5. 置き畳へのリフォームをするならリクシルPATTOリフォームへ

置き畳はサイズやデザイン、柄などの種類が豊富な上、設置が簡単です。「室内のイメージを変えたい」「和室が欲しいけど十分なスペースがない」という方はリフォームを検討されてはいかがでしょうか?

リクシルでは手軽にリフォームができる、リクシルPATTOリフォームをご用意しています。
リフォームに興味があるけど費用が心配、そもそも交換の必要があるのかといったお悩みもご相談できます。リクシルPATTOリフォームでの置き畳のリフォーム費用は以下の通りです。

置き畳 … 約2〜7万円(*参考価格)

交換工事は最短1時間~*で対応可能です。少しでも興味があればまずはお気軽にご相談ください。ご要望に合わせたご案内をさせていただきます。

*現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので、目安とお考えください。

※価格は、ユニット畳2枚(820×1640)~6枚(1640×2460)の場合。
※こちらの価格は、2017年12月時点において、全国の“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップの中から無作為に抽出したショップに対する実勢価格の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

[PATTOリクシル]と[リクシルPATTOリフォーム]は株式会社LIXILが提供するリフォームサービスの名称です。