住まいを選んで、未来を変える~住まいと環境のつながり

SHARE

in

住まいの環境負荷について考えてみよう

私たちの住まいは、何にエネルギーを使っているの?

世帯当たりの用途別エネルギー消費の内訳
世帯当たりの用途別エネルギー消費の内訳

出典:資源エネルギー庁「令和2年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2021)」

家庭で使うエネルギーの

半分以上「暖冷房+給湯」に使われている

私たちは、毎日の暮らしの中でたくさんのエネルギーを消費しています。住まいで使うエネルギーのうち、暖冷房と給湯が5割以上を占めています。

住まいから出るCO2はどれくらい?

家庭から1年間に出るCO2量は

16000万トン

こうしたエネルギー消費から生まれる、一世帯当たりの年間CO2排出量は3.97トン。日本全体では、住まい(家庭部門)のCO2排出量は約1億6000万トン、全体の14.4%を占めています。私たちの住まいは、環境に大きな影響を及ぼしているのです。

2019年度 日本の部門別二酸化炭素排出量の割合

出典:国立環境研究所 温室効果ガスインベントリオフィス

あなたの住まいは省エネ型?日本の既存住宅が抱える問題

現在の省エネ基準に満たない住宅は

日本の家の約90%

住まいの環境負荷を減らしていくには、一人ひとりのライフスタイルだけでなく、住まいの断熱・省エネ・創エネなどの機能が大きなカギを握ります。しかし、日本の家の90%は、現在の省エネ基準に達していません。

現在の省エネ基準に満たない住宅は日本の家の約90%

出典:社会資本整備審議会 建築分科会 資料(2021年国土交通省)

重要なのは断熱性

特に、住まいの中で
最も熱の出入りが多いのが

などの開口部

夏:外から熱が入ってくる
冬:外へ熱が逃げていく

出典:(一社)日本建材・住宅設備産業協会省エネルギー建材普及促進センター「省エネ建材で、快適な家、健康な家」

現在の省エネ基準に達している家はわずか1割り程度

※LIXIL調べ

断熱窓が使われている家の割合は

全体の2割弱

既存の木造住宅の窓の83%は、断熱性の低い単板ガラスのアルミ窓のままです。住まいの環境負荷を減らすには、窓の高断熱化が必要なのです。

今ある住まいの環境負荷を
見つめ直すことは、
新築やリフォームなどの機会に、
私たちと地球の未来のために
どんな住まいを選べばよいかの
ヒントになります。

暮らしのCO2を減らすカギは、住まいにあり

2030年までに実現

家庭からのCO266%減

日本は、2050年までにCO2排出量を実質ゼロ(カーボンニュートラル)にする目標を掲げています。国の地球温暖化対策計画によると、CO2排出量を最も減らさなければいけないのは、家庭部門です。2030年までに、2013年度比で66%削減することが求められています。

カーボンニュートラルに向けて
日本で暮らす人びとが減らすべきCO2排出量
ライフスタイル・カーポンフットプリント

出典:地球温暖化対策計画(2021年 環境省)

カギを握る「住まい」の
エネルギーシフト省エネ

住まいのCO2を減らすためには、再生可能エネルギーの利用や、エネルギー消費量を減らすための省エネの工夫、エネルギー効率の向上、建物の断熱、お湯の節約などが重要なカギを握ります。断熱+省エネ+創エネで、家のエネルギー収支をゼロ以下にする住まい「ZEH(ゼロエネ住宅)」<図1>など、環境負荷の少ない住まいの選択肢も広まっています。また、ZEHにした場合、電気自動車への乗りかえよりも高いCO2削減効果があることが示されています。<図2>

LIXILのZEH(ゼロエネ住宅)

※ ZEH(ゼッチ)とはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。断熱+省エネ+創エネで、家のエネルギー収支をゼロ以下に。

図1:LIXILのZEH/ゼロエネ住宅

使うエネルギー エネルギーを創る・減らす エネルギー

図2:暮らしのCO2排出量の最大削減効果
(年間1人当たり)

暮らしのCO2排出量の最大削減効果(年間1人当たり)

出典:小出 瑠・小嶋 公史・南齋 規介・Michael Lettenmeier・浅川 賢司・劉 晨・村上 進亮(2021) 「国内52都市における脱炭素型ライフスタイルの選択肢:カーボンフットプリントと削減効果データブック」Ryu Koide, Satoshi Kojima, Keisuke Nansai, Michael Lettenmeier, Kenji Asakawa, Chen Liu, Shinsuke Murakami (2021) Exploring Carbon Footprint Reduction Pathways through Urban Lifestyle Changes: A Practical Approach Applied to Japanese Cities.
Environmental Research Letters. 16 084001
65の脱炭素型ライフスタイル選択肢による1人1年あたり温室効果ガス排出量(カーボンフットプリント)の最大削減効果から一部抜粋

一方で、気候変動は、台風や豪雨などの異常気象や気温上昇など、すでに私たちの暮らしに大きな影響を及ぼしています。室内の熱中症を予防する、台風に備えるなど、気候変動の影響に適応するための住まいの対策も大切です。住まいは、人生の多くの時間を過ごす大切な場所です。どんな住まいを選ぶかは、長期にわたって、私たちと地球の未来に影響を与える大切な選択なのです。

※詳しくは、LIXILのレポート「脱炭素社会の実現に向けた住宅の高性能化について」をご覧ください。

「CO2ゼロと循環型の暮らし」を実現するためにLIXILの約束

環境ビジョン2050

ZERO CARBON AND CIRCULAR LIVING

LIXILは、世界中の人びとに、そして未来を生きる子どもたちに、豊かで快適な住まいを提供し続けるため、2050年を見据えたあるべき姿を示す「LIXIL環境ビジョン2050」を策定して取り組みを進めています。LIXIL環境ビジョンでは「Zero Carbon and CircularLiving(CO2ゼロと循環型の暮らし)」を掲げ、2050年までに、環境分野のリーディングカンパニーを目指し、事業プロセスと製品・サービスを通じてCO2の排出を実質ゼロにし、水の恩恵と限りある資源を次世代につなぎます。

実現に向けた3つの領域

  • 気候変動対策を通じた緩和と適応

    事業プロセスと製品・サービスによる温室効果ガスの排出を実質ゼロにする

  • 水の持続可能性を追求

    節水や水の循環利用、浄水技術などを通じて、水の環境価値を創造する

  • 資源の循環利用を促進

    循環型社会への変革に貢献し、限りある資源を未来につなぐ

SHARE

in
PageTop