レンジフードとは?種類や換気扇との違い、整流板などパーツについて解説

レンジフードとは?種類や換気扇との違い、整流板などパーツについて解説

「レンジフード」と聞くと大きな覆いのついたものをイメージする方も多いと思いますが、実は様々な種類があります。また「換気扇」との違いを疑問に思った方もいるでしょう。そこで今回は、レンジフードとはどんなものなのか、換気扇との違いやレンジフードの種類などについてご紹介します。

1. レンジフードとは?換気扇とはなにが違う?

レンジフードとは

レンジフードとは、コンロ上方にコンロを覆うように設置されたフード(カバー)と調理により発生する油煙や臭いを吸い込み、屋外へ排気するためのファンが一体となったものです。コンロ上方がフードに覆われることで、調理の煙や臭い、油分を効率よく吸い込むことができます。

レンジフードと換気扇の違いは?

レンジフードと換気扇の主な違いは次の6つです。

  • 1.レンジフードにはダクトとフードがあり、換気扇にはどちらもない
  • 2.代表的なレンジフードのファンは筒状、縦長の羽に対し、換気扇のファンはプロペラ型
  • 3.レンジフードはダクトを使うため設置場所を選べるが、換気扇は直接壁面に取り付ける
  • 4.レンジフードは換気扇と比べ汚れにくく、見栄えが良い
  • 5.換気扇は音が大きく、未使用時に外から室内が見えたり音が漏れたりすることがある
  • 6.レンジフードは外風の影響を受けずに排気できるが、換気扇は外風の影響を受けやすい

レンジフードは「フードのデザイン」と「ファンの種類」が違い、それぞれ大きく分けて2種類あります。
レンジフードの種類や特長について、次の項目でさらに詳しくご紹介します。

2. レンジフードのデザイン

レンジフードは大きく分けて次の2種類です。それぞれの特長を解説します。

  • ・スリム型
  • ・ブーツ型

スリム型

スリム型

シンプルな形で、デザイン性が高いのが特長です。レンジフード内の溝やつなぎ目を極力なくすことで、拭き掃除のしやすい構造にしているものや、その他にも「ノンフィルタータイプ」といった掃除の手間を減らす工夫が凝らされた製品も存在します。

リクシルPATTOリフォームでもスリム型レンジフードを取り扱っていますので、スリム型への交換を検討されている方は、ぜひチェックしてみてください。

ブーツ型

ブーツ型

調理の煙を集める性能が十分にあり、広く普及しているタイプで、スタンダード型とも呼ばれています。

3. レンジフードのファンの種類

レンジフードのファンには大きく分けると2種類のタイプがあります。それぞれの特長を解説します。

  • ・シロッコファン
  • ・プロペラファン

シロッコファン

シロッコファン

筒状の本体に細かい羽根がついており、ダクトを使って排気するファンです。ダクトで排気するため、比較的自由な場所に設置できます。また、排気する力が強いため外の風に影響されにくい点もメリット。風が強い高層マンションや、外からの風を防ぎたい高断熱・高気密の住宅にもおすすめです。

プロペラファン

プロペラファン

プロペラファンは扇風機の羽のような形状をしています。排気が通るダクトはなく、壁に直接取り付けて、屋外に煙などを排出する仕組みです。また、比較的安価で販売されています。ファンが直接外とつながっているので、外から風が入ってきたリ、風が強いと排気が止まったりする可能性があります。

>> レンジフードの交換を検討中でさらに詳しい情報が知りたい方はこちらへ!<<

4. その他レンジフードパーツの用語をご紹介

レンジフードの「整流板」とは?

レンジフードの「整流板」とは?

「整流板」はレンジフード本体の真下についている板のことです。この整流板は、油・煙の吸引力をアップさせるためについています。吸い込み口をあえて狭くすることで吸い込む力が強くなり、油・煙などの吸収量・吸引スピードが向上します。

リクシルPATTOリフォームが取り扱うレンジフードも整流板付きです。効率よく油や煙を排気できるのはもちろん、目の高さに設置されたフラットな整流板は、お手入れのしやすさにも考慮されています。

レンジフードの「幕板」とは?

レンジフードの「幕板」とは?

レンジフードのダクトやファンを隠して見栄えを良くするための板を「幕板」といいます。レンジフードの前面に設置する「前幕板」と側面の「横幕板」が一般的です。レンジフードの側面が壁や吊戸棚などでふさがれている場合、基本的には「横幕板」の取り付けは不要です。

5. おすすめのスリム型レンジフード

スリム型レンジフードへの交換を検討中ならリクシルPATTOリフォームがおすすめです。リクシルPATTOリフォームのスリム型レンジフードをご紹介します。

おすすめのスリム型レンジフード

シロッコファンを搭載したスリム型レンジフード「ASRシリーズ」。カラーバリエーションは「ホワイト」「ブラック」「シルバー」の3種類あり、様々なキッチンで対応できるラインナップです。目の高さにフラットな整流板があるため、普段のお手入れはさっとひと拭きするだけでOK。リクシルPATTOリフォームのスリム型レンジフードは、施工費込みで以下の価格となります。

  • ASRシリーズ 約12万円~17万円(*参考価格)

※こちらの価格は、2021年4月時点において、全国の“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップの中から無作為に抽出したショップに対する実勢価格の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

スタイリッシュでお手入れしやすいスリム型レンジフードへの取り換えを検討されている方は、ぜひ一度リクシルPATTOリフォーム公式HPをご覧ください。

6. スリム型レンジフードへリフォームするならリクシルPATTOリフォームがおすすめ!

レンジフードと換気扇には、使用しているファンや排気方法に違いがあります。またレンジフードにも種類があり、「掃除がしやすい」「デザイン性」が高いものも登場しています。

お手入れがしやすく、デザイン性も高いスリム型レンジフードへの交換をご検討中の方には、リクシルPATTOリフォームがおすすめです。リクシルでは、はじめてのリフォームの方でも手軽に始められる、リクシルPATTOリフォームをご用意しています。レンジフードが古くなったので取り替えたい、スリム型レンジフードにリフォームしたい、という方はぜひ一度ご相談ください。

リクシルPATTOリフォームのスリム型レンジフードは、施工費込みで以下の価格となります。

ASRシリーズ 約12万円~17万円(*参考価格)

交換工事は工事時間2時間~*対応可能です。少しでも興味があればまずはお気軽にご相談ください。ご要望に合わせたご案内をさせていただきます。

*現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので、目安とお考えください。

※こちらの価格は、2021年4月時点において、全国の“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップの中から無作為に抽出したショップに対する実勢価格の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

[PATTOリクシル]と[リクシルPATTOリフォーム]は株式会社LIXILが提供するリフォームサービスの名称です。