網戸を交換したい!費用相場や網戸交換の疑問点にお答えします

網戸を交換したい!費用相場や網戸交換の疑問点にお答えします

網戸が古くなった、破損したなどの理由から、交換を考えている方もいるではないでしょうか。網戸を交換する方法としては「本体(フレーム)ごと」と「網の張り替えのみ」の2種類があります。交換方法や交換費用などは網戸の状態によって異なる場合があります。そこで今回は、網戸の交換にかかる費用や注意点などをご紹介します。網戸を交換する際の参考にしてみてください。

内容

1. 網の交換・網戸の本体(フレーム)の交換時期はいつ?交換時期を判断するポイント

網戸は大きく分けると「本体(フレーム)」と「網」に分けられます。それぞれのパーツごとに交換時期の目安は異なります。また、古くなると網戸の交換サインが現れます。網戸がそろそろ古くなったというときは、交換のサインがでていないか確認しましょう。状況に応じて本体(フレーム)ごとの交換か網のみの交換かを見極めることが大切です。

網戸の網の張り替え時期を判断するサイン

一般的に網の張り替えは、4~5年に一度程度が推奨されています。しかし、あくまで目安なので交換時期を過ぎても問題なく使える場合もあります。ただし、網戸の使用が10年以上経過していたり、下記の交換サインがでていたりする場合は交換した方がいいかもしれません。

  • ・網戸にほこりがたまりやすい
  • ・網戸の端が破けている・穴があいている
  • ・網全体がたるんでいる
  • ・網戸のゴムが劣化

上記の交換サインがでていると、室内に虫が侵入してくるなど、網戸としての機能を果たせなくなっている可能性が高いです。掃除や応急処置で対処可能な場合もありますが、一時しのぎにしかならないので、新しく交換することをおすすめします。それぞれの交換サインの詳しい内容を知りたい方は、下記の記事をチェックしてみてください。

>> 網戸の交換サインや張り替えに関する情報を知りたい方はこちらをチェック<<

網戸の本体(フレーム)ごと交換した方がいいサイン

本体(フレーム)は簡単には破損等しないため、網よりも耐久年数は長いです。しかし、次のような症状やサインがでている場合は本体(フレーム)の交換が推奨されます。

  • ・網戸の動きが悪い、ガタつく
  • ・フレームが歪み、網戸を閉めても隙間があいている

網戸の本体(フレーム)は日頃の開閉や網戸へ何かぶつけた衝撃、経年劣化による部品の破損が原因で歪むことがあります。また、自分で網を張り替えたことが原因で歪むこともあります。本体(フレーム)の戸車の調節等で問題が解消されることもありますが、網戸への物理的な衝突による歪みなどは専門業者への修理依頼、もしくは新品への交換をおすすめします。

2. 【網戸の網のみ】網戸の網だけを交換・張り替えしたいときは?

網戸の網が古くなったり、破損したりした場合、網の張り替えが必要です。網の張り替えについてのさまざまな疑問や不安点についてお答えします。

網戸の網の交換は自分でもできるの?交換道具・方法とは?

網の交換は自分でもできます。自分で網戸の網を張り替える際は、まず下記のような道具を揃える必要があります。

網戸の網の交換は自分でもできるの?交換道具・方法とは? 網戸の網の交換は自分でもできるの?交換道具・方法とは?
網戸の網の交換は自分でもできるの?交換道具・方法とは?

道具と作業場所が整ったら、実際に網の張り替えを行いましょう。張り替えは以下のような手順で行います。

  • 1.網戸を外し、床などに横たえる
  • 2.古い網を外す
  • 3.網戸のフレームより大きめに網を切り、網押さえゴムで固定
  • 4.最後に余分な網をカット

より具体的な張り替え方法を知りたい場合は、下記の記事をチェックしてみてください。

>> 写真付き!具体的な網戸の張り替え方法はこちら<<

網戸をきれいに張り替えたいなら専門業者への依頼がベスト!

網戸を自分で張り替えることは可能ですが、準備の手間や仕上がり等で不満がでる可能性があります。一方、専門業者であれば手間・時間をかけずきれいに張り替えてくれます。もちろん費用は自分で張り替えるより高額になる可能性が高いですが、失敗等による張り直し費用がかかる心配もありません。網戸を手間なく、きれいに張り替えたいなら専門業者に依頼することをおすすめします。

専門業者への依頼を検討中なら、一度リクシルPATTOリフォームへご相談ください。リクシルPATTOリフォームでは機能性に優れた網戸を複数種用意しています。また、工事時間30分~*交換を行えます。

網戸を自分で張り替えたい、網戸の張り替えに関してさらに詳しく知りたい方は下記の記事をチェックしてみてください。

*現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので、目安とお考えください。

>> 網戸の張り替えの道具・手順、知っておきたい網の基本知識についてはこちら<<

3. 【網戸の本体(フレーム)ごと】網戸の本体(フレーム)ごと交換するには?

網戸の本体(フレーム)が歪んでいる等の問題がある場合、網戸の交換が必要です。網戸の交換についてのさまざまな疑問や不安点についてお答えします。

網戸の本体(フレーム)ごとの交換は自分でできる?

網戸の本体(フレーム)は自分でも交換は可能です。しかし、専門知識のない人が交換を行うと下記のようなトラブルや不具合が起こる可能性があります。

  • ・網戸サイズの測り間違いによりサッシにはまらない
  • ・自分で取り付ける際、倒す、ぶつけるなどして網を破いてしまう
  • ・大きい網戸を店頭で購入した場合は、持ち運びが大変
  • ・網戸の廃棄が大変

慣れない作業であるため、ケガをする心配もあります。手間をかけず、素早く丁寧に網戸を本体(フレーム)ごと交換するなら専門業者に依頼する方が確実です。

専門業者に網戸を本体(フレーム)ごと交換依頼したい場合に準備すべきこと

網戸交換を専門業者に依頼する際、こちらであらかじめ準備をしておくと話がスムーズに進みます。こちらで準備しておいた方がいいことに「網戸のサイズを確認する」ことが挙げられます。おおまかなサイズがわかっていれば、より正確な見積もりを専門業者に出してもらえます。そこで網戸のサイズを確認する方法をご紹介します。網戸のサイズを確認する方法は主に2通りあります。

方法1.網戸サイズは型番シールで確認

メーカーによってはサッシの型番シールに記載された「商品名」「型番」があれば網戸の注文寸法がわかる場合があります。型番シールは窓サッシの右上に貼ってあることが多く、型番は赤線に記載されている部分です。

網戸サイズは型番シールで確認 網戸サイズは型番シールで確認

本体(フレーム)交換の見積もりなどする際にはまず確認してみましょう。

方法2.自分で計測する

型番シールがない場合は自分で計測することになります。計測箇所は高さと幅の2箇所です。

自分で計測する 自分で計測する

網戸のサイズを計測する際は下記の手順に沿って行います。

  • 高さ
  • ・網戸の高さを測る際には網戸がついているレールを測る
  • ・高さは網戸の上レールの先端から下レールの先端を測る
  • ・高さを測る際にはレールの両端と中央の合計3カ所を測り、そのなかで一番小さい寸法で注文
自分で計測する
  • 横幅
  • ・横幅は網戸1枚につきガラス窓1枚のフレームの一番端から端まで

計測はメジャーがあれば簡単に確認できます。本体(フレーム)ごと交換を検討している方で型番シールが見つからない場合は、自分で計測した上で見積もり相談をしてみましょう。網戸の本体(フレーム)の交換・取り付けの注意点などさらに詳しく知りたい方は、下記の記事をチェックしてみてください。

>> 網戸取り付けに必要な情報やマンションへの網戸取り付けについてはこちらをチェック<<

4. その他に網戸交換時に押さえておきたい3つのポイント

その他に網戸交換時に押さえておきたい3つのポイント

網戸の網を交換する際、「網目(メッシュ)の細かさ」「網の色」「網の素材」を選ぶ必要があります。網目の細かさ、素材、色で網戸の機能性が変わることがあるので、交換の際には必ずチェックしましょう。

網目の細かさ

網目(メッシュ)の細かさには、主に「18メッシュ」「20メッシュ」「24メッシュ」があります。数字が大きいほど網目が細く、虫やゴミを通しにくいです。ただし、その分値段も高い傾向にあります。メーカーによっては24メッシュ以上の細かい網を用意していることがあるので、より細かい網目の網戸に交換したい場合は専門業者に相談してみてください。

網(メッシュ)の色

網には「ブラック」「グレー」等の色があります。色により機能性が異なります。ブラックの網は室内から外がよりきれいに見える効果があります。一方、グレーの網戸は外から室内を見えにくくする効果があります。メーカーによっては他の色の用意がある場合もあります。

網(メッシュ)の素材

網には「ポリプロピレン」「ポリエステル」「グラスファイバー」「ステンレス」の4種類の素材があります。素材によって網の強度や価格が異なります。ポリエステルは強度が高いため、ペットの引っ掻きなどによる網の破れにも強いです。網の強度が気になる方は専門業者に相談してみてください。

網戸の交換・張り替えをする際には、網戸の悩みが解決できるような素材、色、網目選びが重要です。メーカーによっては、ここで紹介した網よりも機能性が高い網戸を用意しているところもあります。リクシルPATTOリフォームでも虫よけやペットのいるご家庭向きの網戸を用意しています。網の素材等についてさらに詳しく知りたい方は下記をチェックしてみてください。

>> 網目(メッシュ)についてさらに具体的に知りたい方はこちら<<

5. 専門業者に網の張り替えまたは網戸本体(フレーム)の交換を依頼したときの費用相場はどれくらい?

専門業者に網の張り替えまたは網戸本体(フレーム)の交換を依頼したときの費用相場はどれくらい?

網戸の張り替えを専門業者に依頼した場合の費用は?

網の張り替えにかかる費用は、依頼する業者や網の素材・サイズ・機能性によって価格が変わるため一概には言えません。ただし網のみの交換は、本体(フレーム)ごとの交換より安い傾向にあります。網の交換を検討中の方は、専門業者に相談して見積もりを出してもらうとよいでしょう。

専門業者に本体(フレーム)ごと網戸の交換を依頼した場合の費用は?

網戸を本体(フレーム)ごと交換する費用は、網のみの交換と同じく専門業者ごとに異なるため一概には言えません。そこで一例としてリクシルPATTOリフォームの網戸交換費用をご紹介します。リクシルPATTOリフォームは機能性の異なる網戸を複数取り扱っています。それぞれの網戸は網戸本体(フレーム)ごと交換した場合、施工費込みで以下の価格です。

  • 引違い網戸 約2~7万円(*参考価格)
    [きれいネット] [虫イヤネット] [ペットネット]
  • 横引きロール網戸 約3~8万円(*参考価格)
    [きれいネット] [虫イヤネット]

※こちらの価格は、2021年5月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

網戸の交換費用が変わるポイント

網戸の交換費用は、依頼する業者だけでなく交換する網戸の素材や交換の範囲で費用が変わります。「本体(フレーム)ごと交換」「網の張り替えのみ」どちらの場合にも、「メッシュ(網目)の細かさ」「メッシュ(網目)の素材」「網戸のサイズ」「枠・サッシごとの交換なのか」「網戸の枚数」等で費用が大きく変動します。

また網戸を既存の形式から別の形式に変更する場合(パネル式からロール式網戸へなど)は、さらに費用がかかる可能性があります。交換費用を考えるときはどの専門業者にするかだけでなく、どんな網戸に交換するかも考えておくことが大切です。

>>網戸の値段に関する情報をさらに詳しく知りたい方はこちらをチェック<<

>>網戸の素材・網目の細かさなど網戸の種類について詳しく知りたい方はこちらをチェック<<

6. 網戸を交換するならリクシルPATTOリフォームの網戸がおすすめ!

ここではリクシルPATTOリフォームがおすすめする網戸をご紹介します。リクシルPATTOリフォームでは次の3種類の網戸を用意しています。

視界がきれいに見える「きれいネット」

視界がきれいに見える「きれいネット」

一般的な網戸に比べ糸の太さを40%スリムにしているため、視界がきれいに見えるのが特徴です。加えて、通風量も一般的な網戸より20%アップしています。心地よい風を感じながら外の景観を楽しみたい方におすすめです。

虫がとどまりにくい!「虫イヤネット」

網戸のネット全体に薬剤が含まれているため、虫がとどまりにくいのが特徴です。一般的な網戸よりも網目が約20%小さいため、小さい虫の侵入も防いでくれます。人にもペットにも安心*して使用できます。

*万一、体に異常を感じた場合は、本製品がエトフェンプロックス(ピレスロイド様薬剤)を使用している旨を告げて、直ちに医師の診察を受けてください。
*より安心してお使い頂くために、張り替え作業などで網を触る頻度の多い方やアレルギーのでやすい方は、網を触る際に手袋を着用し、網を触った後は手をよく洗うことをおすすめします。

ペットが引っ掻いても破れにくい!「ペットネット」

樹脂コーティング加工されているので、ペットが引っ掻いても破れにくく、網目がズレにくくなっています。また、ペットの爪がひっかかりにくいです。ペットを飼っている家庭でも安心して使用できる網戸です。

それぞれ網戸は工事費込みで以下の価格です。

  • 引違い網戸 約2~7万円(*参考価格)
    [きれいネット] [虫イヤネット] [ペットネット]
  • 横引きロール網戸 約3~8万円(*参考価格)
    [きれいネット] [虫イヤネット]

※こちらの価格は、2021年5月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

より機能的な網戸にしたい場合はぜひリクシルPATTOリフォームへご相談ください。網戸交換のプロに依頼することで手早くきれいな仕上がりの網戸に交換できます。

7. 網戸を交換するならリクシルPATTOリフォームへご相談ください!

古くなった網戸を交換することで、日常生活の悩みを改善できることがあります。網戸交換には「網の張り替え」と「本体(フレーム)ごとの交換」の2種類があるため、網や本体の状態にあわせて交換方法を選びましょう。交換自体は自分でもできますが、きれいに手早く仕上げるためにも専門業者に依頼する方がおすすめです。

リクシルでは手軽にリフォームができる、リクシルPATTOリフォームをご用意しています。「防虫対策がしたい」「風通しを良くしたい」など、網戸の張り替え・取り付けを検討中の方はリクシルPATTOリフォームへ相談してみてください。リフォームに興味があるけど費用が心配、そもそも交換の必要があるのかといったお悩みもご相談できます。リクシルPATTOリフォームで網戸張り替えの価格は以下の通りです。

引違い網戸 約2~7万円(*参考価格)
[きれいネット] [虫イヤネット] [ペットネット]

横引きロール網戸 約3~8万円(*参考価格)
[きれいネット] [虫イヤネット]

交換工事は最短30分~*で対応可能です。少しでも興味があればまずはお気軽にご相談ください。ご要望にあわせたご案内をさせていただきます。

*現場の状況により施工に必要な時間は異なりますので、目安とお考えください。

※こちらの価格は、2021年5月時点において、“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップ(青森、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪及び福岡の株式会社LIXILトータルサービス直営店)の実勢価格(税抜)の調査をもとに、調査結果の価格データに消費税10%を上乗せし、上下各10%を捨象した、中央帯の80%の価格に基づき千円台を四捨五入し算出した参考価格です。工事の内容は現地調査・配送・取付諸経費を含みます。
※この範囲に含まれない見積もり価格及び工事期間もあります。
※詳細については現地調査の上、改めてのお見積りになります。
※住宅の構造や条件・地域により、商品代・工事費が異なる場合があります。
※商品仕様により価格が異なる場合があります。
※詳しくは“リクシルPATTOリフォーム”サービスショップにお問い合わせください。

[PATTOリクシル]と[リクシルPATTOリフォーム]は株式会社LIXILが提供するリフォームサービスの名称です。