01
イラスト

これからの
パブリックトイレを考える
多機能トイレの
利用集中を緩和
トイレの
機能分散

多機能トイレの利用集中が問題に

多機能トイレとは、車椅子で利用できる広さや設備に加え、乳幼児連れやオストメイトなど、さまざまな人の利用を想定して設計されたトイレのことを指します。異性介助への配慮から「男女共用」が一般的です。「多機能トイレ」は広くて使いやすく、性別も問わないことから、車椅子ユーザー以外のニーズも高まっています。
しかしその一方で、数が少ないことも影響し、利用者が集中しがちです。そうした中、車椅子ユーザーが使いたいときに使えないという問題も起きています。

多機能トイレの「設置数」よりも
「利用者数」が多い

イラスト

多機能トイレが使用中のため、
待たされた経験

国土交通省が実施した調査では、車椅子ユーザーの約7割が、多機能トイレが使用中のために待たされた経験があると回答しました。

画像:共生社会におけるトイレの環境整備に関する調査研究, 2018年度(国土交通省)
  • 出典:共生社会におけるトイレの環境整備に関する調査研究, 2018年度(国土交通省)

トイレの機能を分散配置して、
混雑緩和へ

混雑を緩和させるためにも、おむつ交換台や乳幼児用の椅子、オストメイト用流しなどを一般トイレ内の「広めのブース」に設け、トイレ全体での機能分散を考える必要があります。 国土交通省が作成しているバリアフリー建築のガイドライン※1では、多機能トイレに集中した機能を分散し、利用集中を緩和するという方針を打ち出しています。2021年度の改正では、「多機能トイレ」ではなく、「個別機能を備えた便房」等※2を総称して「バリアフリートイレ」と位置付ける、という考え方が提示されました。
  • 1 高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準, 2021.3(国土交通省)
  • 2 「個別機能を備えた便房」等。
    ・個別機能を備えた便房:「車椅子使用者用便房」「オストメイト用設備を有する便房」「乳幼児用設備を有する便房」のこと。
    ・個別機能を組み合わせた便房:「車椅子使用者用便房(大型ベッド付きを含む)」にオストメイト用設備又は乳幼児用設備を付加した便房のこと。
    これらを総称して「高齢者障害者等用便房(バリアフリートイレ)」と位置付けている。

機能分散とは?

簡単にいうと、多機能トイレの中から、乳幼児連れ配慮やオストメイト配慮設備を男女別の一般トイレに分散させる、という考え方です。

イラスト

分散配置の考え方

多機能トイレへの利用集中を緩和するため、一般トイレ内に個別の機能を備えたブースを配置。これにより、従来、多機能トイレに詰め込まれていた乳幼児連れやオストメイトに配慮した機能を、建物の用途や規模に応じて、一般トイレ空間に適切に分散させます。

  • 「高齢者・障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計基準(2017年改訂版)」の「簡易型機能を備えた便房」を想定。
    車椅子サイズや種類・身体状況によっては、使いにくい場合もあります。

「多機能トイレ」の利用集中は、その設置数が少ないことも要因のひとつと考えられます。また、「多機能であること」が利用しやすい人もいます。機能を分散させるだけでなく、車椅子で使えるトイレの数を増やすことや、「多機能トイレ」の複数設置も重要な視点です。

その一方で

高まる“男女共用トイレ”のニーズ

多機能トイレの多くが“男女共用”であることから、“男女別の一般トイレ”に機能を分散することで、保護者や介助者が異性の場合など困る人も少なくありません。また、男女どちらのトイレにも入りづらいトランスジェンダーの場合、
ますます利用できるトイレが少なくなることが懸念されます。このような人たちへの配慮として、多機能トイレとは別の“男女共用で使えるトイレ”のニーズも高まっています。

男女別トイレの利用が難しい人

イラスト

幼い子どもと
保護者の性別が異なる

イラスト

発達障害のある人と
見守る人の性別が異なる

イラスト

介助者や
同伴者の性別が異なる

イラスト

性的マイノリティ
(トランスジェンダー)

  • トランスジェンダーの中には、男女別トイレを問題なく利用している人もいます。