LIXIL パブリックトイレラボ LIXIL PUBLIC TOILET LAB

LIXILは、誰もが安心して快適に利用できる
「パブリックトイレ」を目指しています。
さまざまな人がいきいきと参加できる
公正な社会の実現のために、
外出先のトイレ環境はどうあるべきか。
LIXILパブリックトイレラボは、
皆さまとともに
「これからのトイレのあり方」を探り、考えます。

MESSAGE
「トイレへのアクセス」は、
基本的人権のひとつです。

監修:谷口洋幸(青山学院大学 法学部 ヒューマンライツ学科教授)

トイレへのアクセスと
人権を考える

イラスト

普段、外出先のトイレを当たり前に利用している人にとって、「トイレ」と「人権」を結びつけて考えることはほとんどないかもしれません。
しかし、パブリックトイレの整備を考えるうえで、「人権」は重要なテーマのひとつです。
国際的な背景をヒントに、一緒に考えてみましょう。

イラスト
LIXIL x SDGs NEXT STAGE

SDGsとトイレ

LIXIL x SDGs NEXT STAGE

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)は、2030年までの達成を目指す世界共通の目標です。
一見、トイレとは無関係と思われる目標も、トイレの課題とどこかでつながっています。
LIXILは、パブリックトイレの課題とも密接に関係がある3つの優先取り組み分野、「グローバルな衛生課題の解決」「水の保全と環境保護」「多様性の尊重」を通じてSDGsへ貢献します。

CONTENTS

01
イラスト

これからの
パブリックトイレを
考える

社会の変化や利用実態を通してみえてきた課題から、パブリックトイレのあり方を考えます。

02
イラスト

利用者視点で
考える

利用する人によって、困りごともさまざま。多様な利用者の視点から、求められる配慮を考えます。

03
イラスト

建築用途から
考える

オフィスや学校、商業施設など、施設の用途に応じて求められる配慮を考えます。

04
イラスト

コーナー別に
考える

パブリックトイレ空間を構成する、大便器や手洗いなどコーナー別に求められる配慮を考えます。

05
イラスト

LIXILの取り組み&
お役立ち情報

LIXILの取り組みをはじめ、施工事例やカタログ情報などお役立ち情報をまとめてお届けします。