LIXIL JOC・JPC/東京2020ゴールドパートナー(住宅設備部材&水回り備品)

UNIVERSAL RUNユニバーサル・ラン〈スポーツ義足体験授業〉

だれもがカラダを動かすことに喜びを感じられるような社会づくりを目指し、子どもたちに心の在り方を伝えていくLIXILの「ユニバーサル・ラン〈スポーツ義足体験授業〉」。
「スポーツ義足の体験」と「座学」を通じ、義足を使いこなすことの難しさを体感したり、義足使用者のリアルな経験談に触れることにより、子どもたちが多様性への理解を深める貴重な時間となっています。

教育プログラム[ようい、ドン! JOC・JPC]バナー

01体験

LESSONスポーツ義足を体験

実際の義足使用者が登場。スポーツ義足を装着し、歩き方を教わります。
スポーツ義足の難しさを体感することで、選手の凄さや、障がいを持っていても健常者と変わりなく暮らしていけることを、子どもたちが身をもって実感できます。

スポーツ義足体験 体験写真1
スポーツ義足体験 体験写真2 スポーツ義足体験 体験写真3

02座学

LESSON座学で深める、義足の知識

義足使用者のコメントや身近な事例により、障がいある方に対する意識を変えるきっかけをつくります。また、誰もが使いやすいユニバーサルデザインについて学びます。講義中は自由な発言もOK。聴くだけでなく参加をすることで、障がいの問題を自分ごとにしていきます。

スポーツ義足体験 座学写真1
スポーツ義足体験 座学写真2 スポーツ義足体験 座学写真3

参加者の声

01voice6年生女子
先生の足がないのを見て、とてもびっくりしました。はじめはちょっと怖いと思いましたが、先生が優しく触ってみる?と聞いてくれたり、コミュニュケーションをとっているうちにいつのまにか怖さはなくなりました。
02voice6年生男子
障がいのある人に、暗いイメージをもっていました。でも先生はとても優しいし明るいので、障がいがあってもみんなと何もかわらないんだと感じました。
03voice6年生男子
先生は足や手がなく、不便なことやつらいこともあるはずだけど、日本記録を持っていたり、大きな夢を持っていて本当にすごいと思いました。
04voice6年生女子
義足で歩いたり、生活をしていくだけでも大変なのに、先生は常に夢に向かって努力をしていてすごいです。私も夢にむかって頑張りたいと思いました。

HOSTING SCHOOLこれまでの体験授業開催校

  • 学校 215
  • 体験した児童数 14,890

※2019年11月29日現在

LIXILはこれからもユニバーサル社会の実現に向け、
全国各地で活動を続けていきます。

ユニバーサル・ランで変わるひとりひとりの未来